2017年4月17日 更新

成功者になるための5ステップ|大きく成功するチャンスを獲得するための準備

春、昇進しなかった方、独立したが思うように業績を伸ばせなかった方。厳しい様ですが、自分に不足していることを肝に据えて、新年度を開始しませんか。大きく成功している成功者は、共通の習慣があるといいますが、それ以前に、「自分にとって何が成功か」をご存じでしょうか。間違った方向で頑張っているということはありませんでしょうか。今回は、成功するチャンスを獲得するための準備5ステップをご紹介いたします。

442 view お気に入り 0
誰からも例外なく、「成功者」とみられる人たちがいる。その業績は私たちに強い印象を与え、私たちはその経験から学びたいと思う。
高級車に乗ったり、購入な身なりにつつまれ、豪邸に住み、お金にいとめをつけない生活。
それだけが成功者とは限りません。
自分が求める「成功者」は、どんな姿でしょうか?
成功の意味がどんなことであれ、成功するチャンスを著しく増やす行動や考え方というのは、どのようなものなのでしょう?
Free photo: Person, Mountain Top, Achieve - Free Image on Pixabay - 1245959 (17638)

①あなたにとっての「成功」とは?「定義」をする

成功するための最初の一歩は、成功を定義することにあります。
自分の心が成功だと感じるものはどのようなものか、自分の魂を探しましょう。
魂というと、難しいかもしれませんね。
人や周りの賑わいや、外部の栄光を見ていると、自分が本当になりたいものを、
知らず知らず忘れてしまうことや、道が見えなくなり迷宮入りしてしまうことが多いようです。
あなたは、「自分が本当になりたいもの」それは何でしょうか。
本気でやりたいことがわかれば、成功は必ず「成功からついてくる」ということなのでしょう。
Free illustration: Success, Woman, Race, Profession - Free Image on Pixabay - 1848692 (17639)

起業家のJanis Butevicsも同意見で「成功している人は、自分の基本的な価値観を明確にして、その価値観に見合った人生を生きるためにベストを尽くしている」と書いています。
単刀直入で言えば、目先の「お金という収入」がチラついてしまい、
本当にやりたいことを後ろに隠してしまうことがあるようです。
それは「貧乏よりも、お金もちが“いい”に決まっている」と、言いますが……。

したくもないことで継続できるのか、頑張れるのかというところに繋がるかもしれませんね。

つい先日、同じような相談を受け、
今の財務を確認しながら先生とお話してきましたが、
話すことで見えたものがありました。
今年からは「やりたいこと」に、道を変更するようでイキイキとしていました。
 (17647)

②対話する

自分に話しかけるなんて、ちょっと頭のおかしい人みたいだと思うかもしれませんが、大きく成功している人の特徴として、いくつもの回答者が言っていました。
多くのトップパフォーマー(特にアスリート)は、技術やスキル以上に自分との対話を意識しています。プロスポーツの高いレベルにおいて、技術やスキルというのは才能によるものだと考えられています。才能がなければそのレベルには到達することはできません。敵を倒すには、技術を磨くために時間をかけるよりも、自分との内なる対話に集中することに時間をかけた方がいいのです。
Free illustration: Business, People, Teamwork, Team - Free Image on Pixabay - 2089530 (17663)

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功者のストレス対処方法「すぐにできる3つ」|ストレス原因は仕事80%以上

成功者のストレス対処方法「すぐにできる3つ」|ストレス原因は仕事80%以上

米国での調査では平日平均3日以上で60%の人がストレスを感じ、しかもその80%以上は「仕事」でのストレスだという結果。あなたは、この調査をどう思いましたか?世の中には、普通の人もいれば、超がつく成功者がいます。同じように仕事をしているはずですが、ストレスでの低下を感じさせないですね。成功する人は、この仕事でのストレス対処法が異なるようなのです。ではストレスレベルを下げる成功者の方法とは?
成功者は「失敗から回復する」方法を知っている|デキる人は教訓をメモ

成功者は「失敗から回復する」方法を知っている|デキる人は教訓をメモ

自分が「成功」したと納得できるまでの間、必ずぶつかる「失敗」という出来事。成功者は失敗をしないのではなく、回復が上手だといいます。クヨクヨ考えたり、反省することの意味はないと言われても、なかなか忘れられない失敗……その忘れられる方法は「逆転の発想」でした。『プロフェッショナルサラリーマン』著者の俣野成敏氏から「失敗し落ち込んだ時の回復方法」として、ひとつの逆転発想方法が紹介されていました。
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
夢を叶える「必ず達成する人」の方法|絶対的に足りないのは“夢を目標にかえる”設定

夢を叶える「必ず達成する人」の方法|絶対的に足りないのは“夢を目標にかえる”設定

あなたの周りにもいないでしょうか。何度でも、夢を叶えて成功を収めている人。では、なかなか達成できない人との大きな「差」は、なんでしょうか。絶対的に足りないこと、それは「設定方法」が正しくないこと。あなたの“夢”を“目標”に変え、目標を達成させ成功人生を手にするための方法をご紹介します。叶えたいことは、何度でも実現できる設定に切り替えてしまいましょう。
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水