2017年8月9日 更新

ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

仕事でもSNSやチャットを使うことが増えましたが、資料添付やお客様とのやりとりは、まだまだメール連絡が必要です。しかし、このメールが「くせ者」で、短ければ言葉不足で誤解を招き、長すぎれば何を言いたいのか伝わらない。ではどうしたら、メールを究極にわかりやすく、そして相手に失礼がないよう書けるのでしょうか。『気のきいた短いメールが書ける本』(中川路亜紀著)から、簡単なポイントをご紹介いたします。

126 view お気に入り 0
Free photo: Spider Monkey, Email, Letters - Free Image on Pixabay - 637060 (42454)

あらゆる仕事がメール連絡で進められるようになり、メールを端的にわかりやすく、かつ失礼なく書けることが必須になっています。また、メールの本数がふえるにつれ、メール仕事にかかる時間が膨らんでおり、ムダのない書き方や管理方法にも工夫が必要になってきました。(「はじめに」より)
メールやソーシャルをつかった連絡はあたりまえ。今のビジネスにはかかせません。
しかし、実際に伝えなければならないことをメールで書くのは難しいと感じます。用件を簡潔に打とうとすると言葉足らずで伝わらない。かといって長く打ては、何をいいたいのか散ってしまう。
そんなビジネスシーンに、『気のきいた短いメールが書ける本』(中川路亜紀著)が話す「実用的」なメールの書き方を取り上げました。

メール仕事をコンパクトに

著者はメールの受信箱のことを、仕事がわき出してくる「玉手箱」だと表現しています。開けてびっくり、ややこしい要件が飛び出してきて、その対応に追われているうちに時間が経過してしまうということ。そして、そんなメール仕事をコンパクトにするために、次の3つをやってみることを提案しています。
Free illustration: Envelope, At, Mail, Email, E Mail - Free Image on Pixabay - 1829490 (42447)

メールの処理①固めて行う

つまりメールチェックは、決まった時間に固めてやると効果的だということ。急ぎの連絡を待っているのでない限り、だらだらメールチェックをするのは時間の無駄だというわけです。たしかに頻繁にメールチェックをすると、そのつど予定外の時間をとられたり、他の仕事に紛れて重要な返信を忘れてしまったりする危険があるかもしれません。

メールの処理②仕分て対応

メールを開くと、順位や緊急性をふくめ、どんなメールが届いているか見えます。
処理すべきメールの分類によって分けて処理をします。

・簡単な返信ですむときは簡潔なメールで返答
・相手が一刻も早い返事を求めているときは回答を待っていることが多いので即日のYES.NOも返答
Free photo: Keyboard, Pen, Letters - Free Image on Pixabay - 2395239 (42445)

・返信に確認や検討が必要で即返答ができないメールは、
相手がそれほど急いでいなければ、返事に1日程度の時間をとることは失礼ではありません。きちんと調べて後で返信。
・特別丁寧な返信が必要な内容の時は、相手が重要な人物であったりデリーけーとな問題、または考えてから返答したいときは後ほど返信。

メールの処理③派生する仕事も仕分ける

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パソコン操作が“何倍”も早くなる|作業に疲れない簡単基本ショートカットキー

パソコン操作が“何倍”も早くなる|作業に疲れない簡単基本ショートカットキー

今さらですが、パソコンのショートカットキーを使いこなしているでしょうか。超!スピードがアップしますので、使わない手はありませんね。意外と使っていない方が多いようなので、簡単で頻繁に使う作業に適したショートカットキーから使ってみてはいかがでしょうか。デスクワークの時間短縮だけではなく、無駄な動きをしないので疲れ方もかわりますよ。
仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

不思議なもので、同じ仕事をしているはずなのに、出世の早い人や評価の高い人がいます。本当に「同じこと」をしているのでしょうか。何気ない欠かさない習慣があり、早くに評価をうける言動があるといいます。それは、自ら行える簡単なちょっとしたことと、キーマンとの距離感なのです。たった「それだけ」を行えばいいという、知らないと損する習慣をご紹介します。
仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

もし、今「その仕事から逃げて」と、言われたとき、率直にどんな感想を持つでしょうか。「ズルい」とか「罪悪感がある」、「きたない」など、様々な感情が沸き上がってきますね。知らず知らずのうちに、頑張りすぎていたり、気が付けば人の分まで行い「自分がしなければならないこと」がわからなくなっていることもありますね。どんな人でも容量が決まっているはずですが、できる人は「適度」に逃げて、本来自分がすべき仕事を行っているのです。あなたは、人の分まで仕事を背負っていませんか・今時の時代、気が付けば人の分まで行っていないでしょうか。
多忙な人から「返信をもらう」5つのコツ|相手にかかる手間を取り除くメール術

多忙な人から「返信をもらう」5つのコツ|相手にかかる手間を取り除くメール術

世の中には、どこまでも忙しい人がいます。そして、回答がほしいのに、相手から「返事がこない‼」そんな経験はないでしょうか。本当に暇がないほどの多忙な相手の“注意を引き”、しかも“早々に返事をもらう”そんなテクニックがあれば、試してみたくないでしょうか?忙しい人を相手にする「返信をもらうための」5つのコツをご紹介します。
40、50代は「部下」の気持ちがわからない|個人として扱われた部下の世代

40、50代は「部下」の気持ちがわからない|個人として扱われた部下の世代

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、以前タイプ別をご紹介しました。しかし、どうしても“ダメな相手”がいることがあります。それは世代差というのか時代差というのか、だから関係が悪くなるということです。働き盛りとして活躍する40-50代の考え方と世代の違いは……?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水めぐみ SOCIALZINE編集部の志水めぐみ


おすすめの記事

今注目の記事