2017年8月28日 更新

憧れの生き方「タモリさん」自由で自然体|なぜタモリさんがうらやましいのか

タモリさんと言えば「うらやましい」「憧れる生き方」「楽しそう」と言われるビック3の大物。しかし、シュールな名言ともいえる「友達なんていらない」「他人に期待しない」を知っている方も多いはずですね。どうしてだろう、肩の力をぬいている自然体に見えるタモリさん。彼の人生哲学かもしれない言動をご紹介します。今からだって、何も遅くないんじゃない、そう聞こえてきそうです。

2,073 view お気に入り 0
「お笑いビッグ3」タモリだけがうまく生きている「これだ...

「お笑いビッグ3」タモリだけがうまく生きている「これだけの理由」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(2/3)

いつも飄々として楽しそう。でも正直、何を考えているのかよく分からない。すべてをさらけださない。いつの間にかお笑いという枠からも外れて、独自の道を歩く。そんなタモリがうらやましい。
いくつものしがらみにとらわれて、身動きできないビジネスパーソンが多い。それだけに、気楽な人生を送っているかに見える、タモリの生き方は「憧れの的」として映る。
「お笑いビッグ3」と言われるタモリさんの話題になると、どこを見ても「うらやましい」「憧れる生き方」と取り上げられることが多いですね。
私生活を大っぴらにしていない、しかも目立つわけでもないのに、タモリさんの名言というのも有名になっています。どうしてだろう、「毎日楽しそう」「肩の力をぬいている」「無理していない」と感想がこぼれる。
そんなタモリさんの、これが彼の人生哲学だという言動をご紹介します。今からだって、何も遅くないんじゃない、そう聞こえてきそうです。
Free photo: Musician, Acoustic Guitar - Free Image on Pixabay - 364150 (46705)

タモリ(71歳)は、つかみどころのない人である。でもなぜか「あんなふうに生きられたら楽しそうだな」「幸せそうだな」と思わせる不思議な雰囲気を持っている。
もともとタモリは内輪ウケの「密室芸」を得意とした「キワモノ素人」としてテレビに登場。『今夜は最高!』('81年、日本テレビ系)などいわゆる「夜の顔」だったのが、『いいとも!』で昼の顔となり、老若男女から親しまれる存在となった。なぜ本来、大衆的でないタモリに人は好意を抱くのか。どこに魅力を感じるのか。
まずはその知識の豊富さ、頭の良さだろう。
Free illustration: Silhouette, Head, Bookshelf, Know - Free Image on Pixabay - 1632912 (46706)

また、タモリさんは普通の人が興味を持ちそうなことを「本気で興味を持って行う」といいます。
鉄道、ヨット、アマチュア無線、古地図……多趣味としても知られるタモリだが、趣味を仕事にまで「昇華」するのが彼の特技だと言える。
なぜ「タモリの生き方」は憧れの的なのか | プレジデン...

なぜ「タモリの生き方」は憧れの的なのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

「常識人のタモリさん」だからこそ常識を壊せる

タモリさんは、決してウンチクを傾けるわけではなく、ちょっと違う視点で気づきを与えてくれるので、聞いているほうも心地よい感覚になるんです。
博識のタモリだが、決してそれを自分からひけらかしたりはしない。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

堀江貴文氏“渾身”の書「多動力」で人生を変えよう|ホリエモンが言う越境者“レア”存在

堀江貴文氏“渾身”の書「多動力」で人生を変えよう|ホリエモンが言う越境者“レア”存在

堀江貴文氏(ホリエモン)が渾身の力で書いた話題のビジネス書「多動力」をご紹介します。モノがインターネットですべてヨコにつながる時代。すでにはじまっている負け組への警告を受けないように、「越境者」となり、そして重要な「多動力」をつけていくこと。多動力を身につけ「あなたはレアな存在になること」が大切なのです。あなたの人生を大きく変えることができるかもしれません。
夢を叶える「必ず達成する人」の方法|絶対的に足りないのは“夢を目標にかえる”設定

夢を叶える「必ず達成する人」の方法|絶対的に足りないのは“夢を目標にかえる”設定

あなたの周りにもいないでしょうか。何度でも、夢を叶えて成功を収めている人。では、なかなか達成できない人との大きな「差」は、なんでしょうか。絶対的に足りないこと、それは「設定方法」が正しくないこと。あなたの“夢”を“目標”に変え、目標を達成させ成功人生を手にするための方法をご紹介します。叶えたいことは、何度でも実現できる設定に切り替えてしまいましょう。
クラウドソーシングで働き方が激変|人手不足補うネット“400万人”に迫る

クラウドソーシングで働き方が激変|人手不足補うネット“400万人”に迫る

働き方が変わってきていると言われていましたが、近年は目まぐるしく変化しているようです。いわゆる「クラウドソーシング」が分かりやすいでしょうか。インターネットで仕事をする人が“400万人”に迫る勢いだと日本経済新聞でも取り上げられています。たった3年で2.6倍ですので、どこでも苦悩している採用担当。大事な人手不足の助けになってきているようですよ。日本でも大きな成長であり、個々のライフスタイルが変化してきているようですね。
人生を上昇下降させる「貯金」がきっかけ|人生は株価の動きに似ている

人生を上昇下降させる「貯金」がきっかけ|人生は株価の動きに似ている

人生には浮き沈みがありますが、上昇下降させるきっかけになるのは「貯金」だと言います。貯金というよりも必要な蓄えを持てない人は、なかなか成功することも富を築くことも難しいかもしれません。そして「人生は株価の動き」に、実によく似た基本構造をもっていると語られています。あなたの人生はどう動いているでしょうか。なぜ、蓄えがきっかけになるのかご紹介します。
再発掘「マインドマップ」|仕事、人生に迷ったら試してみよう

再発掘「マインドマップ」|仕事、人生に迷ったら試してみよう

今は「マインドマップ」を知らない人はいないほどの“思考方法”ですね。芸能人も、できるビジネスマン、成功者も、マインドマップを勧めているのを目にします。発想力、記憶力、理解力、そして問題を解決する力まで高められると言われていますが、「どんな仕事がいいのだろうか」と考える“行き詰まり感”にも、スタンフォード大教授がマインドマップを勧めています。手書でもアプリでも「落書き程度」にスタートしてみませんか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水