2017年11月13日 更新

女性が残念だと思う40代男性の「休日の服」|30すぎたらカジュアルに注意“失敗しない選び方”

なぜか、女性が残念だと思う40代男性の「休日服装」、30代をすぎたら要チェックなのです。ただ高けりゃいいってもんじゃない。年齢とともに進化している自分の変化に気が付かずに、選ぶ「勘違い」で残念な男性になってしまうのです。休日の服装(私服)に多いカジュアルな服装でやってしまうNGがあります。休日に服装が「ダサい」「かっこわるい」「オジサン化」しないためのNGポイントと、簡単着こなし例をご紹介します。

3,023 view お気に入り 0

「最近なぜか、いつも着ていた服が不自然な気する(似合わない)」

このような違和感を覚える男性は、とても多いのではないでしょうか。
カジュアルファッションの盲点なのです。

カジュアルファッションの盲点なのです。

自分では気が付かない、顔の色、肌質、髪の毛の太さ、からだの重心移動、あごや首まわり、いくつも変化しています。いきなり中年のカラダになったり、いきなり髪の毛がなくなったのなら気が付きますが、ゆっくり進行しているうちに分からなくなるのです。また、
最近になって服が似合わなく感じるのは、今の年齢とファッションとの間に大きなギャップを生じているのが大きな原因です。いつまでも学生時代の感覚のままで服を買うのではなく、今の自分に似合う服を少しずつ取り入れていくことが、違和感のないファッションを実現するための近道となります。
Free photo: Man, Teacher, Book, Businessman - Free Image on Pixabay - 2682133 (63860)

年齢共にかわる見た目だけではなく、生活のスタイルがかわります。役職もつけば立場もかわり、結婚すると夫として、そしてお子さんができればパパとして、おかれる環境と人から見られる目がかわります。好きな服を着ればいいだけにはなりません。
「おしゃれをして目立つ」ということではなく、日々心地よく生活をするうえで、「人からダサいと思われない程度のおしゃれをしたい」。そう思っている男性は少なくないはずです。キメキメに着飾るというのは気恥ずかしいけれど、「ふつうで清潔感のあるおしゃれをする」というのが、男性が意識すべきおしゃれのテーマなのです。
初心者さんから中級者まで、失敗しない「ダサくない選び方」を取り上げます

「ダサい」「カッコ悪い」から抜け出す”やってはいけないポイント”

初心者さん「色物と柄物は避けるべし」

まずは、「盛りすぎ」です。ショップに行くと、つい柄物の服に目を奪われ、色鮮やかな服を買ってみたり、今までの服との違いを出そうと、盛りすぎアイテムに手を出してしまうのです。
Free photo: Tshirt, Shirt, Clothes, Casual - Free Image on Pixabay - 2428521 (63854)

似合うものと、好きなものは違うのです。カジュアル服の売り場は、年齢に関係なく陳列されており、学生の時の感覚で好きなものを選びます。好みはそうそう変わらないため、学生の時の感覚で選びがちになり「痛い服装」になりがちです。
土台ができていない時に柄物色物は危険です。土台があるところなら、着回しもできますが、なかなか難しいですね。
例で言えば、服やさんでコーディネイトしてもらった服をトータルで購入した後、その組み合わせしか着ることができない経験はないでしょうか。
一般社会において「ダサく見えない程度のおしゃれさ」を実現するには、柄やデザイン、色で攻める必要はありません。定番的な服を、ふつうに着るだけで十分です。店内でひときわ目立つような特徴的なアイテムを取り入れても、結局、悪目立ちしてしまい、ダサいと思われてしまいます。

「物持ちがよすぎる」のも善し悪し

「このアイテム、学生時代からずっと持っているんですよね」
Free photo: School, Education, Learning - Free Image on Pixabay - 909381 (63874)

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おしゃれなビジネスシューズは必要ない!? 大切なのは疲れず・軽い・サイズが合ったオーダーメイドの革靴です

おしゃれなビジネスシューズは必要ない!? 大切なのは疲れず・軽い・サイズが合ったオーダーメイドの革靴です

「足元を見る」という言葉があるように、話すとき人は相手の顔と同じくらい靴を見ます。営業先で会話をするビジネスマンにとって仕事用の靴は重要アイテム。おしゃれさや安さより自分に合った靴を選ぶ必要があります。
鈴木康平 | 148 view
「フォーエバー21」原宿店が閉店した3つの理由 安くてデザインの良い服ならネットで十分なのか?

「フォーエバー21」原宿店が閉店した3つの理由 安くてデザインの良い服ならネットで十分なのか?

2009年4月に原宿にオープンしたファストファッションブランド「フォーエバー21」。アメリカ合衆国ロサンゼルスに本拠地を持つ低価格ファッションブランド。安くてデザインが良く若者から30代の女性まで人気を集めた一流ブランドがなぜ?その陰にはインターネットショッピングの存在があるようです。
鈴木康平 | 1,005 view
あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

老後も働かなければならない人が増えています。いくつまでも稼げる人は40代、50代の生き方や過ごし方が大事だとか。自分が必要な人間になるためには、あなたが「売れる人」として存在できるストレングスファインダーは何かです。またある4つの質問にYESと答えられるのか。政治でも言われ続けてきたストレングスファインダー「自分の強み」を見つける方法(診断)、あなたの強みの要は何かご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 545 view
40歳過ぎたら要注意「男性更年期」男性ホルモン減少症|やる気が出ない減退に“ホル活”を

40歳過ぎたら要注意「男性更年期」男性ホルモン減少症|やる気が出ない減退に“ホル活”を

「更年期」の心配は女性だけではありません。男性にもある「更年期」はおおよそ40代を目途に訪れている可能性があるようです。あまり知りたくないけど気になる「男性ホルモン減少症」で勃発するアノ諸症状。それは更年期のサインだったのかもしれません。難しい判断で判別する方法は、「朝」の状況、そして減るのは「年齢」だけじゃないようなのです。取り戻すための対策方法までご紹介します。「ホル活」をはじめませんか?
SOCIALZINEの志水 | 1,040 view
職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場にいる女性を敵にまわす必要はありません。中には実権を握る女性もいることもあり、味方になってくれるほうが何かといいのはお分かりかと思います。しかし、女性の心分からず苦戦している方もいるのではないでしょうか。女性を上手に褒めることは大事なスキルです。あなたが思い込んでいるその褒め方は、女性にとって不快指数がマックスになっているかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 2,092 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水