2017年5月2日 更新

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。

1,139 view お気に入り 0
Free illustration: Yarn Phone, Communications, Network - Free Image on Pixabay - 2091195 (20875)

多くのシェアを獲得するためのブランディングツールとしてFacebookを導入している企業は多いでしょう。しかし、多くのシェア数を獲得するために試行錯誤している企業も多いと考えられます。
2016年4月から2017年4月までの期間のうち、
Facebookで「1万シェア」数以上を獲得した投稿が紹介されていました。
気になるところは、どうやって多くのシェア数を獲得しているのかにつきますね。

また、目にすることが多くなった「〇〇診断」という投稿。
よくシェアされていないでしょうか?
診断はSNSと相性がいいと言われているようですね。
分けてご紹介する必要はありませんね。

両方を合体させて、なぜ
シェアされやすいのか、事例をご紹介いたします。

「〇〇診断」コンテンツが“シェア”される理由

Free photo: Speaker, Boy, Talk, Scene, Concert - Free Image on Pixabay - 1804149 (20866)

まずは、分かりやすい診断コンテンツからご紹介します。
みなさまも「〇〇診断」というコンテンツをSNSだけでなくテレビや雑誌でも見たことがあるでしょう。たとえば、自分は動物で言えば何に近いのかを測る動物診断や、ふたりの相性を知るための相性診断などバリエーションは多種多様です。
診断コンテンツには、シェアされやすい特徴が備わっているといいます。
「なぜシェアしたくなるのか」と、具体的な考察はこちら↓↓↓
Free illustration: Like, Facebook, 3D, Social Networks - Free Image on Pixabay - 1748813 (20863)

・自己表現したいから
・シェアすることによるメリットを享受したいから
・有益な情報を他の人に教えたいから
・周りがシェアしているから
・忘れないように備忘録として使いたいから
診断コンテンツは、このうち上ふたつの「シェアすることによるメリットを享受したいから」「自己表現したいから」という心理をうまく突くことができます。
Free illustration: Feedback, Opinion, Megaphone - Free Image on Pixabay - 2073918 (20864)

事例:「運命のアロマ診断」LION社の柔軟剤アロマリッチシリーズ

診断コンテンツで基本中の基本になるような作りになっているようですね。
先の上位2つをうまくからめているとされています。
それが、「シェアすることによるメリットを享受したいから」「自己表現したいから」
診断コンテンツはなぜシェアされる?サービス別で見る企業...

診断コンテンツはなぜシェアされる?サービス別で見る企業の活用事例

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

最近の話題では、テレビ業界がもう「停滞」しているように思えているかもしれません。しかし、ソーシャルが模倣を試みるほど、市場は十分な"利益”が出ているといいます。コマーシャルを見ていても、大手企業の広告がよく目にはいります。まだ広告出稿は、TVが中心な様子。それは、どこも欲しい枠ですね。Facebook(フェイスブック)では、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしています。ここの手段を行う前にすべきことは「視聴する時間」だと指摘。詳しくは本文でご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 177 view
Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

今回は、ますます利便性が向上するであろうという「Facebook(フェイスブック)グループ」について取り上げました。これから価値が高くなるかもしれない最高のコミュニティ作りを、「Facebookグループ」で構築する方法をご紹介いたしますね。繋がるコミュニティづくりとして、高い評価も得られているFacebookグループを活用できればニッチなコンテンツになる可能性があるかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 2,139 view
「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

そもそも、SNSは若者のものだったといいますが、ソーシャルメディアの拡大には年齢層の拡大は必要なこと。しかし、女子高生や若い女子は、「おじさんLINE」ごっこで遊び、「Facebookおじさん」に違和感をもっており、おじさんのいないSNSはどこか探して移動をしています。キモイといわれる〇〇おじさんとは、どんな特徴があるのでしょうか。「おじさんLINE」「Facebookおじさん」を取り上げてみました。
SOCIALZINEの志水 | 2,933 view
2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
SOCIALZINEの志水 | 678 view
世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。
SOCIALZINEの志水 | 141 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水