2017年9月19日 更新

仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

あなたの会社では何が基本になっているでしょうか。社会人の基本と言われるホウレンソウ「報告・連絡・相談」は、もう必要ないかもしれないとの声も。ホウレンソウでは「人」が育たない場合も考えられるようです。今のスピードある企業にあわせて、今度は「かくれんぼう」が良いのではないかという意見もあります。ホウレンソウの基本と、かくれんぼうが良い場合の理由をご紹介いたします。

11,640 view お気に入り 0
社会人の基本は「報告・連絡。相談」(ホウレンソウ)を、ご存じでしょうか。

「今さら?そんなこと知っているに決まっているだろう」そう言う“あなた”は私と同じ世代かそれ以上ですね。現役世代も年代の幅が増えており、同じ会社の中で、同じ感覚が通らなくなってきています。そんなこと、「当たり前だろう」の常識だと考えるのは思い込みなんだと思うことが日常的に起こるものです。
最近は、「報告・連絡・相談」(ホウレンソウ)よりも「かく・れん・ぼう」で、自発的な人材が育つのではないかとも取り上げられています。

古いよと言われても、「報告・連絡。相談」(ホウレンソウ)の基本と、そして新しいものにも理解と認識を深め進化すべき「かく・れん・ぼう」の2つをご紹介いたします。
Free illustration: Keywords, Annual, Report, Board - Free Image on Pixabay - 2442435 (51148)

「報告・連絡・相談」ホウレンソウ

「ほうれんそう」という言葉は、ビジネスパーソンの常識になっているのではないかと思います。
「報告・連絡・相談」ほうこく・れんらく・そうだん
アタマ文字をとって“ホウレンソウ”ですが、これができなければ社会人の「基本」から落第印を押されるともいえるほど、どこでも言われてきた用語なのです。
1982年頃、当時の山種証券(現・SMBCフレンド証券)の山崎富治社長が発案し、社内で「ほうれんそう運動」を始めたのがキッカケだということです。
言われなくても、日常の業務で必要になる報告・連絡・(相談)
Free illustration: Hoax, News, False, Concept - Free Image on Pixabay - 2097358 (51155)

①ホウレンソウのホウ「報告」の目的

仕事における「報告」は、「主に部下が、上司に経過や結果について知らせること」。
では、なぜ上司に報告をしなければならないのか? 
報告には「上司に余計な管理コストをかけさせない」という目的がある。
「報告」する(しなければならない)場面の一例は↓↓↓
〇取引先からクレームが入った旨を上司に報告する
〇上司に任されたプロジェクトの経過について報告する
〇発覚したミスを上司に報告する
Free illustration: Clock, 5 Vor 12, The Eleventh Hour - Free Image on Pixabay - 2057401 (51150)

なんでもかんでも「報告」すればいいってもんじゃない。
自分で考えて行動しろ。

そんな言葉も聞こえますが、考え行動することで、どこで「報告」が必要になるのか。分からなくなることもあるようです。クレームはもちろんですが、そこから先「事柄が大きくならないように」することが大事なのでしょう。
仕事の進捗、作業フローの変更、最終的な作業成果など、仕事に関わる細かな情報をしっかりと報告することで、上司が部下に質問をする手間が省ける。
しっかり報告ができる部下は、上司にとってはありがたい存在なのだ。
Free vector graphic: Man, Business, Cartoon, Businessman - Free Image on Pixabay - 1351317 (51156)

本来のホウレンソウができた理由は異なるのですが、営業職や人材育成に携わった人間は、別の考え方も伝えてきました。ここでは上司に迷惑をかけないようにとなっていますが、ひとりひとりが“経営者”の感覚をもってほしいということです。たった一人の評判が会社全体の評判として周囲には扱われるということです。一度落とした評判を上げることは至難の業なのです。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事であなたの評価を格段に上げる「賢語」けんご|ビジネス上級者としての語彙力

仕事であなたの評価を格段に上げる「賢語」けんご|ビジネス上級者としての語彙力

日本語は難しいもので、日本人だからといって完璧に使える人はほとんどいないともいいます。その中で、こんな風に使えれば、ビジネスシーンにおいて上司や取引先にも、「こいつデキるな」と思われる言葉があります。それが「賢語」(けんご)だといいます。漢字の通り、賢く見えることは、印象をアップさせる大事なことですね。今すぐ使えるいくつかをご紹介いたします。
仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

不思議なもので、同じ仕事をしているはずなのに、出世の早い人や評価の高い人がいます。本当に「同じこと」をしているのでしょうか。何気ない欠かさない習慣があり、早くに評価をうける言動があるといいます。それは、自ら行える簡単なちょっとしたことと、キーマンとの距離感なのです。たった「それだけ」を行えばいいという、知らないと損する習慣をご紹介します。
ヘッドハンティングのプロ「身綺麗な人ほど」出世する | ビジネスマン必須「心・技・体」

ヘッドハンティングのプロ「身綺麗な人ほど」出世する | ビジネスマン必須「心・技・体」

身なりのきれいな人、そして身支度はビジネスマンとして第一印象を決める大切なことであるのは誰しも頭では理解しています。しかし、「身綺麗な人ほど出世する」と言われ、その理由を実際にはきちんと説明するのは難しいのではないでしょうか。今回、ワケを知るべく、ヘッドハンティングのプロから伝授いただきませんか。“なるほど”と唸り声をあげる内容をご紹介いたします。
3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

日本の全企業の中で中小企業はどのぐらいの割合かご存じでしたでしょうか。なんと90%以上が中小企業。そして、雇用も「2,000万人」分が危ういというのです。大手銀行がおこなうスリム化による人の手を不要とする発表は衝撃的でしたが、中小企業の雇用が本当に危険ならば、労働人口の半分近くが「職を失う」ことになりかねないのです。
平均年収「1000万円超」企業75社|全上場企業「平均年収ランキング」年収が高いトップはどこ?

平均年収「1000万円超」企業75社|全上場企業「平均年収ランキング」年収が高いトップはどこ?

全上場企業の平均年収ランキングをご紹介します。平均年収「1000万円」を超える企業は75社と言う結果ですが、この数字を多いとみるのか少ないとみるのでしょうか。大きく差をつけたのは、やはり業種別になっている様子もうかがえます。あなたの会社もしくは、業種はどうでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水