2017年5月14日 更新

「ダウンタウン」が生み出してきた新語。笑いの癖でコンビの相性を検証

デビューから35年も経った今なお、若手芸人にとってあこがれの存在「ダウンタウン」。現存している言葉をアレンジして、「新語」として誕生させてしまう技をもっている松本人志さん。皆さんもどれか一度は聞いたことのある「新語」について振り返ってみましょう!20日に放送された日に放送された日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演した際には、笑う時のクセの違いから、専門家により「ダウンタウン」は、コンビとしての相性が「かなりいい」と診断される一幕がありました。

537 view お気に入り 0
デビューから35年も経った今なお、若手芸人にとってあこがれの存在「ダウンタウン」
現存している言葉をアレンジして、新語として誕生させてしまう技をもっている松本人志さん。

皆さんもどれか一度は聞いたことのある「新語」について振り返ってみましょう!
 (20010)

ダウンタウンの松本人志さん(53)と浜田雅功さん(53)
50歳を過ぎてもなおエネルギッシュな姿勢は、芸人の指標になっている。
松本人志は、手垢が付いた笑いを極力避ける。どんどんリスクは増えるが、だからこそ、言葉のセンスが物をいう。現存している言葉をアレンジして、新語として再生させるのだ。
 (20015)

”KY”と略されるまでになった「空気を読む」

たとえば、KYと略されるまでになった「空気を読む」。これは、松本発だ。
バラエティ番組では、すべったことを逆手にとって、爆笑につながるパターンがあるが、KYはその逆。情報能力が欠損しているタレントが放った言動で、その場の空気がフリーズしたときに使われる。
 (20017)

厳密にいうと、空気は読むものではない。しかし、収録現場で流れた空気を松本は「読む」と解釈し、嫌味を込めて口にした。

すべった状況や人を「さぶい」と表現

同じく、すべった状況や人を「さぶい」と表現したのも、松本さんでした。
関西弁で言うこれは、標準語の「寒い」を意味しています。
素っ頓狂な発言や行動で、その場の雰囲気が凍結、「寒い」と感じたことがルーツだと思われる。
 (20018)

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

平成最後の「ネットニュースランキング 2018」発表!今年、最も活躍が注目されたタレントは?

平成最後の「ネットニュースランキング 2018」発表!今年、最も活躍が注目されたタレントは?

メディアの調査・測定を行う企業は12月12日、「Yahoo!トピックス」と「LINE NEWS」を対象にした『2018タレントネットニュースランキング』を発表しました。”平成最後”となる今年。一番ネットで”話題になった有名人”は・・?映画やネットだけでなく、TVやメディアなどでも有識者として発言が注目された”あの人”もランクインしたようです。そんな話題となった人の最近のエピソードもまとめてゆきます
松本人志「M-1」暴言騒動をバッサリ!上沼恵美子と”コンビ”結成?「審査員引退」の可能性も

松本人志「M-1」暴言騒動をバッサリ!上沼恵美子と”コンビ”結成?「審査員引退」の可能性も

「M-1」の審査員を務め、終演後に芸人から動画配信で、批判された上沼恵美子さんが、9日放送のTV番組に出演。彼女は、M-1翌日のラジオ番組で「審査員は引退」と宣言したものの”騒動”については、その後に知ったとされます。さらに、同じく審査員を務めた松本人志さんも、同日放送の別番組で”審査員引退”の可能性があること、今後の”予想外のビジョン”を披露しスタジオを笑わせる一幕も。その様子をまとめていきます
ダウンタウン浜田に“激似”の「男梅蔵」とCM共演?”ノーリアクション王決定戦”が発端

ダウンタウン浜田に“激似”の「男梅蔵」とCM共演?”ノーリアクション王決定戦”が発端

松本は浜田に黙って、キャンディーやグミなどの「男梅」(ノーベル製菓)シリーズのキャラクター“男梅蔵”とのCM共演を企画したことを暴露する。CMは「滝修行篇」などでおなじみ。そんな中、CMキャラクターとの共演を勝手にオファーされていたことが発覚しました。きっかけは6月25日放送の「ノーリアクション王決定戦」。リアクションを我慢する浜田の顔が「どう見ても『男梅』にしか見えない」と盛り上がり、今回、番組側からノーベル製菓にオファーを出した。
「浜田さんのご趣味は、ゴルフとエロ」ダウンタウンの妹分・YOUが語る浜田雅功の”素顔”とは

「浜田さんのご趣味は、ゴルフとエロ」ダウンタウンの妹分・YOUが語る浜田雅功の”素顔”とは

浜田雅功とゲストの“相方”スタッフが”五分五分”の立場でロケを行う「ごぶごぶ」。今回は、浜田さんと約30年の付き合いがある“妹分”YOUが2週連続で登場!大阪の街を巡り、ダウンタウンと出会った当初の関係性について語りました。若かりし浜ちゃんの暴挙が明らかに?また「浜田さんのご趣味は、ゴルフとエロ」と断言する彼女のリクエストから、後編では「男ならみんな大好きなもの」を用意して浜田さんをもてなしました
ストイックすぎ市原隼人、浜ちゃんへ暴走?役作りは”奇人の域” 心掛けるセルフコントロールとは

ストイックすぎ市原隼人、浜ちゃんへ暴走?役作りは”奇人の域” 心掛けるセルフコントロールとは

10月26日放送の「ダウンタウンなう」の人気企画「本音でハシゴ酒」に、俳優の市原隼人が出演。演技にストイックなことで知られる市原さん。ケンカのシーンでも一切手を抜かないため、共演シーンで胸ぐらをつかまれた経験のある俳優仲間から衝撃の証言が。さらに、どのくらいの熱量か、確かめるため、浜ちゃん相手に再現されると視聴者からも反響が!その後も、公私ともに市原さんの“やりすぎ”エピソードが次々披露されました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事