2018年3月27日 更新

【恐怖】警視庁「児童ポルノ購入者のリスト入手したので、2500人逮捕します」

法律で厳しく禁じられていながらも、なかなか撲滅することができない児童ポルノの問題。事態を重く見た警視庁はこの度、攻めの捜査で一斉検挙を狙っています。

11,700 view お気に入り 0

児童ポルノ7千人の購入者リストを入手した警視庁。一斉捜査へ

全国の警察が昨年1年間に摘発した児童ポルノ事件は2413件となり、過去最多を記録した。
 (80452)

警視庁などは、医師や教員、政治家ら約7千人に及ぶわいせつDVDなどの購入者リストを入手。各地の警察が連携して人物を特定し、「攻めの捜査」を展開している。
正直ロリコンの趣味が一切ない筆者にとっては、なんら興味のあるジャンルではなく、そのため注目もしていなかった児童ポルノ問題が、ここまで大きなことになっているとは想定外でした。

それにしても、ここに来ての攻めの捜査。

この規模になるともはや爽快とも言えますね。

リスト流出のきっかけは、販売元の逮捕

 (80453)

きっかけは、昨年5月、「厳選DVDショップありす」の関係者ら4人の逮捕。
押収したパソコンなどを分析したところ、そこに残されていたのは、国内では最大規模とみられる約7千人もの購入者リストだった。
まさかのリスト入手とは、警視庁も棚から牡丹餅的な感覚だったでしょう。

一方で購入者(逮捕される側)は震え上がったでしょうね。

こっそりやってた履歴がもとで、身元がわれてしまったわけですから。

それにしても、一個の販売元から7000人て、人気あるなぁ…と。

そりゃビジネスにしたくもなるわ。とちょっと同情してしまいます。

教師や警察、議員など。そうそうたる顔ぶれがリストに並ぶ

 (80454)

リストには、メールアドレスや購入したDVDのタイトルなども記載。
後に捜査で判明するが、職業は、小学校教員や塾経営者から、警察官や市議会議員、県庁職員らまで幅広い。
地味にDVDタイトルと一緒にバレるというのが辛いですね。

ロリコンにプラスアルファの趣味も付加されて認識されるわけですから、恥ずかしくて死にたくもなります。

それにしても驚くべきはその面子。議員的な権力者が好むのは、なんとなくイメージできるんですけど、普段子どもたちと接している小学校教員や、児童ポルノを取り締まる側の警察官までいるとなると、なかなかグロい世界観になってきます。

教員とか、日々悶々としながら授業してたのかと思うと、そっちの方が辛くないか?とも言えなくもないです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【世界の仰天ニュース】HIVを拡散していたスイス人男をタイで逮捕

【世界の仰天ニュース】HIVを拡散していたスイス人男をタイで逮捕

日本のそれよりも規模感や異様さで一枚上手を行く世界の仰天ニュース。今度はスイス発タイ経由の衝撃事件をご紹介します。
山岡ソースケ | 760 view
【悲惨】韓国歴代大統領の末路が悲惨すぎる件【逮捕、自殺、暗殺、不審死など】

【悲惨】韓国歴代大統領の末路が悲惨すぎる件【逮捕、自殺、暗殺、不審死など】

政治的な側面がかなり色濃く反映され、別の意味での注目度も高かった韓国・平昌オリンピック。ところで韓国の大統領といえば、前任であるパク・クネ大統領が諸々あった末に逮捕された事件が記憶に新しい。大統領が逮捕されるとか、日本とかアメリカではまぁ滅多に聞かないニュースなので改めて調べてみると、とんでもないデータが現れました。
山岡ソースケ | 6,868 view
成人式が始まる前に騒いで逮捕|痛すぎる静岡の新成人の正体とは?

成人式が始まる前に騒いで逮捕|痛すぎる静岡の新成人の正体とは?

成人式と言えば毎年のように問題になるのが、騒いで式を台無しにしてしまう新成人。会場内で酒を飲み、挨拶をしている市長には暴言を浴びせ、なんなら暴力事件に発展し、逮捕者が出るケースも。今年は静岡で、なんとも馬鹿馬鹿しい珍事件が発生しました。
山岡ソースケ | 554 view
「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)は、 2月下旬から全国の店舗(一部店舗除く)にて『ワイルドすたみな焼きすき丼』を発売中。早速ボリュームいっぱいの期間限定メニューをレポートしてきました♪
SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ