2017年2月9日 更新

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。

965 view お気に入り 0
Free photo: Man, Angry, Irritated, Unhappy - Free Image on Pixabay - 390339 (4106)

カスペルスキー・ラボが2017年1月19日に発表した調査結果 (日本を含む世界18ヵ国1万6750人の男女を対象に実施)によると、60%の回答者が「楽しくて愉快な情報を見るために、ソーシャルメディアを利用している」と回答している。
しかし、SNSは本当に私たちを幸福にしただろうか。確かにSNSは便利だが、そのぶんトラブルに巻き込まれたり、他人への嫉妬心に苛まれたりする機会も増える。

SNSで遭遇する「嫉妬」

「 あなたの 嫉妬 をかきたてる 」

今まで関心のない多くのことを、
SNSを通じて「否応なしに知る」ことになります。
同時の調査結果では、SNSを実際に利用して↓↓↓こんなことに遭遇しています。
Free photo: People, Cover, Cry, Desperate - Free Image on Pixabay - 314481 (4105)

同調査で特に目に付いたのが、「自分の誘われていないパーティーやイベントに友達が行っているのを見た」(59%)、「他の人が自分より良い人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行など)」(57%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(45%)といった、他人の投稿により嫉妬心がかき立てられてしまう人が多い現状である。
楽しい情報を見るためにSNSを利用しているはずですが、
嫉妬がおきると楽しいと思えないのが人。
自分にとって愉快な気分にならないのは、
他人が「自分より幸せそう」だからでしょうか。
それなら、みんなさぞ「質の悪い人」の集まりのように思えてしまいます。
他人だからではない、嫉妬はこんなことでもおきると調査結果が教えてくれています。
Free vector graphic: Cry, Tears, Drop, Grieve, Sad - Free Image on Pixabay - 1316458 (4102)

さらに、同調査では37%の人が「自分の過去の楽しい投稿を見ると、今より昔のほうが幸せだったと感じることがある」としている。つまり、過去の自分にさえも嫉妬する人がいるのである。
他人にも過去の自分にも嫉妬するとは、なんとも忙しい限りだ。楽しく愉快になるためにSNSを利用しているはずなのに、これではまるで自分を惨めな存在だと実感するために利用しているみたいなものだ。
Free illustration: Entrepreneur, Start, Start Up - Free Image on Pixabay - 1562843 (4104)

日本人に強い「承認欲求」

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは「誰にでも存在」しています。ある時ムクムクと起き上がり、“思い上がり”や“必要以上の優越感”は、あなたの足を引っ張り突き落とす危険にかわります。ビジネス、ライフスタイル、名誉と、大切な人生を落としてしまう「失敗」に終わるもの。本来は気持ちを良い意味で欲情させ進み続ける言動力になるはずですが……人に恵まれない、仕事に恵まれない、お金がない、親の教育が悪い、など外部の責任にしているのは、自分の中の“エゴ”だともいいます。エゴに支配されないコントロール方法をご紹介します。
socialzine管理部 | 1,368 view
潜在意識の病かも“イップス”|スポーツ選手だけじゃない!ビジネスマンにも現れる

潜在意識の病かも“イップス”|スポーツ選手だけじゃない!ビジネスマンにも現れる

ゴルフをする人ならよくご存じかと思います。ここ数年では、野球選手ほかスポーツ選手をも苦しめる「イップス」ですが、あのイチロー選手も高校生の時に苦しんだといいます。この「イップ」がビジネスマンにも見られるようになっているようです。「なりやすい人はこんな人と対処方法」あなたは大丈夫でしょうか?
socialzine管理部 | 14,919 view
年収に差「初対面で自分を印象づける」努力|準備と話し方“苦手を克服する方法

年収に差「初対面で自分を印象づける」努力|準備と話し方“苦手を克服する方法

どんな仕事に携わっていたとしても、誰とも話をしない生活は「ない」と言えますね。人の印象は見た目、そして話し方や仕草、相手の発言に印象を大きくかえます。社会人なら、相手に”いい”印象を与えたいものです。初対面の印象に気をつけている人ほど“年収”も高いようです。コンサル業界にいた個人の意見も含めて、初対面で自分を印象づける「見せたい自分準備」と「話し方」の初歩をご紹介します。
socialzine管理部 | 360 view
仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

気をつけていても、仕事でつい出てしまう要らぬ事は、幾つかありますね。今回は、“成功”や“成長”までも妨げる危険な癖の代表ともいえる「言い訳」を考えてしまう悪い癖を取り上げます。わたしは「言い訳なんてしません」そう思う人の中にも、「ほら、それが言い訳ですよ」というものがあります。言い訳と理由・説明は違うということに、気が付かない人にもなりたくないですね。少し気になる「言い訳」を、やめる方法を取り上げてみます。
socialzine管理部 | 3,166 view
SNS投稿の価値「いいね!」の数“気にするのは男性だった”|気にしすぎて「やっちゃった!!」

SNS投稿の価値「いいね!」の数“気にするのは男性だった”|気にしすぎて「やっちゃった!!」

ある調査でわかったことが公開されていました。誰もが利用しているSNSですが、投稿の「いいね!」の数を気にしているのは、女性よりも“男性”だといいます。そして、自分の「いいね!」につける値段も高く評価しているのは“男性”でした。気にしすぎるあまり、誇張して「やっちゃった!!」ということもあるようです。あなたの気にしている周りも同じく「やっちゃった‼」かもしれません。
socialzine管理部 | 1,520 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水