2018年12月14日 更新

洋菓子のクラブハリエ2019年バレンタイン新作商品も続々登場!

洋菓子のクラブハリエは、2019年1月25日から2月14日までの期間、滋賀県内直営店6店舗のほか、ラ コリーナ近江八幡、B-studio9、通販でバレンタイン商材を発売するほか、CHうめだ阪急店、東京大丸、池袋西武、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、神戸大丸、京都高島屋、うめだ阪急で開催されるバレンタイン催事に「クラブハリエValentine Collection 2019」を出店し、2019年のバレンタインの新作15種類を販売します。早速新商品をピックアップしてみました♪

632 view お気に入り 0
クラブハリエがお届けする新作ボンボンショコラ「ショコラアソート2019」(2484円)は、フランボワーズ、ラムレーズン、ピスタチオなど全8個入りのチョコレート詰め合わせセット。

世界大会出場経験を持つトップクラスのパティシエが、技と感性を最大限に発揮した自信作です。
本場のフランスなどでは、ボンボンショコラは定番のチョコレート菓子ですが、日本ではまだまだボンボンショコラを普段食べるという文化が根付いていないのが実情だと思います。そんな日本で少しでもボンボンショコラの魅力を知ってもらいたいために、今年も難しい技術を駆使して施策を発表しました。ぜひ味わってもらいたいですね(山本グランシェフ)。

第4のチョコレートとして話題「クラブハリエルビーアソート」

 (102919)

今年、チョコレート業界に突如現れた第4のチョコレート「ルビーチョコレート」は、大手チョコレートメーカーや洋菓子メーカーなどがこぞって新商品を投入したことで一躍有名に。

そんなルビーチョコレートを贅沢に使用した新商品が今年初めて登場しました。
「クラブハリエ ルビーアソート」(4320円)は、クラブハリエの技術力によって、ルビー本来の色と味を最大限に引き出しました。

ルビーチョコレート本来の味わいが楽しめる「タブレット」、ルビーチョコレートをアレンジした「ボンボンショコラ」、そして、ルビーチョコレートをパウンドケーキにした全3種類のアソートの誕生です♪
ルビーチョコレートは、加工すると鮮やかなピンク色がグレーのように変色しやすい性質を持っているために、とにかくあざやかなピンク色のまま商品化する事が難しく、このピンク色を保つためにとても苦労しました。加工してピンクを出すことに必死に挑戦し続け、特に焼き菓子も焼いてしまうとピンク色が落ちやすいのですが、ほぼピンク色の「パウンドケーキ」に仕上げる事ができました(山本隆夫代表取締役社長グランシェフ)。

クラブハリエのバレンタイン定番商品「ショコラバーム」

 (102920)

そのままでも、レンジで温めてチョコレートを溶かしてもどちらも美味しくいただける「ショコラバーム」(1944円)は、毎年バレンタインの時期の定番人気商品です。

バームクーヘンの生地にもチョコレートを使用している上に、ビターで濃厚なガナッシュが中央にぎっしりと入っていて、ダブルのチョコレート感がたまりません。


 (102921)

クラブハリエの由来は、いろいろな色を合わせて一つの絵になる貼り絵「鏡絵」の意味が込められているんだとか。

定番のバームクーヘンのラインアップを増やしたり、ウィーンのお菓子にインスピレーションを受けて誕生した「プティボンボン」が登場したり、毎年毎年私たちの心を美味しいお菓子たちで満たしてくれるクラブハリエに今後も注目です♪
クラブハリエの情報が詰まった記事も更新中です。
こちらも是非ともチェックしてみてくださいね。

socialzine最新情報はLINE@からお知らせ

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部