2017年9月5日 更新

パソコン操作が“何倍”も早くなる|作業に疲れない簡単基本ショートカットキー

今さらですが、パソコンのショートカットキーを使いこなしているでしょうか。超!スピードがアップしますので、使わない手はありませんね。意外と使っていない方が多いようなので、簡単で頻繁に使う作業に適したショートカットキーから使ってみてはいかがでしょうか。デスクワークの時間短縮だけではなく、無駄な動きをしないので疲れ方もかわりますよ。

1,272 view お気に入り 0
Free photo: Analytics, Computer, Hiring - Free Image on Pixabay - 2697949 (48038)

デスクワークの大半を占めるパソコンでの作業。少しでも効率化するために有効な方法がショートカットキーの活用だが、意外にも活用している人は少ない。
同じ仕事をするにしても、少しでも楽にできる方法を見つけたほうが効率は上がります。とくにパソコン作業はデスクワークのほとんどを占めるものです。にもかかわらず、時短ワザを使っている人は意外なほど少ないように感じています。
Free photo: Keyboard, Computer, Laptop - Free Image on Pixabay - 2098301 (48040)

その代表格がショートカットキー。キーボードから手を放してマウスを使う、という中断によって毎回数秒のロスが発生します。これが積もり積もることで、仕事の速い人と遅い人の間の差がついていくのです。
誰もが知るあの外資系にいたことがありますが、処理するスピードが半端ない数。
当然ですが、研修からショートカットキーを使えないと間に合わないスピードなのです。
ただしマウスの必要なものがあり、右はマウスから一切手を離さず、あとはオールショートカットキー。
徹底的な文字登録、そのほかに様々なツールを合わせ使い、とにかく腕や手首を〇センチ以上動かさない。
肩こりやスピードが落ちると言われ研修段階で何人も脱落する脅威の戦士軍団でした。
確かに肩がこることもないのは、今でも少し覚えているからかもしれません。
Free photo: Laptop, Notebook, Working, Computer - Free Image on Pixabay - 2324121 (48039)

ただし、すべて丸覚えする必要はありません。使う機能は仕事内容によって千差万別ですから、自分が頻繁に行なう操作、もっと簡略に行ないたい操作だけをピックアップし、そのつど覚えるのが賢い方法です。

Windows PCを使う上で覚ていていい便利ショートカットキー

ここから、どの作業をするにも
優先的に覚えていると短縮になるショートカットキーです。

1.デスクトップを見たいとき

デスクトップを見たいとき、その時点で開いているウインドウを一つ一つ閉じていくのは面倒なもの。
私は仕事柄鬼のタブ開きでバーコードのようになっています。プラス、メモ帳やフォルダも開いており、どれも一度の作業に必要な状況とはいえ、ここからひとつひとつ閉じるなんてことは時間がかかりすぎて、ありえません。
およそ左下にある「Windowsキー」+「D」を押すと、一瞬でデスクトップが表示されます。
Free photo: Keyboard, Computer, Pc, Escape, Red - Free Image on Pixabay - 854530 (48042)

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

仕事でもSNSやチャットを使うことが増えましたが、資料添付やお客様とのやりとりは、まだまだメール連絡が必要です。しかし、このメールが「くせ者」で、短ければ言葉不足で誤解を招き、長すぎれば何を言いたいのか伝わらない。ではどうしたら、メールを究極にわかりやすく、そして相手に失礼がないよう書けるのでしょうか。『気のきいた短いメールが書ける本』(中川路亜紀著)から、簡単なポイントをご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 501 view
ノートパソコンの選び方 あなたは失敗しない方法を説明できますか?

ノートパソコンの選び方 あなたは失敗しない方法を説明できますか?

ビジネスシーンの必須アイテムであるノートパソコン、そろそろ動作が遅くなってきたから新しいのが欲しい。最低限の安いので十分・・・それは危険な選び方かもしれません。
鈴木康平 | 208 view
あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

短い時間に心の中で情報を保持。そして同時に処理する能力である「大事なメモリ」それがワーキングメモリ “脳機能”ですが、分かれ目は40代だといいます。しかも、集中力は43歳がピーク、感情認知能力48歳、理解力は50歳前後。それぞれ個人差はあるもののピークを知ったうえでワーキングメモリ力を鍛えれば、何をしても成功できちゃいそうですね。日常のちょっとしたプラスで鍛えられる方法を取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 1,200 view
インターネットゲームの依存は「病気」と世界保健機関(WHO)が認めた!

インターネットゲームの依存は「病気」と世界保健機関(WHO)が認めた!

世界中の人とRPGやアクションなど様々な娯楽が楽しめるインターネットゲーム。適度に楽しめば良いですが、ゲームの世界にのめり込み、健康や学業などに支障が出る場合があります。「インターネットゲームの依存は病気なのか?」。世界的に有名なWHOは1つの答えを出しました。
鈴木康平 | 504 view
3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

日本の全企業の中で中小企業はどのぐらいの割合かご存じでしたでしょうか。なんと90%以上が中小企業。そして、雇用も「2,000万人」分が危ういというのです。大手銀行がおこなうスリム化による人の手を不要とする発表は衝撃的でしたが、中小企業の雇用が本当に危険ならば、労働人口の半分近くが「職を失う」ことになりかねないのです。
SOCIALZINEの志水 | 306 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水