2018年10月23日 更新

「OyaG」(オヤジー)トークライブにロンドンブーツの田村淳さんが登場!

田村淳さんは、ツイッターが普及しだす頃から、淳の休日といった、ツイッター発の仕掛けを数多く手がけてきた一人。そんな淳さんが近年のテレビ情勢のほか、地震のロックバンドの熱いトークなど、話題が炸裂しました♫

114 view お気に入り 0

トークライブにロンドンブーツの田村淳さんが登場!

2018年10月13日(土)、東京・西麻布のBAR FREFREにて、第29回「OyaG」トークライブが開催されました。”オヤジの毎日をかっこよく”をコンセプトに、毎回豪華すぎるゲストを招き展開してきたトークライブの今回のゲストはロンドンブーツの田村淳さん。MCを担当するのはラッパ狩リヤのMr.Qさん。田村淳×Mr.Qの2人が織りなす軽妙なトークで会場は爆笑の渦に。約2時間にわたり大いに盛り上がったトークライブを一挙公開しちゃいます♪
 (98418)

ニュースで教えてくれない話を知りたい

最近のテレビ番組を見ていない人も多く、さらに以前は地上波でできた企画ができなくなっているんですよね。地上波ではなかなか挑戦できないことが、東京MXテレビやBS、スカパーなどで実現できることもあり、現在は地上波以外の番組を多くやってます。
この前は、覚せい剤使用でお茶の間を賑わせてしまったゲストを呼んで、番組で”しゃぶしゃぶ”を食べながら、覚せい剤の話をしてもらうという企画をやりました(笑)。メディアでは伝えてくれない真実を伝えたいという思いから番組がスタートしたんです(淳)
「他にも、「渋谷で精子をください」という企画をやった時は、不妊治療は男子も半分なにかしらの理由があって、チェックしないとダメだということで始まった企画です」(淳)
TENGAの松本社長と、精子だけのお見合い企画をやろうということになって、一般男子20人くらいに採取してもらい、精子が優雅に泳ぐ光景をアイフォンの光に照らすと神々しく光っていて。アベマリアを聴きながら、お見合いにきた女の子たちが「この精子、ちょーかわいいって言っているやつとか、そんな企画をやってきましたね(笑)。
僕は普段こんなモテたことないけど、精子がなんか可愛いって理由で、そこから生まれたカップルもいるんですよ。反対に精子がモテない男子はめちゃめちゃ落ち込んで帰るんです(淳)
 (98421)

そんな面白い企画力を持つ淳さんにQさんが質問攻めしました。

ー元々企画などを考えるのが得意だったんですか?

昔から新しい提案する事が好きだったから、この仕事をやりたいと中学の頃から思っていて、コンビ、バンドも学生のころからやってた。甲本ヒロトさんやジュンスカイウォーカーが好きで、コピーバンドやっていたんです。

ーどんな子供時代だったんですか?

高校の時も自分の好きな人には必ずアタックしていた。自分の思いを絶対に伝えないと気が済まないタイプで、街中ですれ違っても、電話番号聞いてたし、想いは絶対に伝える。伝えなかったという後悔は一度もないですね。
小学校の時も、低学年の頃から学級委員に立候補するタイプでした。小学1年生の頃から生徒会長やりたいって思っていて、立候補しましたね。

ー田舎から出てきた時はどんな生活をしていたんですか?

山口県下関でバンドとコンビ組んでいて地元の大会で優勝して下関で認められてから東京に出てきて、東京原宿の5万円のアパートで生活を始めた。一緒に来た友達は、東京に合わなくて下関に帰ってしまって。
僕が18歳のときに28歳の田端さんという芸人を紹介されて、いっ時コンビを組むんですけど、田端さんが考えてきたはネタ一つも面白いと思わいって本人にいっちゃったり(笑)。その後苗字が同じ田村亮さんを紹介してもらったんだけど、田端さんと比べると、何をどうとっても田端さんよりいいから、コンビを組むことに(笑)。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部


おすすめの記事

今注目の記事