2017年11月30日 更新

星野リゾートが喫煙者の不採用を明言!|広がる禁煙ブーム&喫煙者排斥の動き

あまり知られていない事実かもしれませんが、高級ホテルの代名詞、星野リゾートは1994年から喫煙者は採用しないという方針を掲げ、現在もそれを守り通しています。オリンピックの開催も近づき、激しさを増す禁煙ブーム&喫煙者排斥の動き…。その先には、どんな未来があるのでしょうか。

756 view お気に入り 0

広がる禁煙ブームと、加熱する喫煙者排斥の動き

 (66864)

すかいらーくグループは、2017年11月末を持って東京都武蔵野市の本社オフィス屋上や社内の喫煙スペースをすべて廃止するほか、土日祝日を含め最寄りの駅、バス停から本社まで通勤途中の喫煙を禁じる。道なりに喫煙スペースがいくつもあるからだ。さらに、休憩の時間であっても周辺のコンビニ前で喫煙することも禁じる。「アイコス」などの電気加熱式たばこも同様だ。
喫煙者にとっては何とも衝撃的なニュースが飛び込んできた。

仕事中はもちろん、通勤途中や土日祝日であっても、社員の喫煙はNGだというのだ。

さらには、

「タバコはお吸いになりますか?」入店時に聞かれる喫煙の有無の確認は、サイゼによく行く人にとって恒例行事だ。しかし、再来年の9月以降には、この声掛けを耳にすることもなくなりそうである。国内に1000店舗以上あるサイゼリヤ全店が、完全禁煙となるからだ。
お店の中において、客もタバコを吸えない日が再来年には来るらしい。

どんどん広がっていく禁煙ブームは、まさに全国民の禁煙が成功するまで続けられそうな勢いである。

大手ホテルチェーン、星野リゾートでは、1994年から禁煙運動を開始

 (66863)

ホテル大手の「星野リゾート」は、他社に先駆け1994年から喫煙者の不採用方針を明確に打ち出し、現在も取り組みを続けています。その理由として、「ニコチン切れ」による集中力の低下や喫煙スペースの無駄、非喫煙社員の不公平感を挙げています。

これらが「企業競争力に直結する」問題として捉え、採用サイトでは喫煙者に対し「入社時にたばこを断つことを誓約して頂ければ、問題なく選考に進んでいただくことは可能です」と明記するといった念の入れようです。
喫煙者には選考に参加する権利すら与えないという念の入れようで、喫煙者である筆者からしてみれば、この字面を見ただけでゾクッとしてしまう。

その他にも、

 (66867)

喫煙者へのルールを作る企業が多い中で、非喫煙者を報いる制度を設ける企業も少ないながら存在します。マーケティング支援会社「ピアラ」(東京都渋谷区)は、2017年9月からたばこを吸わない社員に年間最大で6日間の有給休暇「スモ休」を与える制度をスタートしました。
きっかけは、「たばこ休憩は不公平」という社員からの意見。オフィスのある29階には喫煙所がないため、たばこを吸うには地下1階まで降りなければならず、喫煙1回あたり10~15分の休憩を取っているのと同じだと、非喫煙者から不満の声が上がりました。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

タバコを吸わない人に年間6日の有給休暇は「時代の流れ」か? それとも喫煙者への差別か?

タバコを吸わない人に年間6日の有給休暇は「時代の流れ」か? それとも喫煙者への差別か?

「タバコを吸わない人に年間6日の特別有給休暇を与えます」。ある企業が導入した独自の有給休暇がインターネットで注目を集めています。「時代の流れにのって素晴らしい」という一方で「差別では?」という批判的な声も・・・
鈴木康平 | 265 view
タバコは肺癌だけじゃない!? 口臭・虫歯・歯周病・・・医者が指摘する喫煙者への健康リスク

タバコは肺癌だけじゃない!? 口臭・虫歯・歯周病・・・医者が指摘する喫煙者への健康リスク

タバコといえば癌など生活習慣病への影響が心配です。しかし、タバコは「喫煙者の口内にも影響する」と医師は警告します。口臭や虫歯、歯周病・・・肺がんだけじゃないタバコのリスクを一緒に考えていきましょう。
鈴木康平 | 598 view
「アイコス」という加熱式タバコが人気を集めている 全国で品薄状態が続くアイスコは喫煙者の強い味方になるか?

「アイコス」という加熱式タバコが人気を集めている 全国で品薄状態が続くアイスコは喫煙者の強い味方になるか?

加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」が人気で品薄状態になっています。全国のコンビニや直営店で販売されていますが、儒教と供給が追い付いていない状態です。
鈴木康平 | 247 view
公務員楽すぎと誤解される!?あなたは「タバコ休憩」の時間は許せる? 許せない? 横浜市では年間損失15億円の声も・・・

公務員楽すぎと誤解される!?あなたは「タバコ休憩」の時間は許せる? 許せない? 横浜市では年間損失15億円の声も・・・

職場や公共機関などで減っている「タバコの煙」による副流煙の問題。 しかし、それに代わって問題になるのが「タバコ休憩」の在り方です。 頭を切り替えるのに必要な時間という考えもありますが、吸わない人はサボっているだけに思われるかも・・・
鈴木康平 | 1,045 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ