2017年10月16日 更新

偉そうにしている上司ほど、仕事ができない。

上司と部下の関係は、偉い偉くないの関係ではありません。部下は上司を見ながら会社を見て、自身のモチベーションや仕事のやりがいを見つけていくものです。そんな中で、自身の役職や肩書きを鼻にかけ、偉そうにする上司がいてはどうでしょうか。一つ断言できるのは、偉そうな上司ほど、仕事ができないということ。上司部下のあるべき関係性についてみていきましょう。

428 view お気に入り 0
役職や肩書きを上げていくことを、ビジネスの目標にしている人は多いでしょう。実際、肩書きが上がればできる仕事の種類も増え、報酬も上がっていく。上を目指さない理由はありません。

しかし一方で、役職を上げることを目標としてしまっては意味がありません。肩書きを上げることは手段ではあり、目標ではない。

それを目標にしている人は、部長になったあと、何の努力もしなくなってしまいます。だってそれが目標なのですから。

部長、課長、主任…肩書きは上下関係を表すものではない。

Free photo: Pyramids, Egypt, Banner, Header - Free Image on Pixabay - 2371501 (57844)

肩書とは、あくまでも“役割分担”を示すものです。部長は部長としての役割があるし、課長には課長としての役割がある。一般社員が課長の役割を果たそうとすることは無理ですし、また果たす必要もありません。それぞれが自分に与えられた役割をきっちり果たしてこそ、組織は円滑に運営されるのです。

肩書きの役割とは。

1.肩書きにあった仕事をする。

部長であるならば、まずその部の成果を伸ばすように努力する必要があります。部下の提案を受け止め、ときに部下を励ましながら、部下の心を糾合しつつ、的確に意思決定をしなければなりません。

素早く決断する、責任を取る、トラブルを迅速に処理する、部下の成長を心掛ける、部下を育成していく――。このような役割を果たさなければ、その人に、1つの部署を任すことは難しいと思います。
Free illustration: Businessman, Grown Up, Manager, Man - Free Image on Pixabay - 2325948 (57842)

部長は部長としての仕事を、課長は課長としての仕事、そして平社員は平社員としての仕事をしていくことこそが正しいのです。

その仕事の偉い偉くないはありません。

平社員がテレアポを頑張るからこそ、部署の数字目標は達成される。また部長がしっかりと舵を取ることで、同じく部署の数字目標は達成されていくのです。

仕事の中に、無駄にして良い作業や、やる意味のない作業はありません。全員が自分の仕事に責任を持ってのぞむ。その姿勢がなければ、会社全体の成長というのはありません。

2.肩書きにあうよう、人間的に成長する

仕事のうえでの成長というものは、経験を積み重ねていけば、たいていは誰でもできます。10年も仕事をしている人が、新入社員に仕事のうえで負けることは、まずありえません。成長の速度に個人差はあるでしょうが、一生懸命に取り組んでいれば、必ずや仕事上の成長はできるものです。
そう。仕事というのは、やっていれば誰でもできるようになるのです。
逆を言えば、その仕事ができるから偉い、というわけではありません。
人間的成長に比例して、部下がついてくると言っても過言ではありません。
もかかわらず、多くのビジネスマンは往々にして、この人間的成長に重きを置くことはありません。仕事上の成長、成果ばかりに目を向けてしまいがちになります。そうすると、やがて部下はついてこなくなる。「あの上司の言うことは、正しいし、よくわかる。けど、あの人はどうも好きになれない。尊敬できない。親しみがないし、人間的に魅力がない」とみられるようになるのです。
Free vector graphic: Man, Boy, Attractive, Cleavage - Free Image on Pixabay - 161430 (57855)

辞令が下りてそのいすに座った途端、態度が大きくなる人がいます。自分は偉いんだと言わんばかりに部下を顎で使い、言葉遣いまでも変わってしまう。最近そのような国会議員が話題になりましたが、そんな国会議員が秘書たちに尊敬されるはずはありません。

上司こそ、謙虚にならなければならない。

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ


おすすめの記事

今注目の記事