2017年7月2日 更新

NG3つ「永遠に出世しない人」のダメな言動|「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」から

話が合うあわないという問題ではなく、そんな話し方は「永遠に出世しない」という最低な特徴が紹介されていました。アナウンサーの魚住りえさんが、東洋経済新報社より出版した書籍『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』当たり前のことですが、やってしまうタブーとされるNG3つをご紹介します。

246 view お気に入り 0
Free photo: Budapest, Girl, Girl Talking - Free Image on Pixabay - 1280521 (33832)

アナウンサーの魚住りえさんが、東洋経済新報社より出版した書籍
『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』

今回取り上げる内容は、ズバリビジネスマンに聞きたくない
「永遠に出世しない人」の話し方として、おかしがちなミス。
よくおこしてしまう「ダメ」な例を話ていただいています。

話し方で「出世できない」それも死ぬまで日の目をあびないなんて冗談ではありません。

無意識のダメな言動

「声で損している」

声の出し方で差がでてきます。
人の声には前に張る声もありますが、くぐもってしまう声もあります。
レッスンで解決できるとも聞きますが、実際に自分の声が相手にとって「聞き取りにくい」とは、
知らないことがあります。
よく話をしていて「え?」と、聞き返されることが多いかどうかで多少の判断がつくのではないでしょうか。
くぐもってしまう声もあれば、活舌がよくない場合もありますが、
相手に「伝わらない」という点は同様にスタートラインから損をしていることになってしまいますね。
Free photo: Microphone, Mic, Dynamic, Audio - Free Image on Pixabay - 398738 (33831)

「声」がNGだと、大切な話をしていても話が伝わらず、せっかくのチャンスも逃してしまうかもしれません。
では、どうするのか。
こんなときは、「口角をきちんと上げて、口を横に開いてハッキリ話す」ということを意識して話してみましょう。

ほんの小さなことですが、これを意識してしゃべるだけで、いっきに聞き取りやすくなります。
Free photo: Smile, Mouth, Teeth, Laugh, Nose - Free Image on Pixabay - 191626 (33836)

「自分の意見を言わない」

みんなが熱心に意見を言い合っているのに、ひとりだけ黙り込んで意見を言わない人……。これも場が白けるし、感じがよくありませんよね。

言いたいこと、意見はあるけれど、みんながわれ先にとしゃべる中で、話を切り出すきっかけをつかめないという人は意外と多いものです。
止めるタイミングをはかれず、気が付くと話をどうまとめていいのかが
ご本人がわからなくなってしまってる場合もあるようです。
話の腰をおるようでタイミングを待ち続けて数時間経ってしまうという結果にならないように、
上手な合いの手で話を止めてあげることも大切ですね。
Free photo: Rio, Stereo, Mix - Free Image on Pixabay - 2368038 (33834)

これにはコツがあります。こんなときは「高い声、高いエネルギー」でカットインするのです。

「そこなんですけど!」「ちょっと違う意見なんですけど!」などと「高い声+短い一言」でサッと入っていくのです。声も大きく、はっきり発音します。

これをすると一瞬、その場が止まります。その瞬間を狙って、落ち着いて「自分の意見」を言うのがおすすめです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当の一流リーダーが必要な3つの心得|ビジネスマンの出世成功術は推薦される管理職

本当の一流リーダーが必要な3つの心得|ビジネスマンの出世成功術は推薦される管理職

リーダーというと、どんな人を思い出すでしょうか。会社の中、部署内の自分の上司でしょうか。中小企業であれば、社長や会長まで対象がのびるかもしれません。「経営者」で例えても、実際にできている人が少ないと記されています。あなたが、“自分の上”を超えるためにも、そして人から「推薦される」リーダーになるためにも、知っておいていい心得があります。今回は「経営者」だけに拘らない“リーダー”像をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 1,191 view
出世を成功させたい人は豊臣秀吉の歴史を見習え!?「人たらし」だけじゃない英雄の秘訣とは?

出世を成功させたい人は豊臣秀吉の歴史を見習え!?「人たらし」だけじゃない英雄の秘訣とは?

身分の低い「半農の下級武士」から天下統一の太閤という天下人まで上り詰めた豊臣秀吉。好きな戦国武将に何度もランクインする豊臣秀吉ですが、「日本で最も大出世した偉人」としてビジネスマンの良いお手本と言われています。何もないところから天下人までどうやって出世したのか?
鈴木康平 | 918 view
コミュニケーションや人間関係「伝え方」の意識|本当に性格も変えられるの?!

コミュニケーションや人間関係「伝え方」の意識|本当に性格も変えられるの?!

『伝え方が9割』の著者である佐々木圭一氏と、『人間は9タイプ』の著者:坪田信貴氏の対談から、伝え方を意識することで、性格も変えられる!かもしれないと思える実話談。相手に投げかける言葉で、与える印象が違うことぐらい誰だって知っています。しかし、知っているのは“違う”という事実だけで、「どんなふうに違うのか」「どう受け取っているか」なんて、早々分かりませんものね…。春の配置換え、もしくは新人さんをむかえるにあたり、人間関係・コミュニケーションをとるためにも、ちょっとだけ参考になるかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 667 view
LINEで遅刻報告はアリ?あなたの部下ならどう対応しますか?

LINEで遅刻報告はアリ?あなたの部下ならどう対応しますか?

部下からLINEで「遅刻します」+スタンプ……社会人としてのマナーを疑いますが、若い人たちにとってパソコンや携帯のメールより浸透しているLINE。時代の変化としてぐっと堪えるか?それとも激怒して電話をするか?あなたはどう対応しますか?
鈴木康平 | 112 view
社会人なら知っておきたい立食パーティーのマナー

社会人なら知っておきたい立食パーティーのマナー

立食パーティーは社会人になると参加する機会が増えます。 上司や同僚と居酒屋で飲み会をするのとは雰囲気が全然違います。 取引先のイベントに呼ばれるのはもちろん、自社で開催するケースも珍しくありません。 そんな立食パーティーのマナーを紹介します。
鈴木康平 | 633 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水