2017年4月5日 更新

「キングコング:髑髏島の巨神」3部作の記念すべき第1弾公開|シン・ゴジラ超え評価も「キングコング」何が凄い?

「キングコング:髑髏(ドクロ)島の巨神」が3月25日より全国で公開されました。公開されるやいなや昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を超えるのではないか。との反響や、「キングコング」の迫力やその暴れっぷり、抜群のストーリー展開で、各方面から絶賛する声が相次いでいるようです。東京五輪が開催される2020年には「ゴジラVSコング」の公開も予定しているので2大怪獣が実際に“対決”することになりそうです・・!

361 view お気に入り 0
「キングコング:髑髏島の巨神」が3月25日より全国で公開されました。
今回はハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」のチームが集結し、1933年版とは違った
オリジナルの作品です。

『キングコング:髑髏島の巨神』映像

究極のモンスター降臨!人類立入禁止の島。

巨大なモンスターたちと、クセ者たちの遭遇に、一瞬たりとも目が離せない予告編となっています!
昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を超えるのではないか。との反響や、「キングコング」の迫力やその暴れっぷり、抜群のストーリー展開で、各方面から絶賛する声が相次いでいるようです。
その理由について探ってみましょう!

「モンスターバース」の幕開け

もともと「キングコング」は1933年に公開された映画史に残る不朽の名作です。
これまで幾度も映画化され、さらには日本の「ゴジラ」シリーズにも登場している巨大怪獣・キングコング。
 (15239)

本作はレジェンダリー・ピクチャーズが今後展開していく
怪獣映画3部作の記念すべき第1弾となっています。
2019年公開予定の第2弾ではゴジラを中心とした“リーグ戦”が繰り広げられ、2020年には「Godzilla vs. Kong(原題)」でゴジラとキングコングが激突するという。
これらはすべて、マーベル・シネマティック・ユニバースやDCエクステンデッド・ユニバースのような、怪獣たちが同じ世界に集結する「モンスターバース」として企画されている。

キングコングの「圧倒的な大きさ」

 (15240)

まだまだ「成長過程」にあるコング。
本作のキングコングは体長31.6m、体重158tという巨体を誇りながら、スピーディな攻撃能力も併せ持つ。
すでにハリウッドの怪獣の中でトップクラスの大きさであるが、人間に例えるならばまだ思春期の若者。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん