2017年12月2日 更新

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

あなたは、「資産形成」と「資産運用」の違いをご存じでしょうか。資産(資金)を殖やすこととして使われる言葉ですが、意外とその違いを明確に認識している方は少ないかもしれません。人生無理なく楽しむためにも、自分と家族のライフプランを棚卸し、今重要視されている「資産形成」と「資産運用」をもう少し身近に感じてみるのは大切かもしれませんね。

674 view お気に入り 0
資産を殖やすことを表す言葉に「資産運用」や「資産形成」があるが、この二つは似て非なるものである。この両者の違いをきちんと説明することができるだろうか。
意味の違いを知っている人は案外と少ないのです。
「資産運用」と「資産形成」の違いが分かると、もう少し自分の持っているお金に対して、
どう向き合い増やしていくべきなのかを肌で感じることができるかもしれません。
Free photo: Coins, Money, Assortment, Bank - Free Image on Pixabay - 682379 (67205)

資産形成とは

資産形成とは、資産を一から築いていくことだ。ある程度まとまった金額をためていくことを指すこともある。一般的に、資産形成の代表的な源泉は「労働収入」だ。
将来の自分の為かもしれません。今ご家族がいれば、自分だけではなく家族を養っていく為に資産(
備え)をつくっていくということになります。
最近は「資産」形成や運用について政府も発言しているのは、なぜか。
寿命ものびており労働できなくなる時代の年数も長くなっています。また、年金だけでは厳しい時代に突入し、いかに自分で身を守ることを必要としているかという点にも焦点があてられています。(ここは資産運用もあてはまります)
 (67211)

ただし、いつも老後にスポットがあたりますが、
本来は自分が必要な生活を暮らすためにが一番の大事なところではないでしょうか。
対価を得るためだけの働き方ではなく、そのために何かを始めたいときに、
必ず必要になるのが「そのための資金」となります。
働きアリでいる必要はないのは、誰もが望んでいることではないかと考えます。

資産を形成するためには?

収入は資産形成に直結する。例えば、年収500万円と年収1,000万円の場合で考えてみよう。
生活費が同じ300万円ならば、500万円の場合は200万円、1,000万円の場合は700万円が手元に残る (キャッシュフロー) ことになる。老後の資産形成に3,000万円を用意したい場合、年収1,000万円の人は約5年で達成できるが、年収500万円の人は15年かかる。年収が高い方が、資産形成が早いと言える。
 (67206)

※上記は「税金」等は考慮していません。
収入が高ければ資産形成が早いと思いがちですが、日本は「累進課税方式(るいしんかぜいほうしき)」です。
年収が高ければ高いほど、納める税金率が高くなる仕組みですので、単純な計算にはなりません。
税といっても源泉所得税だけではなく、住民税やその他健康保険の納める額もかわります。
加えて、一般的には、収入が高くなるほど生活水準も上がり、思ったほどのキャッシュフローを実現できない場合もあるだろう。しかし、少なくとも、年収が上がることで資産形成が早くなる確率は上がる。
 (67207)

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

“米国人 と日本人の違い”家計金融資産20年間で米国2.32倍に対して、日本は1.15倍。この違いはいつたい何からおきるのでしょうか?米国は「所得が高い」から、「生活やしやすい」から、もともと「親からお金持ちが多い」から……。どれかならまだ救われるかもしれませんが、そうではないようです。では米国と日本の違いは何でしょうか?お金に働いてもらうということの違いにハッキリ差がでているようです。
SOCIALZINEの志水 | 1,035 view
NISAとつみたてNISA「投資の利益に非課税枠」つき|堂々と税金がかからない資産運用

NISAとつみたてNISA「投資の利益に非課税枠」つき|堂々と税金がかからない資産運用

2014年からスタートしたNISAは利用しているでしょうか?新たな少額投資非課税制度である“つみたてNISA”も始まりましたね。通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をして利益を得ると税金は約20%。しかしNISAを利用すると、非課税になる枠があるのです。堂々と「税金なし」で投資できるのにターゲット層の現役世代には浸透していない様子。NISAとつみたてNISAの特徴を初心者むけにご紹介しますね。
SOCIALZINEの志水 | 415 view
お金が貯まる人になる方法|貯蓄ができない人「2つの欠点と残念な思考」

お金が貯まる人になる方法|貯蓄ができない人「2つの欠点と残念な思考」

あなたは、お金をたくさん貯めたいでしょうか?「貯金・貯蓄」ができない人には、ある2つの欠点と残念な思考があるといいます。そして、貯めたくても貯められない、なかなか貯められない人は「お金の難病」だとも伝えています。もし病気なら、未病の間に回避しませんか?
SOCIALZINEの志水 | 744 view
株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

今は自分でお金を増やす時代ですが、市場にある投資方法は幾つかあります。株式投資について、まったくしたことのないという初心者向きにご紹介いたします。株式投資の基本、利益はどうしてでるのか、資金少額でできるミニ株など、初歩的なことから取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 461 view
貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

ボーナスで何を買おうかな……楽しみに計画している方もいれば、「貯金をする」そんな方もいるのでしょうか。なかなかお金を貯められない人もいれば、しっかり貯金をしている人もいます。貯蓄だけが全てではありませんが、元のお金がなければ「増やす」ことはできません。あなたは「時間割引率が高い人」かもしれません。子ども時代の夏休みを、どう過ごしてきたかで分かる“貯金できる性質”なのか。要チェックかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 1,008 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水