2017年11月4日 更新

あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

老後も働かなければならない人が増えています。いくつまでも稼げる人は40代、50代の生き方や過ごし方が大事だとか。自分が必要な人間になるためには、あなたが「売れる人」として存在できるストレングスファインダーは何かです。またある4つの質問にYESと答えられるのか。政治でも言われ続けてきたストレングスファインダー「自分の強み」を見つける方法(診断)、あなたの強みの要は何かご紹介します。

550 view お気に入り 0
もはや会社には頼れない時代、自分のキャリアをすべて会社任せにするのは危険すぎる。60歳定年の引き上げも秒読み段階に入り、生涯現役時代が現実のものとなりつつある今、いかに満足度高く、自分本位に働ける場を確保していくかは切実な問題だ。

『「あなた」という商品を高く売る方法』を書いた永井孝尚氏が指摘

──そもそも多くの人が、自分を商品と考え「自分という商品づくり」に取り組む前の段階なのでは。
Free illustration: Man, Businessmen, Woman, Economy - Free Image on Pixabay - 1470839 (62518)


彼が感じるところでは「9割以上」の人が、自分の“商品力”を考えていないのではないかと言います。人生の中で仕事をしている部分はほとんどのはず。
ならば、もっと「自分の商品力」を高めることにに取り組むべきであり、自分の世界を築ければ幸せじゃないかと指摘しています。

「あなたといると、わたしは何を得られるのか。あなたの強みは何か」
そんな問いを行う面接もありますね。景気が低迷してから、「自分の価値」で商談できる人が成功の道を歩いている時代になっているかもしれません。

まず自分の強みを徹底的に考える「バリュープロポジション」

戦わずして勝つための方法

バリュープロポジションとは、相手のニーズに合っていて、自分にしか提供できない価値のこと。
ここから自問で徹底的に強みを考えることになるとしています。
①自分の強みを徹底的に考える
②それを必要としてる人・ターゲットは誰か考える
③なぜあなたの強みを必要としてるか
④そのニーズはどこにあるのか
⑤ではどう応えて具体的にどう仕事をするか考える。
Free photo: Monkey, Application, Training - Free Image on Pixabay - 2710658 (62511)

そうは言っても、これでは、自分を見つけることは、難しいのではないかと考えますね。
では、強みを考える前に、あなたの本質で持っている「強み」は何かを先に知りたいですね。
▼▼▼
以前少し流行ったことのある「強み診断のストレングスファインダー」を覚えていますでしょうか。
この書籍を購入すると、自分の持つ強みがわかる診断をしてくれるテストがありました。※中古本はすでにテストを利用している方で診断はほとんどできません。

書籍:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン
※ストレングスファインダーは強み探検。自分の強みを知ったうえで、活用していくことを目的とした診断です。
Free photo: Businessman, Internet, Continents - Free Image on Pixabay - 2682712 (62519)

似たような診断をリクナビNEXTさんでも行っていました。会員登録をしなくてはいけませんが、無料で診断できる「グッドポイント診断」というものです。いつクローズするかはわかりませんので念のためお確かめくださいね。
※診断は、30分間で設問に答え、18種類の強みから特に強いと思われる要素が幾つかでてきます。(インターネット環境が必要)
18種類の強みは下記の中から複数あなたの診断結果がださ...

18種類の強みは下記の中から複数あなたの診断結果がだされます。それと解説も表示されます。

親密性・ 現実思考
慎重性 ・冷静沈着
自己信頼・ 俊敏性
受容力・ バランス
継続力 ・決断力
社交性・ 挑戦心
愁然 ・高揚性
感受性・ 柔軟性
自立・独創性
強みを何に活かすのかは、会社員ならどうだろうかと考えるところですね。
強みを磨いて一段一段高めていけば、その人しか占められないポジションを得るチャンスはある。風船と同じで、自分の強みの露出面が膨らんでいくと人の目に触れる機会も増えていくので、「今度これをやってみない?」とか声をかけてくる人が増えます。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

40、50代は「部下」の気持ちがわからない|個人として扱われた部下の世代

40、50代は「部下」の気持ちがわからない|個人として扱われた部下の世代

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、以前タイプ別をご紹介しました。しかし、どうしても“ダメな相手”がいることがあります。それは世代差というのか時代差というのか、だから関係が悪くなるということです。働き盛りとして活躍する40-50代の考え方と世代の違いは……?
SOCIALZINEの志水 | 1,974 view
40代からでも欲しい資格やスキル「三種の神器」|“時代に負けるな”ビジネスマンに告ぐ

40代からでも欲しい資格やスキル「三種の神器」|“時代に負けるな”ビジネスマンに告ぐ

IT、AIとこれからの社会に不安を抱いている方もいらっしゃるはずですが、定年まで俺は大丈夫と危機を感じていない方もいます。実際には、この時代の準備として「何か勉強しなくては」と模索している方もいますね。では何を学べばいいのでしょうか。「40代」は時代の変化に巻き込まれる年代かもしれませんね。ビジネスマンであれば、とっておいて役にたつかもしれない「三種の神器」から、スキルや資格を取り上げてみました。
SOCIALZINEの志水 | 4,649 view
あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

短い時間に心の中で情報を保持。そして同時に処理する能力である「大事なメモリ」それがワーキングメモリ “脳機能”ですが、分かれ目は40代だといいます。しかも、集中力は43歳がピーク、感情認知能力48歳、理解力は50歳前後。それぞれ個人差はあるもののピークを知ったうえでワーキングメモリ力を鍛えれば、何をしても成功できちゃいそうですね。日常のちょっとしたプラスで鍛えられる方法を取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 1,458 view
3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

日本の全企業の中で中小企業はどのぐらいの割合かご存じでしたでしょうか。なんと90%以上が中小企業。そして、雇用も「2,000万人」分が危ういというのです。大手銀行がおこなうスリム化による人の手を不要とする発表は衝撃的でしたが、中小企業の雇用が本当に危険ならば、労働人口の半分近くが「職を失う」ことになりかねないのです。
SOCIALZINEの志水 | 341 view
平均年収「1000万円超」企業75社|全上場企業「平均年収ランキング」年収が高いトップはどこ?

平均年収「1000万円超」企業75社|全上場企業「平均年収ランキング」年収が高いトップはどこ?

全上場企業の平均年収ランキングをご紹介します。平均年収「1000万円」を超える企業は75社と言う結果ですが、この数字を多いとみるのか少ないとみるのでしょうか。大きく差をつけたのは、やはり業種別になっている様子もうかがえます。あなたの会社もしくは、業種はどうでしょうか。
SOCIALZINEの志水 | 640 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水