2017年5月6日 更新

「アイコス」という加熱式タバコが人気を集めている 全国で品薄状態が続くアイスコは喫煙者の強い味方になるか?

加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」が人気で品薄状態になっています。全国のコンビニや直営店で販売されていますが、儒教と供給が追い付いていない状態です。

249 view お気に入り 0

●加熱式たばこ「アイコス」はなぜここまで大ヒットするのか?

電車の中やオフィスでぷかぷかとタバコの煙が充満していた古き時代。
そんな時代は終わりをつげ、タバコを吸う人が少なくなってきました。

男性でもタバコは吸わないという人が目立つようになり、喫煙者は形見の狭い思いが増えました。
そんな喫煙者の強い味方として登場したのが加熱式タバコの「アイコス」です。
Free photo: Smoke, Tobacco, Smoking - Free Image on Pixabay - 1001667 (21417)

加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」が大ヒット中だ。フィリップモリスが世界20カ国で展開、日本でも全国のコンビニや直営7店舗で販売しているが、加熱式たばこの市場で独り勝ちしている。『日経トレンディ』では2016年のヒット商品番付で3位、日経MJでも”東の前頭”にも選ばれた。
フィリップモリスが世界20か国で展開中の人気の加熱たばこ。
直営店はもちろん、コンビニでも販売されていますが、品薄状態が続き、市場の一人勝ちを独占しています。
日本における加熱式たばこの市場は、すでに約200万人に達しているとみられ、これは全喫煙者の10%を超える。海外でも拡大しており、英ユーロモニター・インターナショナルの発表では、世界の加熱式たばこ市場は、2014年に70億ドル(約8000億円)、2030年には510億ドル(約6兆円)に拡大すると予想している。
Free illustration: Business, Internet, Web, Technology - Free Image on Pixabay - 1012761 (21421)

アイコスが登場したのはつい最近の2015年。
電子たばことして広まっていますが、正式には電子たばこではなく「ヒートスティック型タバコ」といいます。

普通のタバコはマッチやライターで火をつけますが、アイコスは火を使わないのに普通のタバコと変わらない味が楽しめる・・・
それが喫煙者の心をとらえています。
日本のたばこ市場に久々の革新が起きている。電気で熱する「加熱式たばこ」だ。灰や煙、嫌なにおいが出ず、周囲に迷惑をかけにくい。2020年の東京五輪・パラリンピックをにらみ、厚生労働省は屋内の全面禁煙を提言している。

屋内禁煙が決まった場合、加熱式が紙巻きと同様に規制されるのか、それとも例外とされて普及へ火が付くのか。
 「いずれは全ての紙巻きたばこをアイコスに変える」。フィリップモリスジャパン(東京・港)のポール・ライリー社長は言い切る。健康意識の高まりや規制強化など、環境は厳しい。そんな右肩下がりの業界に誕生した加熱式たばこは、起死回生のアイテムだ。
Free vector graphic: Cigarette, Nicotine, Dependency - Free Image on Pixabay - 150153 (21425)

電子タバコはアイコスが世界初ではありませんが、人気が爆発したというワケではありません。

理由は様々ですが、普通のタバコの雰囲気や味が楽しめないから。
そんな理由が多いようです。

「全然美味しくない」、「普通のタバコを吸った気になれない」。
そんな喫煙者の声に応えるように登場したのがアイコスです。
アイコスで残念なのは、口から出る水蒸気には若干のニコチンとグリセリンが含まれてしまうようなので、副流煙問題はクエスチョンマークといえること。そのため既存の規制上では、「パイプ製品」に分類され、喫煙所での使用となっている。
加熱式タバコのアイコスですが、値段は普通のタバコとほとんど変わりません。
完全に同じではありませんが、それでも多くの喫煙者に受け入れられています。
現実にヤフーオークションなどでは、限定色の新品が実質2倍以上の1万5000~2万円くらいで、大量に売られている。もっとも最近では、アイコスのHPを通じたオンライン注文で、発注日から2週間程度での発送予定ということで、ようやく少し落ち着いてきているようだ。
Free illustration: Lady, Chess Piece, Kreispuzzel - Free Image on Pixabay - 1721678 (21429)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「IoT」って何? 生活のモノにインターネットが導入されると私達の働き方はどう変わる?

「IoT」って何? 生活のモノにインターネットが導入されると私達の働き方はどう変わる?

「IoT」は「Internet of Things」の略でパソコンやスマートフォンなどの情報通信機器を超え、全てのモノにインターネットがつながる事です。ライフスタイルやビジネスに大きな影響を与えると話題を呼んでいます。
socialzine管理部 | 184 view
正社員副業はできるのか?禁止なのか?アルバイトや在宅仕事もありますが、本業に支障がないようにしましょう

正社員副業はできるのか?禁止なのか?アルバイトや在宅仕事もありますが、本業に支障がないようにしましょう

政府の発表により正規雇用の副業は原則禁止から原則容認に変わります。アフィリエイトなどいろいろな副業がありますが、どのように私達の社会に関係するのでしょうか?
socialzine管理部 | 410 view
大宮風俗ビル火災で4人が死亡! ソープランドで死亡した遺族へのプライバシーはどうなる?

大宮風俗ビル火災で4人が死亡! ソープランドで死亡した遺族へのプライバシーはどうなる?

さいたま市大宮区のソープランド「Kawaii大宮」が全焼し、4人が死亡、1人が重傷、7人が軽傷という火事が起きました。建物南側にあるごみ捨て場から火元だった可能性があり、警察は原因を調べています。
鈴木康平 | 5,034 view
LINEの送信取り消し機能がスタート! 最新バージョンで誤爆が防げる!?

LINEの送信取り消し機能がスタート! 最新バージョンで誤爆が防げる!?

コミュニケーションツールとして家族や友達、恋人で連絡する人も多いLINE。SNSとしてスマートフォンでお世話になっている人も多いでしょう。LINEを使った人なら一度は経験する誤送信。送信先を間違えたり、内容が途中なのに送ってしまいバカにされたり、相手を不愉快にしてしまった・・・そんなトラブルを解消のためLINEの送信取り消し機能がスタートしました!
鈴木康平 | 207 view
2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

従業員に精神面や身体的な負担を与え、労働環境やノルマ、就業規則などを改善しない「ブラック企業」。会社員のうつ病など精神面での不安、離職率など大きな問題になっています。日本に数あるブラック企業の中でも特に有名、さらに過労死などの問題を起こした「ブラック企業大賞2017」が発表されました。
鈴木康平 | 3,409 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平