2017年2月9日 更新

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。

688 view お気に入り 0
Free photo: Man, Angry, Irritated, Unhappy - Free Image on Pixabay - 390339 (4106)

カスペルスキー・ラボが2017年1月19日に発表した調査結果 (日本を含む世界18ヵ国1万6750人の男女を対象に実施)によると、60%の回答者が「楽しくて愉快な情報を見るために、ソーシャルメディアを利用している」と回答している。
しかし、SNSは本当に私たちを幸福にしただろうか。確かにSNSは便利だが、そのぶんトラブルに巻き込まれたり、他人への嫉妬心に苛まれたりする機会も増える。

SNSで遭遇する「嫉妬」

「 あなたの 嫉妬 をかきたてる 」

今まで関心のない多くのことを、
SNSを通じて「否応なしに知る」ことになります。
同時の調査結果では、SNSを実際に利用して↓↓↓こんなことに遭遇しています。
Free photo: People, Cover, Cry, Desperate - Free Image on Pixabay - 314481 (4105)

同調査で特に目に付いたのが、「自分の誘われていないパーティーやイベントに友達が行っているのを見た」(59%)、「他の人が自分より良い人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行など)」(57%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(45%)といった、他人の投稿により嫉妬心がかき立てられてしまう人が多い現状である。
楽しい情報を見るためにSNSを利用しているはずですが、
嫉妬がおきると楽しいと思えないのが人。
自分にとって愉快な気分にならないのは、
他人が「自分より幸せそう」だからでしょうか。
それなら、みんなさぞ「質の悪い人」の集まりのように思えてしまいます。
他人だからではない、嫉妬はこんなことでもおきると調査結果が教えてくれています。
Free vector graphic: Cry, Tears, Drop, Grieve, Sad - Free Image on Pixabay - 1316458 (4102)

さらに、同調査では37%の人が「自分の過去の楽しい投稿を見ると、今より昔のほうが幸せだったと感じることがある」としている。つまり、過去の自分にさえも嫉妬する人がいるのである。
他人にも過去の自分にも嫉妬するとは、なんとも忙しい限りだ。楽しく愉快になるためにSNSを利用しているはずなのに、これではまるで自分を惨めな存在だと実感するために利用しているみたいなものだ。
Free illustration: Entrepreneur, Start, Start Up - Free Image on Pixabay - 1562843 (4104)

日本人に強い「承認欲求」

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「フレッシュネスバーガー」没メニューから”激ウマ”一品、ダレトク復活!人気Best3も振り返り

「フレッシュネスバーガー」没メニューから”激ウマ”一品、ダレトク復活!人気Best3も振り返り

5日放送の「有吉弘行のダレトク!?」の「没メニューレストラン」企画がSNS上で話題に。この企画は商品開発者の力作であっても、何等かの理由で、惜しくも却下された「没メニュー」を紹介し、有吉さんやゲストに試食してもらい、選ばれた1品を実際に販売するというもの。今回は「フレッシュネスバーガー」が参戦!一番美味しい没メニューを期間限定で販売してもらうことに!そんなフレッシュネスの人気ベスト3もご紹介します
「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

生活雑貨ストア「ロフト」が、1月より展開してきたバレンタイン広告にある騒動が・・。「女の子って楽しい」とのコンセプトながら、ウェブCMでは登場する女性らが実は”不仲”と示唆するシーンが多数登場。動画をめぐりSNSで「女性蔑視を感じて不愉快」などと疑問視する声が上がり、ロフトは、その後広告を取り下げました。しかし、この風刺的なCMを楽しいと思った人もいたようです。そんな今回の騒動について振り返ります
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう
SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

19日に全国開催された2019年度「大学入試センター試験」で英語のリスニング問題に登場した”キャラクター”がSNSで話題になっています。そのキャラは、問題ページを開けてすぐの第1問に登場。あまりにユニークなイラストに、受験生の反応は?瞬く間にネットで拡散され一部で「リスニング四天王」と呼ばれ始めています。さらに現在、このキャラを使ったイラストや動画など、二次創作が次々に生まれているのでご紹介します
Netflix映画「バード・ボックス」”異常な”社会問題に!SNSに相次ぐ危険投稿に制作側が注意喚起

Netflix映画「バード・ボックス」”異常な”社会問題に!SNSに相次ぐ危険投稿に制作側が注意喚起

昨年末より全世界配信となったNetflixの「Bird Box」。同作はリリース後1週間で視聴アカウント数が4500万を超えるほど話題のサバイバル・スリラー映画。そして、ネットを中心に映画の枠を超えた”社会現象”に。同作を真似て、目隠しをし、室内外を歩き回る「バード・ボックス・チャレンジ」と呼ばれる行為がSNS上で広まり、制作側は危険な行為をやめるよう呼びかけたほど。そのストーリーや真相に迫ります

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水