2017年10月23日 更新

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?

239 view お気に入り 0

●国内に5万人がアルコール無しではいれない状態!?

お酒は20歳を過ぎてから・・・
誰もが知っている言葉ですが、国内にはアルコール無しではいられない人がたくさんいます。

約5万人がアルコール依存症の治療を受けていますが、予備軍や治療を受けていない人も含めると推定100万人を超すと言われています。

お酒と上手な付き合い方ができればそれに越したことはありません。
しかし、過剰飲酒による運転、ストレス、依存症など問題を抱える大人も多いようです。

アルコール依存症を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
その答えは「1人酒」にあるようです。
Free photo: Rose, Red Rose, Cigar - Free Image on Pixabay - 1473693 (59548)

アルコール依存症患者は国内で約5万人が治療を受け、推計では100万人を超す。過剰飲酒を繰り返す予備軍も多く、本人や周りの家族らが早めにリスクに気づき、飲酒量を減らす、断酒するといった対策に乗り出すことが大切だ。
「飲酒量と依存症の関係」について、酒ジャーナリストの葉石かおりが、成増厚生病院・東京アルコール医療総合センター長の垣渕洋一さんに取材してお届けしているシリーズの2回目。前回記事「『私とお酒どっちが大事?』 酒と答える依存症の末路」を読んで、酒量の多い人で、「果たして自分は大丈夫なのか」と不安に思った人は多いだろう。
 まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。
Free photo: Alcohol, Hangover, Event, Death - Free Image on Pixabay - 428392 (59552)

一人で休日を過ごす時は、あれもこれもやりたい! と思いつつ気がついたら一日が終わってしまう……という人も多いのではないだろうか。マイナビニュース会員の女性400名に「一人でいる時の過ごし方」を聞いてみた。
アルコール・薬物の依存症治療に詳しい埼玉県立精神医療センターの成瀬暢也副院長は「1人酒は注意が必要」と仰っています。

家族や友達、職場の同僚など心許せる人間関係とお酒を楽しく飲めば、自然とアルコール量が調節されます。

しかし、1人酒だとうペースが早くなり、飲酒のコントロールを失うほどお酒を飲んでしまう可能性があるようです。
アルコール依存症は個人の健康を損なうだけではなく、家族や友人とのつながりや社会の生産性などの観点からも、大きなデメリットとなる。

一度依存症になってしまうと、そこから脱却することは非常に困難だが、その一助となりうる可能性を秘めた新薬がこのほど登場したようだ。
Free photo: Bottles, Alcohol, Form, Three - Free Image on Pixabay - 1640819 (59556)

秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載されていた本作は、作者とその家族を描いたエッセイ。菊池は過去には「酔った父はイヤだけど、このくらいなら普通の範囲じゃないか」と考えていたが、友人の付き添いでアルコール依存症セミナーに行ったことがきっかけで「父も依存症だったかもしれない」と気付いたという。
目が冴えて眠れないときに、寝酒に頼った経験がある人は少なくないだろう。
国際比較調査によると、不眠で悩んだときの対策として、日本人は寝酒がトップ。しかも全体の3割を占め、他国の1~2割と比べて高い数値となっている。その一方で、「医師に受診する」「睡眠薬を飲む」の割合の低さが際立つ
アルコールにはストレスを軽減し、明日を元気にする力が秘められています。
しかし、適度な量で自粛する姿勢が必要です。

仕事や人間関係のストレスから逃げるためにお酒を飲み、量が増えればアルコールの効き目が薄くなり、より飲酒量を増やしたり、アルコール濃度の強いお酒を求めたりするようになります。

また、生活習慣病のリスクも増え、健康な身体から不健康な状態に・・・
Free photo: Beer, A Pint, Cup, Alcohol - Free Image on Pixabay - 199652 (59560)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

離婚や癌宣告、配偶者の死、未婚・・・私たちの生活は数十年前とは違い、独りぼっちで死ぬ環境が整いつつあります。自由度が高まり、幸せの定義が曖昧な時代。独りぼっちで死ぬ事が「不幸」と思っていませんか?そんなアナタに江原啓之氏が届けたい言葉。これらを紹介します。
鈴木康平 | 365 view
ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

時間やお金に余裕がでたら人間は誰かのために行動を起こしたくなるのかもしれません。それは大学生などの学生かもしれませんし、社会人や主婦、シニア世代という事もあるでしょう。ボランティアを始めるのは人間的に素晴らしいですが、「何からスタートすればいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。そんなボランティアの始め方を紹介します。
鈴木康平 | 65 view
「凶悪犯罪に手を染めた人」は家庭料理に縁がない!? 「お母さんの手作り」には見えない力がある!?

「凶悪犯罪に手を染めた人」は家庭料理に縁がない!? 「お母さんの手作り」には見えない力がある!?

インターネットやニュースを騒がす恐ろしい凶悪犯罪。成人した犯人もいますが、まだ未成年の凶悪犯罪者も世の中には存在します。専門家が調べたところ、凶悪犯罪や猟奇殺人を起こした犯罪者やサイコパスは家庭料理を食べた経験があまりないようです。手作りのお弁当には見えないパワーがあるのかもしれません。
鈴木康平 | 190 view
「忙しい日本人」こそ実践してほしい「デンマーク式心の休め方」 幸せな自分を見つけましょう!

「忙しい日本人」こそ実践してほしい「デンマーク式心の休め方」 幸せな自分を見つけましょう!

社会人になると時間の感じ方が早くなる気がします。小学生の頃はあんなにゆっくりと流れていた時間が就職し、スーツを着るとすぐに時間が流れる。結婚し、出世もしたのに何か物足りない自分がいる。そんな時はデンマーク式の心の休め方。「ヒュッゲ」の考え方を生活に取り入れてはどうでしょう?
鈴木康平 | 164 view
高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

ニュースで騒がれる事もあるゴミ屋敷。周りの事を考えない偏屈な方が引き起こす自己中心的な行動。そう考える人もいますが、ゴミ屋敷の中には「ゴミを捨てたくても捨てられない」という「ゴミ出し難民」もいるようです。高齢者に多く、健康被害を引き起こし、孤独死の原因となる可能性も・・・
鈴木康平 | 266 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平