2017年12月27日 更新

拡大するBtoC企業の年末年始休業|背景にあるのは深刻な人材不足か?

クリスマスが終わればいよいよ年末年始。どことなく街が浮足立った雰囲気で満たされる。しかし一方で、みんなが休んでいる時にこそ稼ぎ時になるBtoC企業は、今まで休むに休めなかった。そんなこれまでの常識が、少しずつ壊れていっているようで…。

101 view お気に入り 0

年末年始に休業するBtoC企業が増加

 (70863)

ロイヤルホールディングス(HD)は、傘下のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」で、2018年から全国の9割超の店舗で元日休業する。
天丼チェーン「てんや」では17年から元日休業を始め、18年は対象を全国の8割に拡大する。
大戸屋HDも、元日に休業する店舗を17年から2倍に増やし、18年は全直営店の約半数が休む見込み。
パッと見ただけで、どこに店舗があって、どのメニューがおいしくて、なんてことを思い描ける有名店が続々と年末年始の休業を発表している。

年末年始といえば日本最大級の長期休暇。家でおせち、という人も多いかもしれないが、休みだからこそ外食、という人も多いだろう。

売上を期待できるこのタイミングで休業をするとは、どういった意図なのだろうか。

従業員のワークライフバランスを考えての施策…とは言うが…

 (70864)

従業員に正月はリフレッシュしてもらう方が、結果的にサービスの質が向上し会社の利益になる
社員が家族や友人と過ごすことで働く意欲を高めてほしい
「年末年始ぐらいは休みたい」

社会人であれば誰しもが思うそんな希望を叶える形で実施する、という企業側のコメントがある。

だがしかし、一方でそういう優しい感情論ではどうにもならない、苦しい経営状況が背景にあるのではないかという見方もあるのである。
外食やコンビニ業界は人手不足でアルバイト店員を確保しにくく、人件費も高騰している。年末年始はさらに割増賃金を支払う必要もあり、高い費用をかけて営業するより、休業で労働環境改善や従業員の意欲向上につなげる方がよいとの判断だ。

値上がりし続ける「最低賃金」

 (70865)

東京都最低賃金(地域別最低賃金)は、平成29年10月1日から時給額 958円 に改正されました。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

確定申告で税金をキャッシュバック! マイナンバーに注意すれば初心者でも簡単にできます! 

確定申告で税金をキャッシュバック! マイナンバーに注意すれば初心者でも簡単にできます! 

2月16日から2016年度の確定申告受付がスタートします。サラリーマンには会社の経理・総務、社労士の先生が代わりに税金手続きを行うのであまり馴染みがないかもしれません。しかし、20万円以上の副業があれば自分で確定申告を行わないといけません。税金計算が面倒であれば税理士の先生に相談するのも1つの方法です。
鈴木康平 | 102 view
年賀状はビジネスパーソンの鍵 間違った年賀状……出していませんか?

年賀状はビジネスパーソンの鍵 間違った年賀状……出していませんか?

1月1日に届く年賀状。同僚から届く年賀状をチェックするのが正月の楽しみ。そういう人もいるでしょう。年賀状はビジネスパーソンとして重要ですがNG行動が多いのも事実です。しっかりチェックして年賀状を書きましょう。
鈴木康平 | 95 view
すしざんまい喜代村の木村清社長が7420万円でマグロ落札!今年も盛り上がる築地市場初セリ★

すしざんまい喜代村の木村清社長が7420万円でマグロ落札!今年も盛り上がる築地市場初セリ★

7420万円ですしざんまいの木村清社長が高値のマグロを落札しました。移転問題にゆれる築地は、無事に2017年の初セリを終了しました。来年は築地、豊洲。どちらで行うかも注目です。
鈴木康平 | 91 view
正月明けのスタートは憂鬱……明日からイヤな仕事がはじまる……

正月明けのスタートは憂鬱……明日からイヤな仕事がはじまる……

年末年始は家族や友人、恋人と楽しい時間を過ごした。しかし、正月が終われば社会人は仕事が始まります。明日から仕事が始まる……そう思うだけで憂鬱になる人もいるでしょう。 根性論で正月休み明けの憂鬱気分を打破するのは限度があります。一緒に気分をリフレッシュする方法をみていきましょう。
鈴木康平 | 196 view
無礼講と常識知らずの境界線はどこ?年末年始の飲み会で気を付けたい飲み会マナー

無礼講と常識知らずの境界線はどこ?年末年始の飲み会で気を付けたい飲み会マナー

年末年始の忘年会・新年会。上司や先輩から「無礼講~」と言われ、ハメを外し、翌日怒られた経験はないでしょうか? 大学生の飲み会ならくだけた感じで先輩と接することができますが、社会人はお酒が入っても超えてはいけない目上の人との境界線があります。 そんな無礼講と常識知らずの境界線を見ていきましょう。
鈴木康平 | 270 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ


おすすめの記事

今注目の記事