2017年1月9日 更新

くしゃみの時速320キロ!|新幹線「はやぶさ」なみの超特急“ウィルス”にはご注意ください

この季節は、特に注意したい風邪やインフルエンザ。人混みでいつのまにかもらってきてしまう時期でもあります。一声「ハックション!!」で飛んでくるスピードは、なんと「新幹線はやぶさ」なみの速さだとか。避けられない、その超特急には「お気を付けください」

329 view お気に入り 0
 (1127)

くしゃみとは、鼻のなかに異物が入ったりして軽い刺激が加えられた際に、肺のなかの気圧を上昇させることによって発生する呼気のことを指す。
鼻に入ったゴミや細菌・ウイルスなどの異物を身体の外に追い出そうとして反射的に起きる「防御反応」なのだ。
くしゃみや咳が、風邪やインフルエンザのウイルスを拡散することはよく知られている。だが、たとえば一発のくしゃみがどのぐらいの速さで、どのくらい遠くまでウイルスの入った唾液や鼻水を飛ばすのかには諸説ある。
 (1135)

くしゃみの時速「喉から新幹線‼」 

しかしくしゃみによって吐き出される呼気の速度は、なんと時速320kmにまで達することもあります。
ネタかと思いました。この時速をだされたら、それは拡散力も一瞬です。
その速度を出せる新幹線は、東北新幹線「はやぶさ」
宇都宮-盛岡間で時速320キロ。
どのぐらい早いのか、Youtubeで「はやぶさ」を確認しましたが、
このスピードが「くしゃみ」だと思うと、静かに見つめてしまいました。
新幹線が通過する際にフォームで流れた「 ご注意ください 」のアナウンスに、
何とも言えない微妙な感覚を持ったのは言うまでもないのですが・・・・・・
 (1136)

大谷のストレートより2倍速い

1回のくしゃみで放たれる「ウイルスの数」

ウイルスは、1回のせきでおよそ10万個、くしゃみでは100万個も吐き出されています。
ちなみに、インフルエンザに感染した人のくしゃみには、約200万個のウイルスが含まれ、感染源となる唾液を約3メートル先まで飛散させると言われている。
Free photo: Boy, Winter, Snow, Smoke, Girl - Free Image on Pixabay - 1275645 (1138)

ちなみにせきは時速160kmものスピードがあります。チーターの速度は110kmなので、それと比べても勝る速さです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「銀熊賞」受賞のウェス・アンダーソン監督が”熱望”!「AKIRA」の大友克洋と夢のコラボ

「銀熊賞」受賞のウェス・アンダーソン監督が”熱望”!「AKIRA」の大友克洋と夢のコラボ

5月公開のウェス・アンダーソン監督による映画「犬ヶ島」。日本を舞台に”犬インフルエンザ”の大流行により、島に隔離された愛犬を探す少年との冒険を描いたアニメ作品。気になる声優キャストも”超”豪華です!また「AKIRA」などで知られる漫画家・大友克洋が、アンダーソン監督たっての熱望により、コラボイラストも!今回は大の日本好きで、独特な世界観を持つアンダーソン監督の作品に共通する”特徴”にも触れてみます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水