2017年11月28日 更新

13種類以上の話題のケーキが一同する「スイーツシェア会」開催

 今回のテーマは「モンブランや栗を使ったスイーツ」。各自テーマに合ったオススメのケーキを用意して、それぞれのケーキをシェアするシェア会。ハロウィンが間近に迫った休日、目白に13種類以上のモンブランケーキやマロンケーキが一同にお目見えしました♪

382 view お気に入り 0
10月29日の日曜日、目白にあるmalolocafeにて、スイーツの食べ比べをする「スイーツシェア会」が開催されました。
当日は都心に台風が接近中にもかかわらず、スイーツ好きな方達が自分の好きなケーキを持ち寄り、たくさんのスイーツファンが集まりました。
同イベントの主催者は、甘党男子などやスイーツイベントのプロデュースを手がけるヒキノトオルさん。
 (61689)

13種類以上のケーキをシェアして楽しむ会

今回のテーマは「モンブランや栗を使ったスイーツ」で、各自テーマに合ったオススメのケーキを用意して、それぞれのケーキをシェアしました。
当日は13種類以上のモンブランケーキやマロンケーキが一同にお目見えしました♪
 (61692)

 ケーキは、デリーモ、アストレー、サロン・ド・テ アンジェリーナ、ハーブス、パティシエイナムラショウゾウ、カフェ ルドルフ、ラトリエMOTOZO、パティスリー&ブーランジェリーハル、トレカルム、マ・プリエール、Libertable、a tes souhaits (アテスウェイ)、HIBIKIなどなど。

デリーモなど一押しスイーツをピックアップ

東京や神戸の高級チョコレート専門店で研鑽を積んだデリーモの江口シェフ。
現在は「パティスリー デリーモ」の総責任者として、シェフショコラティエ、シェフパティシエを務めています。
チョコレートを知り尽くした江口和明が、そのイマジネーションをもとに世界中のショコラと洋菓子を、赤坂で気軽に食べて頂くことができるようなお店を作りたい。それがデリーモの始まりでした。
ヨーロッパで洋菓子の奥深さに魅了され、さらにカカオの虜となり、素材を生かし切ることに情熱のすべてをかけるこだわりが、赤坂の地元のお客様をはじめ、デリーモの洋菓子を召し上がっていただいた多くのお客様からも、高い評価をいただけるようになりました。
 (61735)

全体にカカオ70%のビターショコラクリームを使用し、サクサクのメレンゲをベースにフランス産の高級マロンコンフィとヴァローナ社の高級チョコレート、ドゥルセを合わせたオリジナルモンブラン

パリ老舗サロンのサロン・ド・テ アンジェリーナのモンブラン

1903年創業以来、多くの著名人やパリジェンヌ達に愛されてきたパリ老舗サロンのサロン・ド・テ アンジェリーナ。
伝統のレシピで作られたモンブランは、日本一のモンブランと言われるほどです。
 (61720)

日本一と言われることもあるモンブラン。
中はふわふわのクリームがたっぷり入っていて、マロンとの相性もぴったり。

根津にあるパティシエイナムラショウゾウのマロンチョコケーキ

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部