2017年2月9日 更新

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。

778 view お気に入り 0
Free photo: Man, Angry, Irritated, Unhappy - Free Image on Pixabay - 390339 (4106)

カスペルスキー・ラボが2017年1月19日に発表した調査結果 (日本を含む世界18ヵ国1万6750人の男女を対象に実施)によると、60%の回答者が「楽しくて愉快な情報を見るために、ソーシャルメディアを利用している」と回答している。
しかし、SNSは本当に私たちを幸福にしただろうか。確かにSNSは便利だが、そのぶんトラブルに巻き込まれたり、他人への嫉妬心に苛まれたりする機会も増える。

SNSで遭遇する「嫉妬」

「 あなたの 嫉妬 をかきたてる 」

今まで関心のない多くのことを、
SNSを通じて「否応なしに知る」ことになります。
同時の調査結果では、SNSを実際に利用して↓↓↓こんなことに遭遇しています。
Free photo: People, Cover, Cry, Desperate - Free Image on Pixabay - 314481 (4105)

同調査で特に目に付いたのが、「自分の誘われていないパーティーやイベントに友達が行っているのを見た」(59%)、「他の人が自分より良い人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行など)」(57%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(45%)といった、他人の投稿により嫉妬心がかき立てられてしまう人が多い現状である。
楽しい情報を見るためにSNSを利用しているはずですが、
嫉妬がおきると楽しいと思えないのが人。
自分にとって愉快な気分にならないのは、
他人が「自分より幸せそう」だからでしょうか。
それなら、みんなさぞ「質の悪い人」の集まりのように思えてしまいます。
他人だからではない、嫉妬はこんなことでもおきると調査結果が教えてくれています。
Free vector graphic: Cry, Tears, Drop, Grieve, Sad - Free Image on Pixabay - 1316458 (4102)

さらに、同調査では37%の人が「自分の過去の楽しい投稿を見ると、今より昔のほうが幸せだったと感じることがある」としている。つまり、過去の自分にさえも嫉妬する人がいるのである。
他人にも過去の自分にも嫉妬するとは、なんとも忙しい限りだ。楽しく愉快になるためにSNSを利用しているはずなのに、これではまるで自分を惨めな存在だと実感するために利用しているみたいなものだ。
Free illustration: Entrepreneur, Start, Start Up - Free Image on Pixabay - 1562843 (4104)

日本人に強い「承認欲求」

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

タレントの有村藍里さんが「ザ・ノンフィクション」に出演。美容整形の手術を受けた様子が放送され、自身のブログでも手術を受けたことを告白しました。彼女は有村架純さんの実姉ですが、長年、口元のコンプレックスを抱えていることから、抜歯や矯正など、約5年かけて試行錯誤していたようです。さらにネットの誹謗中傷などを受けて以来、人前で笑うことも怖くなっていたそう・・。彼女の勇気ある行動にネットなどからも大反響が
2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介
”キラキラ”イメージにとどまらない! YouTuberハローキティちゃんの本音トーク&回答が深イイ

”キラキラ”イメージにとどまらない! YouTuberハローキティちゃんの本音トーク&回答が深イイ

サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」が昨年8月29日に公式チャンネルを開設し、半年がたちました。ことしで誕生45周年を迎え、幅広い世代から愛されるキティのYouTubeチャンネルの投稿ですが、その動画と予想外の(?)独特な発言が話題に。YouTuberとしては、その見た目から”キラキライメージ”にとどまらない一面も見せており、ネット上で度々注目の的。そんなキティちゃんの名言を集めていきます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水