2018年10月12日 更新

成城石井が展開する「グローサラント型店舗」2号店アトレ新浦安店にオープン‼︎

2018年10月11日に、成城石井アトレ新浦安店の正面にオープンする「SEIJO ISHII STYLE」は、成城石井で初の取り組みとなるピッツァの切り売りやサラダなどのお惣菜の量り売りのデリが充実した小型グローサラント。早速新店舗に足を運んできました♪

35 view お気に入り 0

新小型グローサラント「SEIJO ISHII STYLE」がオープン‼︎

都心から電車に揺られてわずが30分の場所に位置する千葉県新浦安市。

新浦安駅に直結するアトレ新浦安に10月11日(木)にオープンしたのは、新しい発想のグローサラントをスタートした成城石井「アトレ新浦安店」の飲食スペース「SEIJO ISHII STYLE」です。

グローサラント型店舗の歴史は日本では実はまだ浅いんです。

グローサラントとは、「 食を楽しむ幅を拡大する施策として、食材を購入でき、店舗で食事も楽しむことができる」サービスのことで、食料品や食料品店を意味するグローサリー(Grocery)とレストラン(Restaurant)を掛け合わせた造語でもあります。

成城石井では、流通業界の中でも先駆けとして、「トリエ京王調布店」にグローサラントを2017年9月にオープンさせたばかり。

今回、グローサラント 2 店舗目となる新浦安店の「SEIJO ISHII STYLE」では、成城石井の自社輸入や自家製惣菜製造などの仕組みをフル活用し、お好みの量だけお買い求めいただけるピッツァやローストビーフをはじめとした、成城石井が調達した食材を活用したオリジナルメニューを提供します。

新業態でもあるグローサラントで展開するオリジナルメニューを一足お先にご紹介しちゃいます♪
 (97353)

本場イタリアで流行中のローマ風ピッツァアルターリオ登場‼︎

「ピッツァアルターリオ」とは、イタリア語で「切り売りピッツァ」の意味なんです。

本場イタリアでは、自分の食べたい量を食べたい分だけ注文できる四角いピッツァが好まれているんですって。
そんなイタリアの美味しい食文化を提案しました。

表面がカリッとして、生地自体はモッチモチの生地は、350度の石窯オーブンで丁寧に焼き上げたこだわりの一品。

そんな生地には、どんな食材もバッチリと合います。

ピッツァルターリオ各種

ピッツァルターリオ各種

6種類のラインナップで揃えたピッツァで、特にオススメは「たっぷりセミドライトマトとモッツァレラチーズのマルゲリータ」(399円)や、「300日熟成生ハムとモルタデッラのプロシュートルッコラ」(499円)などなど♪

肉150g使用した迫力満点の「自家製ローストビーフ丼」

黒毛和牛とアンガス種のオーストラリア産プレミアム牛肉を150gも使用した自家製ローストビーフ丼は、当店イチオシの目玉商品のひとつ。

約350日間穀物肥育で育てたBMS4〜6の格付け等級のこだわりのお肉。

タレも美味しいからご飯もどんどん進みます。
これで一人前というから豪快ですね。
成城石井自家製ローストビーフ丼〜九条葱〜(990円)

成城石井自家製ローストビーフ丼〜九条葱〜(990円)

スペイン産イベリコ豚ソーセージ使用のこだわりのホットドッグ

今回、新浦安店の「SEIJO ISHII STYLE」のオープンに合わせて、新しく開発した自家製ホットドッグ。
なんとソーセージの長さは20㎝もあるんだとか。
食べ応え満点の3種類のホットドッグの登場です。
イベリコ豚ソーセージと2種豆のチリホットドッグ(490円)

イベリコ豚ソーセージと2種豆のチリホットドッグ(490円)

ケシの実を使用した自家製パンは、どんな素材にもマッチ。
イベリコ豚ソーセージと成城石井自家製ベーコンのチーズホ...

イベリコ豚ソーセージと成城石井自家製ベーコンのチーズホットドッグ(490円)

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部