2017年1月14日 更新

軽井沢バス事故から1年……あれから何がどう変わったのか?

15人の大学生が犠牲になった軽井沢スキーバス事件。 あれから1年が経過しました。 被害者の気持ちが癒えるのは難しく、突然いなくなった大切な人への悲しみがなくなりません。 国や旅行団体など何が変わったのでしょうか?

403 view お気に入り 0

●2016年1月に起きた悲劇

Free photo: Bird, Fly, Gespentisch, Night - Free Image on Pixabay - 383245 (1628)

蛇行映像 監視カメラに 軽井沢スキーバス転落事故

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で、現場の約250メートル手前で、高速で走行するバスがセンターラインをはみ出した後、走行車線に戻る様子が監視カメラに写っていたことが20日、国土交通省への取材で分かった。
国土交通省が提供した事故映像。
センターラインをはみ出して、ガードレールを突き破る映像があります。
 ▼軽井沢スキーバス転落事故 1月15日午前1時55分ごろ、長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで、東京都から長野県に向かうスキーツアーの大型バスが下り坂の緩やかな左カーブで対向車線にはみ出し、ガードレールをなぎ倒…
大学生15人が犠牲になった軽井沢バス事故から1年が経過しました。
事故の詳細が詳しく書かれています。
長野県軽井沢町で昨年1月、乗客・乗員15人が死亡したバス事故で、長野県警が事故原因を速度の出し過ぎによる運転ミスと断定したことが、捜査関係者への取材でわかった。
運転手の速度出しすぎによるミスが原因だとわかりました。
エンジンブレーキが効きにくい、高速ギアで運転していたようです。
Free photo: Hammer, Sledgehammer, Mallet, Tool - Free Image on Pixabay - 682767 (1633)

「旅行会社からいただく仕事は、大半が基準額を下回っていたのではないかと思う」。バス運行会社、イーエスピーの山本崇人営業部長は1月19日、報道陣の前でこう漏らした。
事故当時ハンドルを握っていた運転手は大型バスの運転に慣れていない。
この事を面接時に伝えていました。
なぜ事故は起こったのでしょうか?
大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で1年となるのを前に、亡くなった千葉県市川市の法政大3年、西原季輝(にしはら・としき)さん=当時(21)=の母親が12日、代理人の弁護士を通じ「毎日泣かない日はありません。日に日に悲しみが大きくなっていきます」などとするコメントを公表した。
 季輝が使っていたお茶碗(ちゃわん)やコーヒーカップもそのままになっています。荷物を片付けようとしても、季輝がいた形跡を見る度に季輝を思い出し、手が止まってしまいます。今では、無理に片付けようとはせず、やる気になったときでいいや、と思うようにしています。

長野・軽井沢バス転落事故、国交省カメラ映像公開=250メートル手前で異変か

軽井沢スキーバス転落事故から15日で発生1年となるのを前に、事故で亡くなった法政大生の西原季輝さん(当時21)=千葉県市川市=の母親が12日、代理人を通じコメントを出した。「泣かない日はない。日に日に悲しみは大きくなっている」と悲嘆に暮れる日々を吐露。「悲惨な事故が二度と起きないようにどうすべきか全ての人が考えてほしい」と訴えた。
長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡したスキーバス事故から15日で1年になるのを前に、国土交通省は13日夜、東京都新宿区の路上で、貸し切りバスの抜き打ち監査を行った。
『その科学が成功を決める』、『その科学があなたを変える』などの著作で知られるリチャード・ワイズマン博士の新作である。幸運、自己啓発、錯覚、説得など心理学に関する研究を続けてきた博士が今回選んだテーマは「睡眠」。なぜ急に睡眠? と思われたかもしれないが、理由は後ほど。

【再現動画】軽井沢でスキーバス転落し14人死亡、27人重軽傷 行程表にないルート

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ポケモンGO 死亡事故で有罪の判決!

ポケモンGO 死亡事故で有罪の判決!

スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をしながら運転中に、女性をはねて死亡させる事件が起きました。2017年1月17日に有罪の判決が出ました。
鈴木康平 | 224 view
食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

神奈川県大磯町立中学校の給食が大量に食べ残された問題。その給食にはプラスティック片、虫などのゴミが紛れ込んでいました。学生の大切な時間の1つである給食。飲食業として許されない異物混入を犯してしまった老舗弁当会社。なぜ、こんな会社に長年給食作りを依頼してしまったのか?
鈴木康平 | 589 view
無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

出産の痛みを軽減してくれる「無痛分娩」。女性にとって身体の負担を減らす素晴らしい医療技術ですが、メリットばかりではないのかもしれません。無痛分娩が原因で母子に障害が残ったり、死亡したりした可能性がある・・・そんな事件がインターネットで報告されています。無痛分娩にデメリットはあるのでしょうか?
鈴木康平 | 1,144 view
罰則付き残業規制を評価する動きが広まる 上限80時間になれば私たちはアフターファイブを毎日楽しめるのか?

罰則付き残業規制を評価する動きが広まる 上限80時間になれば私たちはアフターファイブを毎日楽しめるのか?

社会人になれば学生と違い、遅くまで働かなければいけない。もちろん、毎日ではありませんが残業に苦しんでいるビジネスマンもいるでしょう。時間外労働の限界は会社や職場によって曖昧。具体的に定め長いようなら罰則をもうける法改正が必要。その動きに関して高く評価する動きが広まっています。
鈴木康平 | 373 view
Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

インターネット通販サイト大手のAmazonの「当日配送サービス」から宅配最大手のヤマト運輸が撤退を検討している事がわかりました。理由は人手不足が主。夜間配送も増え、従業員の負担を考えるとサービスを継続するのは難しいようです。私たちの生活にどう影響するのでしょうか?
鈴木康平 | 186 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平