2017年7月21日 更新

夏の酷暑が続く“二度と涼しい夏はこない“|シュミレーション(スパコン)予測の未来図

「今年は猛暑」などと聞きますが、“あれ?毎年聞いているような……”。すでに日本は「酷暑」となっており、2005年頃のシュミレーション予測の通りに悪い状況へ進んでいるのです。改善されたとしても東京の夏は「涼しく」ならないという日本。夏は100日も続く暑さ、2020年から2050年は、半年が夏となり、「巨大台風」「ゲリラ雨」「熱波」など痛ましい予測。そんな恐ろしい未来の図を取り上げました。

495 view お気に入り 0
今回は、猛暑ならぬ「酷暑」についての話をする。昔話から始めると、私が社会人になった1985年頃、クライアントに会うときは夏もウールのスーツにネクタイ姿が当たり前だった。2005年に始まったクールビズでは、お役所の掛け声は「ノーネクタイ・ノージャケット」になったが、それでも最初の数年はネクタイだけ外してスーツの上下で過ごすのが、私の周囲の大企業では通例だった。
Free photo: Hands, World, Map, Global, Earth - Free Image on Pixabay - 600497 (38135)

シュミレーション(スパコン)が予測した未来

振り返ると、クールビズが始まった2005年。
このころは、まだスーツ+ネクタイで過ごせていた夏。
今は、これでは過ごすことができないほどの猛暑が続いています。

地球の年齢で考えれば、たった12年後の今、明らかに様子がおかしい……
暑い夏はヒートアイランド現象と地球温暖化がもたらしている。前者は20世紀後半から問題になっていたが、後者が効いてきたのはここ10年くらいのことだ。
記事によると、現在の状況は「既に予測」されていたといいます。
「地球シミュレータ」という、スーパーコンピュータによる“地球温暖化”の、
シミュレーションが、2005年頃に報じられていたといいます。

そして、もっと恐ろしいことに、↓↓↓
それによれば、世界中で二酸化炭素をかなりの努力で削減したとしても、今後東京の夏が涼しくなることはないということだった。
Free illustration: Climate Change, Global Warming - Free Image on Pixabay - 2063240 (38141)

2005年当時は、最高気温が30℃を超える真夏日は、東京では7月中旬から8月末までの時期に限られていた。それが21世紀を通じて見ると、夏は6月中旬から9月末までの100日間と年々長くなっていく。
現在の地球は過去1400年で最も暖かくなっています。
東京の最高気温でシュミレーション予測を見ると、
過去は8月に30℃~32℃の間というのが相場。
しかし……2020年までには「毎年35℃を超える」ようになるというのです。
Free photo: Iss, Space Station - Free Image on Pixabay - 548328 (38137)

まだ先の話ではあるが、2070年頃には40℃を超える年が出現し、東京にも災害規模の熱波が到来するようになると言われる。ちなみにその頃の東京では、1月に紅葉を迎えた後、冬がないまま春を迎える。そして、ゴールデンウィークから10月末まで1年の半分が夏になる。温暖化はそこまで行くと予想されているのだ。
実際に、東京の友人からは、紅葉がおかしいと既に指摘が入っています。
また、遠く離れた温暖化に無縁そうな北国でも、気温がおかしくなってきているのを肌で感じるのです。
梅雨が無いと言われる北海道も、なんとなくジメジメした雨が降ることもあり、
そして暑い夏がやってくることがあります。
夏でも30℃を超えることは、なかなかなかった北海道も
今年は驚きの30℃超えの真夏日が続いていました。
暑さだけではありません、↓↓↓
Free photo: Hot Day, Climate Change - Free Image on Pixabay - 2223455 (38140)

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふるさと納税“未経験”が8割弱|日本では馴染み無い寄付金で「所得税と住民税」控除

ふるさと納税“未経験”が8割弱|日本では馴染み無い寄付金で「所得税と住民税」控除

「ふるさと納税」を経験している方は少なく8割弱だという結果。ふるさと納税は、寄付金の申請が行え、自分の所得税や住民税の控除になります。寄付金といいますが、お肉だったり特産品やリゾート宿泊券など、様々な「返礼品」があります。個々の年収や家族構成によりますが、実質支払った2,000円以上は控除になることが多いようです。初歩的な控除についてもご紹介します。いまなら年内まだ間に合いますよ。
スズメバチに50分間刺され続けた愛媛県の87歳女性が死亡!! 車椅子を押していた介護者はなぜ助けられなかった!?

スズメバチに50分間刺され続けた愛媛県の87歳女性が死亡!! 車椅子を押していた介護者はなぜ助けられなかった!?

車イスでデイサービスに通っている女性がスズメバチに50分間刺され続け、150か所以上を刺され、多機能不全により死亡する事件が起きました。介護従事者はなんとか助けようとしたらしいですが、なぜこんな悲しい事件が起きてしまったのでしょうか?
鈴木康平 | 602 view
なぜ沖縄の若者4人がチビチリガマを荒らした? 「心霊スポット」や「肝試し」という名の死者への冒涜行為!

なぜ沖縄の若者4人がチビチリガマを荒らした? 「心霊スポット」や「肝試し」という名の死者への冒涜行為!

太平洋戦争末期の沖縄戦は多くの死者がでた悲惨な時代。集団自決に追い込まれた沖縄県読谷(よみたん)村では83人の死者の冥福を祈るため、「チビチリガマ」で遺品などが備えられています。そんな死者や遺族にとって大切な場所を心霊スポットの肝試しとして若者4人が荒らしました。安らかに眠る死者を冒とくする行為。なぜこんな残酷な事ができたのでしょう?
鈴木康平 | 497 view
O157の食中毒被害がポテトサラダから発生!! 夏場は食べ物への対策必須!!

O157の食中毒被害がポテトサラダから発生!! 夏場は食べ物への対策必須!!

埼玉県のスーパーで買ったポテトサラダを食べた女の子がO157の食中毒による重体となりました。衛生管理が徹底され、誰もが美味しく、安全に食べられるスーパーのポテトサラダ。なぜ事件は起きてしまったのでしょうか?
鈴木康平 | 191 view
メルカリで読書感想文など「夏休みの宿題」を買う時代!? 学校の先生は「見分けができる」と言いますが・・・

メルカリで読書感想文など「夏休みの宿題」を買う時代!? 学校の先生は「見分けができる」と言いますが・・・

洋服や雑貨など要らないモノを気軽に販売できる「メルカリ」。フリーマーケット感覚でお金を稼げる素晴らしいサービスですが、読書感想文や自由研究など「夏休みの宿題」が販売され問題になっています。
鈴木康平 | 391 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水