2017年11月15日 更新

「ティファニーで朝食を」が”56年越し”に実現へ!創業史上初のスペースがNY本店に誕生

米大手ジュエリーブランド「ティファニー」は10日(現地時間)、ニューヨーク五番街の本店にて、創業史上初となるカフェスペースの営業を開始しました。しかも、ファンにとっては”夢のような体験”が可能。1961年に公開されたオードリー・ヘプバーン主演映画のタイトル通り、実際に「ティファニーで朝食を」取ることができるようになりました。オードリーや、映画の世界観が大好きな人にとっては、たまらない空間のようです

135 view お気に入り 0
アメリカの大手ジュエリーブランド「ティファニー」は11月10日(現地時間)、ニューヨーク五番街の本店4階にて、創業史上初となるカフェスペース「The Blue Box Cafe(ブルー ボックス カフェ)」の営業を開始しました。
 (64235)

「ティファニー」本店4階
ティファニー史上初となる同カフェは、フラッグシップショップ4階のリノベーションに合わせて現地時間11月10日に開業されたもの。
 (64236)

「ブルー ボックス カフェ」

ティファニーのデザインにちなんで名づけられた「ブルーボックスカフェ」は本店4階にオープン。

同社は「ティファニーで朝食をとることを夢見てきた顧客」のために作ったとしているようです。

56年越しの体験!

1961年に公開されたオードリー・ヘプバーン主演の名作映画『ティファニーで朝食を』の体験が、実に”56年越し”に!実現となりました。
 (64239)

しかも、ファンにとっては”夢のような体験”もできます。↓↓↓
「ティファニーで朝食を」劇中で、ヘプバーン演じる主人公は同店のショーウインドウ前で朝食を食べるのみであったが、このカフェでは店内で実際に食事をすることが可能となる。

『ティファニーで朝食を』オープニングシーン

また、この映画といえば、あまりに有名なこのシーン。

▼ホリーが五番街にある「ティファニー」を“眺めながら”、朝食をする姿が映し出されています。

Breakfast at Tiffany's Opening Scene - HQ

不朽の名作『ティファニーで朝食を』

映画『ティファニーで朝食を』は、ニューヨークを舞台に、オードリー・ヘプバーン演じる贅沢好きで自由奔放に生きる女性・ホリーの姿が描かれています。

主題歌の「ムーンリバー」も大ヒットしました。
 (64256)

42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん