2018年4月15日 更新

【悲報】酒は全然『百薬の長』ではなかった!1日1杯で寿命短縮

酒は百薬の長として、少々飲むだけならむしろ健康に良い、という風説を覆す、衝撃の研究結果が出ました。

35 view お気に入り 0

1日にお酒1杯でも寿命縮めるリスク 英研究

 (82363)

1日にわずか1杯でも飲酒をすると、寿命が縮まる可能性がある。最新の大規模研究がそんな結果を導き出した。
飲酒する60万人を対象に調べたところ、1週間に5杯から10杯のアルコール飲料を飲むと、寿命を最大6カ月短くなる可能性があると判明したという。
研究によると、寿命を縮めるリスクはアルコール消費量が多くなるにつれて高まる。1週間に18杯かそれ以上を飲む人は、寿命を最大で5年失うという。
おいおいおい、日本に古くから伝わる風説『酒は百薬の長』を真っ向から否定する研究結果じゃないですか。

1日1杯でも半年、1日2杯で5年って、相当縮みますね。寿命。

まぁアルコール飲んで酔っ払うことが体に良いわけないとは思っていましたが、まさかそこまで具体的に悪だと言われるとは思ってもみませんでした。
専門家はこの研究が、軽い飲酒は健康に良いという説に異議を唱えるものだと話している。
うん、ほんとその通り。

全否定と言っても過言では無いですね。

健康被害を出さないための許容量はかなり少ない……

 (82362)

科学者たちは死亡リスクを上昇させない安全上限が、1週間あたりアルコール飲料約12.5ユニットだと発見した。これはビール約5パイント、あるいは平均以上のアルコール度数を持つワインを175ミリリットルのグラスで5杯分に相当するという。
ただし研究チームは、どの程度の飲酒でも心血管疾患のリスクを上昇させるとも指摘している。
ユニットだのパイントだのと言われてもよくわからないが、要は1日1杯が上限だよってことです。

しかも、飲んだ時点ですでに心血管疾患のリスクを上昇させるんですって、結局。

めっちゃくちゃ怖いじゃないですか。
週12.5ユニットのアルコールごとに、発症リスクが上昇するのは以下の通り――。

脳卒中 14%
命にかかわる高血圧症 24%
心不全 9%
命にかかわる大動脈瘤 15%
こうやって数字で見せられると、ますますリアルな感じがしてきていけません。

とはいえ、15%ってなんやねん、結局どうなんねん、とも思いますが。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【喫煙よりも左利きがヤバイ!】寿命を縮めているものランキング

【喫煙よりも左利きがヤバイ!】寿命を縮めているものランキング

いつまでも元気に長生きしたい。多くの人たちが望む一番の夢ではないでしょうか。最近は空前の健康ブームで、喫煙者に対する風当たりも相当厳しくなっているのだが、実は以外なところに、寿命を縮める要素が隠されていました。
山岡ソースケ | 84 view
「延命治療はしないで!」|『長寿国』日本の悲しい現実とは

「延命治療はしないで!」|『長寿国』日本の悲しい現実とは

世界に誇る長寿大国日本。医療技術の進歩により、人々の平均寿命は毎年右肩上がり。しかし、単に長生きすれば良いというものとは違う、長寿ならではの問題も同時に起こっているのです。
山岡ソースケ | 67 view
「風邪を引いても会社は休めない」!? 「体調不良でも高熱でも無理に出社」は美徳じゃなく迷惑かも?

「風邪を引いても会社は休めない」!? 「体調不良でも高熱でも無理に出社」は美徳じゃなく迷惑かも?

風邪をひいて咳や鼻水が止まらず、熱も38度を超えている。市販の風邪薬はなかなか効果が実感できず、できれば病院に行って寝ていたい。しかし、「風邪なんかで社会人が会社を休むな!」と上司が許してくれない。もしかしたらそれはアナタの勝手は妄想かもしれません。本当に会社員が風邪で休んだら怒られるのでしょうか?
鈴木康平 | 2,468 view
健康診断で「高血圧」じゃなくても血圧が急上昇する「血圧サージ」の恐怖 若い人も例外じゃない!?

健康診断で「高血圧」じゃなくても血圧が急上昇する「血圧サージ」の恐怖 若い人も例外じゃない!?

高血圧による生活習慣病。健康診断のコレステロール値も問題ないし、30代の自分には関係ない。しかし、血圧サージによる血管へのダメージは若い人も例外ではありません。高血圧の人はもちろん、血圧な正常な人も注意しなければいけません。
鈴木康平 | 54 view
猫を飼っている人がNGなやってはいけない行動 アロマや喫煙が「猫の健康寿命」を縮めるかも!?

猫を飼っている人がNGなやってはいけない行動 アロマや喫煙が「猫の健康寿命」を縮めるかも!?

昔に比べ、ペットの平均寿命が延びています。獣医学の進歩、獣医さんの浸透、ペットへの食事管理など様々な要因がありますが、私たち人間がまったく問題ない習慣が猫にとって健康被害を損なう恐れがあります。アロマオイルの香りやタバコ・・・ほかにもいろいろあるようです。
鈴木康平 | 49 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ