2018年10月31日 更新

ストイックすぎ市原隼人、浜ちゃんへ暴走?役作りは”奇人の域” 心掛けるセルフコントロールとは

10月26日放送の「ダウンタウンなう」の人気企画「本音でハシゴ酒」に、俳優の市原隼人が出演。演技にストイックなことで知られる市原さん。ケンカのシーンでも一切手を抜かないため、共演シーンで胸ぐらをつかまれた経験のある俳優仲間から衝撃の証言が。さらに、どのくらいの熱量か、確かめるため、浜ちゃん相手に再現されると視聴者からも反響が!その後も、公私ともに市原さんの“やりすぎ”エピソードが次々披露されました

134 view お気に入り 0

「本音でハシゴ酒」に市原隼人がゲスト出演

10月26日に放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」に、俳優の市原隼人さん(31)が出演。
 (98810)

市原隼人さん
ダウンタウンも、その礼儀正しさを絶賛し、公私ともに真っ直ぐすぎる市原さんのとことん“やりすぎ”なエピソードが次々披露されました。
 (98808)

今回は、ダウンタウンの2人と坂上忍さん、飲み友達のフジテレビのアナウンサー山崎夕貴さんがゲストと酒席でトークを繰り広げました。

役作りは”奇人の域”

市原隼人さんの代表作といえば・・・映画『リリイ・シュシュのすべて』(岩井俊二監督/2001年)やテレビドラマ『WATER BOYS2』(フジテレビ系/2004年)、『ROOKIES』(TBS系/2008年)など
 (98822)

『ROOKIES』
芝居に対してストイックな市原は、役作りのためにハイエナの補食動画を研究する、ハチに刺されても演技を続ける、壁を殴りながらせりふを覚えるなど、やり過ぎ伝説が判明。
 (98814)

ストイックすぎる性格のあまり、役作りに入りすぎてしまう、曲がったことが許せないといった種類のエピソードには事欠かない。
 (98817)

演技に対する熱い思い

そんな演技にストイックなことで知られる市原さん。共演シーンで、胸ぐらを掴まれたという俳優仲間は、あまりの衝撃さに“息が止まったほど”というタレコミがよせられました。
 (98813)

70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダウンタウン「本音でハシゴ酒」で検証!山田孝之が語る”謎のカリスマ俳優”安藤政信は変態か?

ダウンタウン「本音でハシゴ酒」で検証!山田孝之が語る”謎のカリスマ俳優”安藤政信は変態か?

25日の「ダウンタウンなう」の人気企画”本音でハシゴ酒”は、特別編が放送!俳優の山田孝之さんと、彼自身がプロデュースした映画「デイアンドナイト」のキャスト、阿部進之介、安藤政信と共にダウンタウンとトーク。”謎多きカリスマ俳優”と称される安藤さんの激動の人生を振り返りました。また「安藤政信は、どれだけ変態なのか?」をテーマにトークが展開され、独特のペースで語っていく彼に、一同ツッコミまくりの事態に?
野沢雅子「本音でハシゴ酒」で“悟空語”誕生秘話を語る!いつまでも張りのある声を保つ秘訣は?

野沢雅子「本音でハシゴ酒」で“悟空語”誕生秘話を語る!いつまでも張りのある声を保つ秘訣は?

8月17日放送の「ダウンタウンなう」にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われました。ゲストは、声優界のレジェンド・野沢雅子さんが出演。野沢さんといえば、鳥山明の超人気コミック「ドラゴンボール」の悟空をはじめ、これまで演じてきたキャラクターは300以上!番組では“悟空語”の誕生秘話など、逸話が明かされました。また御年81歳の野沢さんが、いつまでも元気に変わらない張りのある声の秘訣について迫りました
平成最後の「ネットニュースランキング 2018」発表!今年、最も活躍が注目されたタレントは?

平成最後の「ネットニュースランキング 2018」発表!今年、最も活躍が注目されたタレントは?

メディアの調査・測定を行う企業は12月12日、「Yahoo!トピックス」と「LINE NEWS」を対象にした『2018タレントネットニュースランキング』を発表しました。”平成最後”となる今年。一番ネットで”話題になった有名人”は・・?映画やネットだけでなく、TVやメディアなどでも有識者として発言が注目された”あの人”もランクインしたようです。そんな話題となった人の最近のエピソードもまとめてゆきます
松本人志「M-1」暴言騒動をバッサリ!上沼恵美子と”コンビ”結成?「審査員引退」の可能性も

松本人志「M-1」暴言騒動をバッサリ!上沼恵美子と”コンビ”結成?「審査員引退」の可能性も

「M-1」の審査員を務め、終演後に芸人から動画配信で、批判された上沼恵美子さんが、9日放送のTV番組に出演。彼女は、M-1翌日のラジオ番組で「審査員は引退」と宣言したものの”騒動”については、その後に知ったとされます。さらに、同じく審査員を務めた松本人志さんも、同日放送の別番組で”審査員引退”の可能性があること、今後の”予想外のビジョン”を披露しスタジオを笑わせる一幕も。その様子をまとめていきます
”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

久保田と武智が「M-1グランプリ 2018」が終了した後インスタライブで、審査員を務めた上沼恵美子さんに暴言を吐いた問題。その2日後、ツイッターのみで2人は謝罪したものの、今週中に「直接謝罪」に出向く意向を示したようです。現在、動画は削除されていますが、ネットは今も”大炎上”。先輩芸人からも、彼らの悪しき言動にコメントを評しています。様々な業界でも”余波”が広がっています。その深刻すぎる内容とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん