2017年9月24日 更新

家計の支出を見直し「節約」部分を間違っていませんか|基本中の基本は固定費から

あなたは、節約するところを間違っていませんか?ここ数年間はお金を使わないで貯蓄をする人が増えているようです。しかし、本当に削らなくていいところで我慢をし、減らすべきところを見過ごしてしまう基本中の基本をご紹介いたします。変動費である食費を減らす前に見直す「固定費」に目を向けてみませんか。

278 view お気に入り 0
Free photo: Money, Piggy Bank, Coins, Finance - Free Image on Pixabay - 2180338 (52365)

リーマンショックで一度減った時期はあるものの、1990年代から、日本人の貯蓄志向は高いといえます。その反対に、消費は減退しており、使用を削って貯蓄をしているというイメージになります。しかし削るところを間違っていると、後に無理なひずみが起きてきます。削らなくていいところを削り、減らさなくてはいけない部分にメスを入れていない勘違いが起きているようです。
2017年の運用環境は果たしてどうなるのか。荻原さんは「大前提となるのは、デフレがこのまま続き、東京オリンピックが終わったら大不況がくること」。
※荻原さん=経済ジャーナリストの荻原博子さん
Free illustration: Business, Money, Pounds, Finance - Free Image on Pixabay - 1037739 (52367)

「基本中の基本」となる家計。この時までに家計のダウンサイジング(コストの削減や効率化を図り、物(事)を小さくすること)を図り、現金を増やしたりしていかなければならないということ。
なぜなら、もし、あなたが会社員であれば、収入を増やす方法は限られていることが多いわけです。黙って所属しているだけガンガン年収は増えない時代。
もしも、今現在で、収入不足ならば、正直言って「支出」を減らすのが一番早い方法になります。
あるいは、限られた収入の中でもっと生活を楽しみたいなら、特定の分野の支出を減らし、好きなことへお金を回す助けにもなります。
Free photo: Time, Businessman, Tablet, Gears - Free Image on Pixabay - 2676368 (52364)

世の中には、早々一攫千金のような話はありません。もともとタネ銭を用意できているかどうかからも、かわっていきます。どうやってお金を増やしますか?
せいぜい実際に行えることは、支出を減らすことか、今よりも収入を増やすことです。タネ銭を用意できていれば、投資や利回りのいい運用で、お金を増やすこともできますが、収支に限界がきているのであれば、この投資は難しいわけですね。
Free photo: Auto Financing, Financing, Interest - Free Image on Pixabay - 2157347 (52368)

当たり前だけど、行っていない人が多い基本をご紹介します。食費を削ればいいものではありません。固定費と変動費の「固定費」に注意して基本をまず整えていきましょう。

固定費と変動費

家計の支出には固定費と変動費があります。例えば家賃や住宅ローン、水道光 熱費や通信費の基本料金部分といった毎月一定金額の支払いが発生するモノを固定費といいます。
また、変動費とは食費や日用品費、交際費、理美容費といった毎月の支払額が一定にならないものや、冠婚葬祭のように突発的な支払いも含みます。
Free photo: Coins, Pennies, Money, Currency - Free Image on Pixabay - 912720 (52370)

支出といっても、たくさんありますが、どこから順番に見ていくといいのでしょうか。
まずは最初のステップとして

固定費の見直しが第一歩

なぜ固定費からなのか?それは例題を使いますと、ほとんどの方が一番最初にターゲットにする食費。家計の中で流動的で毎日のことですし、しかも案外支出額も高いことが多く、ここだと決めてしまうことがあります。「変動費」の食費をいきなり節約にすると……↓↓↓
例えば「食費」を節約した場、「家族4人で毎月5万円かかっている食費を4万円に減らそう!」と決めて「ビールは一日一本まで」「昼食はお弁当と水筒を持参」「外食は月1回」「チラシチェックは欠かさない」……
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

今は自分でお金を増やす時代ですが、市場にある投資方法は幾つかあります。株式投資について、まったくしたことのないという初心者向きにご紹介いたします。株式投資の基本、利益はどうしてでるのか、資金少額でできるミニ株など、初歩的なことから取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 379 view
長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

「お金持ちはお札や小銭を大切にするから長財布を愛用する」。お金持ちになるために折り畳みやがま口財布を止め、長財布に切り替える人が多いですが、本当に財布を変えればお金持ちになれるのでしょうか?もしかしたら逆にお金持ちではなく、貧乏人になってしまうかもしれませんよ。
鈴木康平 | 3,726 view
申請しないと受け取れない給付金(お金)資格や仕事関係の学び編・ほか|国や自治体の制度

申請しないと受け取れない給付金(お金)資格や仕事関係の学び編・ほか|国や自治体の制度

あなたが申請をしなければ、受け取ることができないお金があります。国や自治体には、こちらから動かなければもらえない制度(給付金)があります。前回は「病気やケガ」編としてご紹介しました。今回は【仕事関係や勉強する資格を取りたい】また、自治体で支給されているその他の変わった制度をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 343 view
今すぐなろう「貯蓄体質」人生100年泣かない人|ロジックツリーでチェック

今すぐなろう「貯蓄体質」人生100年泣かない人|ロジックツリーでチェック

人生100年と言われる今の時代に、最後まで残り生きていくことができるでしょうか。「人生最後20年に泣く人」は、どんな習慣があるのでしょうか。今から貯める「貯蓄体質」に最速でなれるように、ロジックツリーにあてはめてみてはいかがでしょうか。細分化で分析しながら楽しいお金を貯める体質に変身できるかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 804 view
「マレーシア大富豪の教え」小西史彦氏が伝授“セールスマンシップ”|うだつが上がらない営業マンの理由

「マレーシア大富豪の教え」小西史彦氏が伝授“セールスマンシップ”|うだつが上がらない営業マンの理由

小西史彦氏の「マレーシア大富豪の教え」は、有名ではないでしょうか。裸でマレーシアに渡り、ビジネスで成功をおさめ、マレーシア国王から与えられる名誉称号「タンスリ」を得た小西氏。彼からどの話も聞きたいところですが、今回は、営業マンが「永遠にうだつが上がらない理由」それは、原点である「セールスマンシップ」が基本になっていないからだといいます。あなたがトップ営業マンになるのは簡単かもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 263 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水