2018年5月22日 更新

スコッチウイスキー「ジョニー・ウォーカー」の魅力を存分に堪能できるイベント

「ジョニー・ウォーカー」は、都内を中心に様々なイベントを開催しています。中でも明日東京・渋谷で開催予定の「Johnnie’s WHISKY ROOM」は、バーテンダー世界大会の歴代チャンピオン4人を呼び、それぞれが考案した限定ハイボールを味わえるイベント。お酒好きな人は早速チェックしてみては。

54 view お気に入り 0
「ジョニー・ウォーカー」は5月23日水曜日、渋谷のTRUNK(HOTEL)で「Johnnie’s WHISKY ROOM」を開催します。今年でなんと5回目を迎えるウィスキー好きなら見逃せない一大イベントとなっているんです。

この「Johnnie’s WHISKY ROOM」は、世界トップクラスのバーテンダーが腕を競う「WORLD CLASS」(註)の日本大会の前夜祭として行われます。

キーワードは「Highball」「Craft」「Music」「Friends」

「WORLD CLASS 2018 JAPAN FINAL EVE」は、「WORLD CLASS」の歴代日本人チャンピオン4人をスペシャルゲストとして迎えます。

スペシャルゲストは、Mari Kamata 、Shigeki Yoshida 、 Tshuyoshi Miyazaki 、 Ryu Fujiiの4人。

日本人チャンピオンが各自考案したオリジナルハイボールを提供するほか、スコッチウィスキーのスモーキーさや甘さを際立たせるソルト、シュガー、シナモンパウダーといった副材料をグラスの縁につけた限定メニュー「ジョニーハイボール(クラフトスタイル)」も登場します。
 (85177)

この限定メニュー「ジョニーハイボール(クラフトスタイル)」は、先日まで東京ミッドタウン日比谷にオープンしていた期間限定のコンセプトバー「JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden」でも大好評でした。

メニュー(税込)は、定番のジョニハーボール(500円)を筆頭に、ジョニーハイボール(クラフトスタイル)(500円)やバーガー3種類(各1200円)、フィッシュ&チップス(900円)、シーズナルピクルス&オリーブ(500円)などなど、美味しいお酒にぴったりなメニューが目白押し。
 (85179)

JOHNNIE & BLENDED NOTESも開催

JOHNNIE & BLENDED NOTESでは、ミュージシャンがセッションしたいアーティストとの演奏とトークで日比谷の街が素敵に彩られました。

イベント前半ではアーティストによるブレンデッドライブを、後半では人生における「ブレンド」体験をテーマにしたトークセッションなど、盛りだくさんの内容でお届けしました。
 (85178)

ジョニーウォーカーの “ブレンド” を "JONNIE &” というコンセプトとして表現して、体現することができた期間限定のバーでは、日比谷という空間や文化、そしてそこに集う人たちに憩いのひと時を提供してくれました。
 (85180)

ジョニーウォーカーは1820年、創業者ジョン・ウォーカーがオープンした小さな雑貨店で取り扱っていたスパイスや紅茶のブレンドにインスピレーションを得て、ウイスキーをブレンドしたことから始まりました。

当時は、必ずしも品質が一定ではなかったウイスキーを、高品質で安定供給することに力を注ぎ、そして多様な原酒をブレンドすることによる奥深く豊かな味わいを多くのお酒好きな人々にもたらしました。

それ以来、ジョニーウォーカーは約200年にもわたってブレンディング技術にこだわり続け、その味わいは世界No.1のスコッチウイスキーブランドとして愛され続けています。

特にジョニーウォーカーの集大成とも言えるのが「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」。

世界で初めて12年熟成をコンセプトにしたとされるブレンデッドスコッチで、その奥深く豊かな味わいは「傑作」や「ultimate」などと称されています。

歴史あるスコッチウイスキーを、楽しむためにイベントに足を運んでみてはいかがですか♪
 (85194)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部