2018年8月24日 更新

女性モデルやタレントがSNSで“現在の体重”明かす傾向に!彼女たちの次なる”理想の体型”は?

最近、女性タレントが“現在の体重”を、自らSNSなどを通じて、明かすことが増えてきている傾向にあるようです。これまでも公に体重を明かしている芸能人は存在したものの、後に“サバ読み”が発覚することも・・。ところが昨今、この風潮に変化が。ローラやダレノガレ明美など、多くの女性芸能人が、自ら体重の公開を行ったり”増量を目標に掲げる”ようにまでなりました。その意図とは?彼女たちの次なる”理想の体型”とは?

88 view お気に入り 0

女性タレントが“体重”を明かす傾向に?

少し前まで、女性タレントが“体重”を明かすことは、極秘のように扱われてきましたが、最近では自らSNSなどを通じて、明かすことが増えてきているようです。
▼例えば、出産を経験するたびに体重を公開してきたタレントの熊田曜子さん。
 (94336)

これまでも産前や産後の体重や比較写真を公開し、話題になっていた熊田さん。
今月2日、再び自身のブログを更新し、第3子出産後の現在、体重が「54.45kg」と発表。その現実味のある数字が話題となった。
▼また、モデルのローラさんは今年7月5日、自身のInstagramで現在の体重を明かし話題になりました。
 (94340)

身長165センチのローラさん
▼ジムで汗を流した後のローラさんは、49.7キロと表示された体重計の写真をアップ。
 (94317)

(画像はローラさんが開設したワークアウト専用Instagramから)
BMI数値(約18.25)から見てもトップモデルらしい体重ではありますが、ローラさん自身は「どんなお食事をしてどのくらいの運動をするのかで見た目にでるからね!」
実際の数字よりも肉体美に重きを置いているそうで、「お家にも体重計をおいていないの!」とモデルとしては珍しいライフスタイルも明かしていました。
 (94357)

過去には体重“サバ読み”?暴露企画も

これまでも、公式プロフィールやウィキペディアなどでも、公に体重を明かしている芸能人は少なくなりませんでした。
しかしそれは、あくまでプロフィール上の数字であることが多く、いざ体重を測定すると“サバ読み”が発覚することも多い。
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

芸能人に広がる「ヘアドネーション」ブームとは?世界一髪の毛が長い女子高生の決意に感謝

芸能人に広がる「ヘアドネーション」ブームとは?世界一髪の毛が長い女子高生の決意に感謝

モデルでタレントのダレノガレ明美がツイッターを更新し世界一髪の毛の長い10代としてギネス世界記録に認定された女子高生が、彼女のツイートをきっかけに「ヘアドネーション」に髪の毛を寄付することを決意したことを知り、喜びの言葉を表しました。ヘアドネーションとは?認知度はまだ低く、需要と供給のバランスが取れていない現状のようですが、実は、積極的にヘアドネーションに参加している女性芸能人は意外に多いようです
3か月で体重-12.2kg!佐藤仁美の大変身に「これはモテる!」の声と驚き?“痩せる前”の・・

3か月で体重-12.2kg!佐藤仁美の大変身に「これはモテる!」の声と驚き?“痩せる前”の・・

17日に「ライザップ」の新CM記者発表会が行われ、女優の佐藤仁美が美しく引き締まったボディーに大変身した姿を披露。お酒が大好きな上に、ズボラな性格?ですっかりふくよかになってしまった彼女は一念発起!ダイエットに挑戦し、約3カ月間で体重は激減。すっかり美しく引き締まったボディーに変身しました。彼女が成功した秘訣は?一方で、SNSなどでは、佐藤さんが痩せたことよりも”あること”に驚きの声があがりました
「インスタ映え」求め”架空の自分”を演出?日本経済を牽引する”ミレニアル世代”のこだわり

「インスタ映え」求め”架空の自分”を演出?日本経済を牽引する”ミレニアル世代”のこだわり

最近よく耳にする「インスタ映え」。これは「Instagram」に投稿するのに適した写真を指す言葉で、流行や旬を取り入れた写真のことを指します。そして、このSNSが、今の日本経済を押し上げている話題に。主な利用者は”ミレニアル世代”と言われる若者。彼らは、自分がどう生活したいかではなく、SNSで「自分がどう見られるか」をまず考えて行動します。なぜ、彼らは、そこまでインスタ映えにこだわるのでしょうか?
”世界一稼いだ”イギリス人女性モデル、カーラの年収が凄い!男性モデルのダントツは?

”世界一稼いだ”イギリス人女性モデル、カーラの年収が凄い!男性モデルのダントツは?

下着ブランドのブルーベラが監修した「世界で最も稼ぐモデル」トップ10が発表。1位に輝いたのは、カーラ・デルヴィーニュ。ケイト・モス、ナオミ・キャンベルなどを抑え、モデル内での長者番付トップに躍り出ました。昨年はシャネル、プーマなどの提携により約11億6000万円の収益を上げたと言われており、単純計算1日に約320万円を稼いでいたことに!彼女はSNS上での活躍がトップになった理由の一つとされています
SNS集客は”自動化”でサポート 今話題のツールで「ソーシャルメディア」を育てる

SNS集客は”自動化”でサポート 今話題のツールで「ソーシャルメディア」を育てる

今週のゲストは、元お笑い芸人で「株式会社オタケン」代表取締役の大田賢二さん。今回は「SNSの集客」がテーマ。彼はメインの仕事でSNS集客のサポートするツールを販売。また今話題のインスタのツールも開発されたとか!SNSやブログなど、ビジネスでコミュニケーションを重視してもらえるように、”他の部分”は自動化できる仕組みとのこと。具体的に、大田さんのツールを使って、どんなことができるのか聞いてみましょう

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事