2017年2月8日 更新

残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

なぜか営業成績のいい人は残業もせず、日中もサボってる?と思えるのに、トップに君臨していることも。日々残業にあけくれたビジネスマンが実践した方法に面白い「サイクル術」を見つけました。人の体の3サイクルを利用した時間割は効果的なパフォーマンスとなりうるようです。だれでもすぐに試せる実践法をご紹介します。

365 view お気に入り 0
 (3918)

残業や長時間労働が問題視されている。「深夜残業は当たり前」と言われた住宅の営業マンだった筆者も深夜残業を余儀なくされていた。
これから生き残っていくためにも会社が何かしてくれるのを待っているのではなく、自分自身で「何らかの方法論」を学び実行していく必要性を誰しも感じているだろう。
Free illustration: Business, Businessmen, Success - Free Image on Pixabay - 1989126 (3914)

また、営業の世界でたまに見かける「こんな姿」
営業成績はトップで、しかも残業なんてしている様子もなく、
それどころか、普段本当に仕事だけしているように思えない?そんな人↓↓↓
いつも早く帰っていくのにもかかわらず営業成績は常にトップクラス。その上、資料作成や事務作業もミスがほとんどない。そういった営業マンが会社に一人や二人はいるだろう。効率良く成果をあげる人たちと自分の能力に大きな差があるのだろうか?
Free illustration: Business, Presentation, Meeting - Free Image on Pixabay - 1326286 (3913)

そんな記事から・・・
仕事への取り組み時間に注目し、
あることを変えてから“不毛な残業が劇的に減った”とする
天使のささやきのような仕事術をご紹介します。

不毛な残業、ありますね。
「なんでこんなこと、しなきゃいけないんだ?」
「冗談じゃないよ、まったく」
「どうして、俺(私)ばっかり・・・」

ひとりボヤキたくなる日を撲滅できるかもしれません。

人間の「3つの体サイクル」

「実は『その差』は能力ではなく、人間に備わっている『体のサイクル』を上手く利用しているか、利用していないかで決まってくる」と、私は自説を展開しており、事実、上手くいっている。
これは人によっても異なると思うが、何をするにも、生理的に適した時間帯というものがあり、それを仕事や生活のリズムに取り入れることが重要だと思うのだ。
Free illustration: Shops, Partnership, Cooperation - Free Image on Pixabay - 1026418 (3920)

つまり、「仕事が早い人」というのは「自分が集中して取り組める時間帯」に仕事しているなど、体が持っているリズムと仕事内容がマッチしている状態なのではないだろうか。
Free illustration: Girl, Woman, Time, Watches, Juggle - Free Image on Pixabay - 1940244 (3922)

カラダのサイクルと言えば
人間は誰しも唯一の平等と言われる24時間を生きています。
これを3分割するならば、人は8時間で3サイクルを動いていることになります。

個人差はあるものの、確かにいろいろなところで3サイクルに沿っているのかもしれません。
例えば、睡眠時間も一般的に8時間以内がベストと言われていたり、
お薬を飲むのも、できれば8時間は空けてくださいと注意されたりしますね。

他にも考えるといくつも思いつくことがあります。
基本に持っている本能の8時間を上手にサイクルさせれば、
自分の体を有効利用できるということなのでしょうか?
ここから、面白いサイクル法をご紹介します。

1つ目のサイクル「排泄」のアウトプット

Free photo: Sunrise, Sun, Sunbeam, Sky, Skies - Free Image on Pixabay - 1699959 (3923)

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

頑張っても“結果”がでないホワイトカラーに5つのポイント|トヨタ公式 ダンドリの教科書から実践

頑張っても“結果”がでないホワイトカラーに5つのポイント|トヨタ公式 ダンドリの教科書から実践

昨年の発売から書評も増えており、取り上げても「ネタバレ」にならないころかと思い今回取り上げてみました。「なんだ、ようは仕事のダンドリって予定だろう?」「スケジュール管理だろう?」「そんなもの今さら読まなくたって経験だけで不要だ」……いろいろな感想もでてくるはずですが、“待ってください!!”結局ホワイトカラーは結果重視。仕事の目的・目標を明確にし、こんなに頑張っているのに、反比例する「結果をだせない」を解決できるかもしれません。数ある中から、5つの実践ポイントをご紹介します。
あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

疲れているのか、寝不足なのか、原因がわからないけど「モヤモヤ」「イライラ」なにか引っかかることがある日。たまには、そんな日もありますね。もしかして頭ではわかっていることもあるかもしれません。そんな時はどんなふうにスッキリ解消させているでしょうか?実は一番簡単に自分が見えて整理できる方法があります。それは、なんのことはない「感情を書き出す」ということ。不安や迷いは意思とは関係なく“自動思考”で考え判断していくといいます。「なんだ問題はちがっていたんだ」なんてことにも気が付くようです。
人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、なぜか相手を怒らせてしまう人がいます。誰でもイライラしている時があるにせよ、わざわざ“地雷”を踏みにいく必要はないはずです。今回は書籍「人間関係がスーッとラクになる 心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ」の書評からと、困ったときの相手のタイプ別地雷などをご紹介します。
SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。
可能性を目覚めさせる「第3の活動」を見つけるコツ|あなたの仕事・生活にも影響

可能性を目覚めさせる「第3の活動」を見つけるコツ|あなたの仕事・生活にも影響

人生には仕事をしなくてはいけない第1の活動、そして生活やプライベートの第2の活動時間があります。しかし、すべてに大きな影響をあたえ可能性を目覚めさせる方法に「第3の活動」があるといいます。人生の転機になるかもしれない第3を見つける“コツ”をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事