2017年11月16日 更新

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。

143 view お気に入り 0
Free photo: Turn On, Turn Off, Innovation - Free Image on Pixabay - 2933001 (64615)

ジョブスのようにイノベーションを起こす人には「疑う力」が必要

ビジネスで成功する最大のヒントは、「疑う力」だ、というテーマの本が目立ち始めた。
例えば、世界で活躍するイノベーションを起こす人物は、「常識」に捕らわれない考え方で伝説を作り上げています。しかし、日本の教育では「常識の疑い方」は教えず、先入観を与えてしまうといいます。
そもそも我々の生活は、常識的な習慣を疑うことで変化してきた。例えば、残業は「働き者」の象徴だったが、いまでは「仕事が遅いヤツ」である。常識とは覆されるものなのであれば、新しい常識をつくってみるのはどうだろう。
Free photo: Turn On, Turn Off, Innovation, Lamp - Free Image on Pixabay - 2933029 (64614)

やみくもに疑うことが目的ではありません。「正しい疑いかた」が苦手な教育を受けています。
例えば、わたしたちは、分からないことがあれば、スマホやパソコンで、今すぐに調べられる環境にいます。そして、ここで問題になるのが「常識」なのです。
間違った先入観が働き「目立っているから正しい」「有名人が発言するから正しい」などという考えにたどり着いてしまう方が多いと言います。

そして批判もまた同じ。自分と「違う考え」はなぜかという思考ではなく、「あいつは間違っている」と攻撃の対象にしてしまうと伝えられています。

そもそも日本の教育では、「正しい疑い方」を教えてくれませんでした。
Free photo: Stack Of Books, Vintage Books, Book - Free Image on Pixabay - 1001655 (64618)

日本の教育は「疑う力」が育たない

実は日本における授業の進め方というのは、「私の言うことに従ってついてきなさい」という服従型のシステムをとっているのですが、これは発展途上国に多くみられるやり方なんです。
例えば、日本での授業のすすめかたとして、
歴史の授業を例にすると「本能寺の変が起きたのは1582年」など、テストに出すであろう「キーワード」を伝えていきます。

しかし、他の先進国では、偉人のことを説明し終えたあと、先生の考えは「〇〇考えているけど、みんなはどう思う?」と、子どもに質問をし答えさせるといいます。

参考:ホンマでっか!?TVの武田邦彦氏が教える「疑う力」を独学で身につける方法 柔軟な発想を生み出すには「先入観」にとらわれないこと!|ビジネス+IT
https://www.sbbit.jp/article/cont1/33302
Free illustration: Business, Businesswoman, Success - Free Image on Pixabay - 1137397 (64616)

日本式の教育ですと、先生に限らず、権威のある偉い人がたとえ間違ったことを言っていたとしても、「あの人がそう言っているんだから間違いない」となりがちです。
ところが、先進国では「先生はこう思っているんだけど~」という教え方をしているものですから、どんなに権威のある人が意見を言っていても、「あの人の言っていることは本当なのだろうか?」と疑問を持ち、本当に正解かどうか自分で調べて確かめてみる。
Free photo: Learn, School, Nursery School - Free Image on Pixabay - 2706897 (64620)

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

ビジネスにおける「成功」は、ほとんどが“他の人”に影響力を及ぼせるかという点が重要になります。時に権力とも言うことがありますが、人に命令や強制することではありません。では、どのようにして立場の低い自分でも、職場で影響力を高めることができるのでしょうか。どんなに下っ端でも大丈夫、会議や打ち合わせの場で学ぶ「高め方」3ステップをご紹介いたします。
その重要感が“人”を動かす|特効薬“人をほめる”方法「苦手な人」必見

その重要感が“人”を動かす|特効薬“人をほめる”方法「苦手な人」必見

名著「人を動かす」世界のロングセラーとも言われる自己啓発書の代表作は有名ですね。著者:デール・カーネギー氏の、事例検証も含まれたメッセージが詰まっているとも言われています。この中から、誰でも“本当はできる”特効薬となる方法から、たったひとつ「褒める」だけ集中してご紹介します。春の新しいメンバーチーム構築で最強の環境を整えてみませんか?
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。
毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

無数にアイデアが毎日飛び出したら、それだけでビジネスの社会で活躍できそうです。ここに、毎日たった15ー30分行う事からスタートしていけば、1日50個のアイデアも可能かもしれません。具体的思考のトレーニングと言われる「アイデアマラソン」は、樋口健夫博士が考案したオリジナル発想法。とにかく簡単に緩く始められそうですよ。
お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

「自制心」それは、高学歴、高収入、高資産、健康長寿。全てを手にすることができるのではないか。なぜそう言えるのかは、有名な「マシュマロ・テスト」から導かれています。お金持ちになりたければ、富裕層にあこがれるのであれば、健康で長生きをしたいと願うのであれば、必要なのは断固「自制心」をお届けいたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水