2018年8月3日 更新

マツコもロックオン?”内装リフォーム”愛の深いラルクTETSUYA流「夏を快適に過ごす」コツ

L'Arc-en-CielのTETSUYAが、2日放送の「アウト×デラックス」に出演!彼は、業界誌を熟読するほど内装に熱中し、他人の家も手がけるほどのリフォーム好きだそう。そんな姿に、下心アリの採寸旅行(?)に誘うマツコのコメントは?また「内装を本職として、たまにバンドをやるのはどうか?」とスタジオを沸かせる一幕も。ネットでは、彼の稀少なバラエティー出演が話題となり、SNSでもトレンド入りしました

257 view お気に入り 0

溢れる”内装愛”・・!

そんな彼は、スタジオメンバーである「アウト軍団」の部屋の写真を見ながら、実用的な内装知識を伝授する一幕もありました。
内装材のカタログは常に最新版を取り寄せて熟読する、新しくできた建造物の内装をチェックする、壁をたたいて構造を確認する、宿泊先の部屋をプロ機材で採寸するなど、内装が気になり過ぎてついやってしまうことも明かした。
 (92375)

ここからは、TETSUYAさんのリフォームに関する熱い想いが伝わってきます。
さらに・・資料だけで学ぶのではなく、実地で講習なども積極的に受けているというTETSUYAさん。
 (92362)

「職人さんの作業がどれほど大変なのか知るために、壁紙の講習会で壁紙貼りを体験」また「ペンキを塗る講習を受けたり」しているそうです。
今では、業者さんよりも作業がうまくなってしまったTETSUYAさんは、業者さんのやり方が気に入らないことも多々あるようです。
 (92346)

しかし、業者さんに伝える時にも「怒るなら、怒るなりに、知識は自分に持ってなきゃいけない。自分で勉強してからダメ出しをする」と前もって知識を身に着けておくのだそう
▼さらに、リフォームがしたい人がいたら紹介してもらったりもするそうです。
 (92348)

「リフォームしたい人が周りにいたら、ちょっとやらせて?みたいな…」と抑えていたが、自身の事務所やプロデュースしたホテルの一室などが紹介されると事細かに語り出し、「常にどこかしら工事したい」と告白。
 (92350)

TESUYAさんの内装愛は止まりません・・☆
▼TESUYAさんプロデュースのホテルの一室
 (92330)

 (92333)

そのほかにも、業者さん仕様の測る道具を持っていたり・・
72 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マツコ・デラックス、話題の“イタリアのマツコ”と初対面「神回」と話題に

マツコ・デラックス、話題の“イタリアのマツコ”と初対面「神回」と話題に

SNSでも話題のイタリアで人気のマルチタレントのプラティネットが来日しました。テレビやラジオでは長寿番組の司会を務め、見た目だけでなく活躍ぶりがマツコ・デラックスと似ています。そんな2人が同番組で初対面を果たすことに。マツコが「言葉は通じなくてもボディランゲージで」と言い、共鳴し合う2人。彼女はマツコのことを「生まれた時に離ればなれになった姉妹」と断言。マツコも気づけば彼女のことを「プラちゃん」と呼び始めるようになっていました
「奇跡の50歳」君島十和子“命の危険を感じる”カリスマ美容法とは?

「奇跡の50歳」君島十和子“命の危険を感じる”カリスマ美容法とは?

“奇跡のアラフィフ”として知られる君島十和子さんの衝撃的な美容法が話題を呼んでいます。「美のカリスマ」とも称される彼女が、知られざる”アウトな”美容法を披露し、スタジオ全員を驚愕させました。50歳とは思えないその美貌に、マツコ・デラックスさんも「これはすごいわ~」と驚きを隠せないようで。でも、そんな「美のカリスマ」の陰には、度を越えた美の追求があるそうです。その秘密について探ってみましょう!
”存続危機”を乗り越えて・・今年も「笑ってはいけない」放送!笑いのトラップや豪華ゲストは?

”存続危機”を乗り越えて・・今年も「笑ってはいけない」放送!笑いのトラップや豪華ゲストは?

人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の恒例年越し企画の最新作が今年も放送される事が決定しました!「笑ってはいけないシリーズ」をめぐっては、毎年”目撃情報”が事前にネット上で拡散されるなど、視聴者の間でも高い関心を得ていることでも有名ですが、ここ最近では、存続も危ぶまれていました。18回目の放送が確定した今、番組にはさらなる”熱い視線”が寄せられています。番組や喜びの声をまとめていきます
空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

”歯に衣着せぬ”率直な物言いが、何かと話題の社会学者の古市憲寿。メディアやSNSなどで、度々”炎上”騒ぎを起こしていますが、本人は、いつも変わらぬ姿勢を貫いています。バラエティ番組では、密着取材が組まれ、幅広すぎる交友関係や、嫌いな人への持論も紹介され、注目を集めました。一見”ドライすぎる”ようにも見える発言に対し、視聴者からの”共感の声”が集まる理由とは?“炎上履歴”を振り返りながら読み解きます
プラスチックを”有害”とする風潮、海や川に捨てる「マナーの悪さ」にマツコ&有吉の回答が話題

プラスチックを”有害”とする風潮、海や川に捨てる「マナーの悪さ」にマツコ&有吉の回答が話題

10月3日放送の「かりそめ天国」では、プラスチック製品を作る会社を経営しているという視聴者からの投稿が取り上げられました。プラスチックは、鳥や魚が誤飲・環境破壊の一因として「悪者扱い」される風潮にありますが、まず使う人のマナーを問うべきでは?という疑問に、マツコと有吉が”マナー違反”について語り合いました。そして2人が出した結論とは?また「プラスチック製ストロー」問題に関して新しいアイデアも話題に

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事