2018年4月24日 更新

芸能人に広がる「ヘアドネーション」ブームとは?世界一髪の毛が長い女子高生の決意に感謝

モデルでタレントのダレノガレ明美がツイッターを更新し世界一髪の毛の長い10代としてギネス世界記録に認定された女子高生が、彼女のツイートをきっかけに「ヘアドネーション」に髪の毛を寄付することを決意したことを知り、喜びの言葉を表しました。ヘアドネーションとは?認知度はまだ低く、需要と供給のバランスが取れていない現状のようですが、実は、積極的にヘアドネーションに参加している女性芸能人は意外に多いようです

1,393 view お気に入り 0

ギネス認定の世界一髪の毛の長いティーンエイジャー

4月18日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、“最も長い髪の毛をもつティーンネイジャー”としてギネス認定された川原華唯都さんを特集していました。
18歳ながら生まれてから1度も髪を切ったことがなく、床につくほどの長い髪をもつ川原さん。155.5cmと言う長さでギネス認定を受けたという。
生まれつき頭にあった傷を隠すために髪を伸ばし始め、「切るタイミングを失ってずっと伸ばしている」という。身長は155・4センチなので、髪の先は床に届く。ふだんは三つ編みにしているが、髪の重さで肩が凝ることもあるという。

日々の大変なお手入れ

大変なのは毎日のシャンプーやドライヤー。
一人でお手入れすることができないので、両親が手伝うのだそうです。
華唯都さんが立った状態で、母親のみゆきさんがシャンプーする。ブラシしながらドライヤーで30分かけて乾かすのは父親の雄一さんの役目だ。
「ずっと立っているので疲れる」と雄一さんは言うが、「年頃の娘はふつうは髪を触らせてくれない。非常に楽しみにしている」と笑う。
 (82795)

司会の加藤浩次「お父さんとお母さんが執事で、お姫様のような生活です」
タレントの大沢あかね「これだけ髪の毛が長くても、傷んでいなくてきれいなのは、お父さんとお母さんのチームワークの賜ですよね」

医療用ウィッグを作るため寄付へ

そんな川原さんは、ギネスに認定されたことを区切りに、髪を切り医療用ウィッグとして寄付する“ヘアドネーション”を決意。
 (82794)

ヘアドネーションとは、頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
母親はこのまま髪を切ってほしくないそうだが、華唯都さんはギネス認定を機に切る決意をしている。1メートルほど切った髪は医療用ウィッグを作るための寄付をする予定だ。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女性モデルやタレントがSNSで“現在の体重”明かす傾向に!彼女たちの次なる”理想の体型”は?

女性モデルやタレントがSNSで“現在の体重”明かす傾向に!彼女たちの次なる”理想の体型”は?

最近、女性タレントが“現在の体重”を、自らSNSなどを通じて、明かすことが増えてきている傾向にあるようです。これまでも公に体重を明かしている芸能人は存在したものの、後に“サバ読み”が発覚することも・・。ところが昨今、この風潮に変化が。ローラやダレノガレ明美など、多くの女性芸能人が、自ら体重の公開を行ったり”増量を目標に掲げる”ようにまでなりました。その意図とは?彼女たちの次なる”理想の体型”とは?
梅雨のシーズン「絶対に盗まれない傘」がTwitterで話題!ユーモアあふれるアイデアは必見

梅雨のシーズン「絶対に盗まれない傘」がTwitterで話題!ユーモアあふれるアイデアは必見

これから梅雨のシーズンに入るので、傘を持ち歩く機会が多くなるかと思います。雨の日、職場やお店の傘立てから自分の傘を取ろうとしたら、なかった!・・・そんな苦い経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。実は、盗難だけではなく、画一的なデザインのビニール傘などのために取り違いも起こっている現状のよう。そんな心配を吹き飛ばす、画期的なアイディアがTwitterで話題に!ぜひ参考にしてみてくださいね
HKT48指原莉乃が受けた「ICL」視力矯正手術って?レーシックとの違いや注意呼びかける声も

HKT48指原莉乃が受けた「ICL」視力矯正手術って?レーシックとの違いや注意呼びかける声も

アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さんが3月7日、小さなレンズを眼の中に入れて視力を矯正する「ICL」手術を受けたことを、Twitterで報告しました。近視・遠視・乱視までをも矯正する治療法といわれている「ICL」(眼内コンタクトレンズ)。実は、「レーシック」に代わる新しい治療法として近年、注目されているようです。そんな「ICL」のメリット・デメリットについて、専門家の意見を聞いてみましょう
「私は醜い」とつぶやく6歳の娘へ歌手ピンクが贈った”VMAスピーチ”に称賛

「私は醜い」とつぶやく6歳の娘へ歌手ピンクが贈った”VMAスピーチ”に称賛

今年もMTV「ビデオ・ミュージック・アワード」が開催。最近のアワードは、印象的なスピーチにも注目が集っています。ツィッターをチェックしてみると、今回の主役は、米歌手のP!nk(ピンク)のスピーチが話題となっていました。彼女は「ヴァンガード賞」を受賞し、家族とともに来場。今や2児のママでもありますが「私は醜い」とつぶやいた娘に贈った言葉を受賞スピーチで明かし、自身を愛することの大切さを伝えてくれました
真木よう子がスポーツ紙に抗議!ひそかに削除されていた?“過激ツイート”の内容とは

真木よう子がスポーツ紙に抗議!ひそかに削除されていた?“過激ツイート”の内容とは

女優の真木よう子が20日、東スポWebに掲載された記事に対してツィッター上で苦言を呈しました。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いと報道されたといいます。実は同ドラマは、今月17日に平均視聴率がワースト記録を更新。ですがピンチの原因は、この低視聴率ではなく彼女のTwitterでの発言というので事態はより深刻に・・・

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事