2017年6月26日 更新

「アメリカのココがグレート!」米国に影響を受けた”かぶれ”芸人たち

11日放送「アメトーーク!」に、ブルゾンちえみ、渡辺直美、出川哲朗らが「アメリカにかぶれてます芸人」として出演し「アメリカのココがGREAT!」と思っていることを語りました。ビヨンセのモノマネからブレイクし、NY公演を成功させ、ワシントン・ポスト紙にも取り上げられたりと世界でも話題の渡辺さん。米公演で最高に受けた”マシュマロキャッチ”も披露し「自分でもひくくらい」観客たちにウケたと語りました。

203 view お気に入り 0
多彩な趣味や嗜好を持つ人気芸人たちがさまざまな「くくり」で出演し赤裸々トークを繰り広げる、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」のトーク番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。
11日の放送は、ブルゾンちえみさんが先日「アメトーーク!」の若手プレゼン大会で発表した企画「アメリカにかぶれてます芸人」が採用されて実現しました。
 (23344)

「アメトーーク!」に出演する「アメリカにかぶれてます芸人」たち。
番組には、ブルゾンちえみさんのほか、渡辺直美さん、シルクさん、出川哲朗さん、じゅんいちダビッドソンさん、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんが米国をイメージした格好で出演。

”芸風にも影響”を受けた米映画やドラマ

彼らには「アメリカ」が好きというだけでなく、それぞれ芸風にも影響を受けた米映画やドラマがあるそうです。
 (23406)

アメリカに影響を受けすぎて“かぶれて”しまった芸人たちが、かぶれたきっかけや自身のかぶれっぷり、「アメリカのここがグレート!」と思うところを発表する。
ブルゾンさんは2007年から放送が開始されたドラマ『ゴシップガール』の大ファンで、登場人物のセリフ回しや音の流れるタイミングが絶妙なところに惹かれたと語っていました。
 (23385)

ブルゾンちえみ
ドラマ「Gossip Girl/ゴシップガール」を見て、「セリフの言い回しから、BGMの流れるタイミングだったり、日本にはないなって」と衝撃を受けたとか。
また、アメリカ好きになったきっかけとして、ドラマ「ゴシップガール」の特徴的なセリフをあげ、ドラマのお気に入りのワンシーンを自ら再現してくれました。
セレブな女子高生の「キャビアを一度味わった男がナマズで妥協するなんて」というセリフを紹介。
 (23397)

MCの雨上がり決死隊・宮迫博之が「キャビアってチョウザメの卵やん?ナマズの卵じゃなくてナマズ本体と比べる?」とセリフの矛盾点にツッコミを入れた。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

10代が「1番面白いと思う人」ランキング!一躍大ブレーク芸人の素顔

10代が「1番面白いと思う人」ランキング!一躍大ブレーク芸人の素顔

AbemaTVのバラエティ「業界激震!?マジガチランキング!」において、「10代男女がマジで1番面白いと思う芸人」ランキングを発表されました。ダンスを織り交ぜ、上から目線で女性に恋愛アドバイスを送るネタで一世を風靡しているブルゾンちえみさん。「ちょっとウザいよね」と嫌われているかと思いきや「彼女って素敵だよね」と慕われていることが多いそうです。20代男性に、そんな彼女の魅力について聞いてみました。
アメトーーク!で「さよなら綾部」アメリカへ旅立つ門出を祝う企画|綾部 N.Y行き後悔?ピース又吉が暴露!

アメトーーク!で「さよなら綾部」アメリカへ旅立つ門出を祝う企画|綾部 N.Y行き後悔?ピース又吉が暴露!

昨年、アメリカへ旅立つと宣言したピース綾部。「ダウンタウンDX」で、ピース又吉が相方のピース綾部のN.Y行きを後悔していると暴露します。また「アメトーーク!」の綾部を送り出す企画「さよなら綾部」では、彼の渡米を応援している親交が深いメンバーが集結しました。果たして、綾部の心境は今どうなのでしょうか?本当に後悔はないのでしょうか?そのあたりを推測したいと思います。
有吉弘行さんが付けた「あだ名」最もうまいと思うものは?|芸人につけた傑作ランキング

有吉弘行さんが付けた「あだ名」最もうまいと思うものは?|芸人につけた傑作ランキング

今やテレビで観ない日はないほどの売れっ子ぶりの芸人・有吉弘行さん。 「有吉が芸人に付けたあだ名のうち、最もうまいと思うものは?」というアンケート調査を実施したところ意外なあだ名が(?)上位にランキング。 気になる調査結果を参考に、思わず吹き出してしまう“毒あだ名”を覗いてみましょう!
炎上で削除やSNSアカウント閉鎖・・”しない派”女優の戦略は?芸能人SNS事情と今後の動向

炎上で削除やSNSアカウント閉鎖・・”しない派”女優の戦略は?芸能人SNS事情と今後の動向

今やSNSを使って発信することは、芸能人にとってブランディングの効果、ファンとの距離を身近に感じることが出来る効果がある一方で、”炎上”で本業に、悪影響を与えてしまう危険性もあるようです。そこで、あえてSNSをやらないことで、一定のイメージを“持たせない”ようにしている芸能人も少なくありません。芸能人にとっては、毒にも良薬にもなる?SNSとの上手な付き合い方や、今後のSNSの動向についてまとめます
「SUNNY」篠原涼子は”広瀬すず似の整形”をリクエスト?小室哲哉との”22年ぶり”タッグに感慨

「SUNNY」篠原涼子は”広瀬すず似の整形”をリクエスト?小室哲哉との”22年ぶり”タッグに感慨

8月公開の篠原涼子×広瀬すずとの共演映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。大根仁監督による今作は、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションが散りばめられています。篠原涼子は「広瀬すず似の整形」をリクエストした真相にも言及?また、コギャルブーム真っ只中の90年代が背景ということで、小室哲哉が、楽曲を制作。94年の”篠原涼子 with t.komuro”以来、22年ぶりの再タッグを果たしました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん