2017年8月16日 更新

仕事が「デキる人」か見分けられる“たった1つ”|その相槌(あいづち)で見抜かれる

ビジネスの場において「お!こいつ、デキる」と唸らせるのは、たった1つでいいのです。仕事のデキる人かどうか、見抜かれているのか、あなたが見抜くのか、どっが先になるでしょうか。できる人か見分ける“たった1つ”は実は「あいづち(相槌)」なのです。しかし、タブーとなるあいづちも存在しています。実体験をあわせてご紹介いたします。

729 view お気に入り 0
Free illustration: People, Man, Woman, Talking - Free Image on Pixabay - 799493 (44176)

ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。重要なのは質問の中身ではありません。
どんな質問でもいいので、問いかけたときの相手の「あいづち」を見ればよいのです。
Free photo: Retire, Husband And Wife - Free Image on Pixabay - 738801 (44177)

なんだ「あいづち」か……と思った方もいるかもしれません。
「あいづち」は、ただ「うん、うん」と言えばいいものではなく、“悪い”あいづちが存在しています。コンサル業の掟ともいえる、この題材は私の個人的な実務での注意点もあわせてお伝えいたします。

しつこいようですが、あいづちは、会話の中で、ベストタイミングで挿入される「間投詞」です。「あいづち」を漢字で書くと、この意味がよくわかります。
↓↓↓

「 相槌 」

1 鍛冶 (かじ) で、二人の職人が交互に槌を打ち合わすこと。あいのつち。
2 相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること。
語源は1の鍛冶(かじ)の意味だと聞きますね。たがいに、相手と間に金敷をはさみ、向かいあい、ハンマー (槌) を振るいあいます。互いの声掛けや息があわなければできません。
どちらが主になっても、相手が(聞き役)が、主(話者)へ関心を持ち示さなければ進みません。
Free photo: Minions, Talking, Smile - Free Image on Pixabay - 363019 (44170)

つまり「仕事がデキる人」とは、コミュニケーションが円滑にとれる人のこと。コミュニケーションに長けた人とは、あいづちに長けた人と言えるのです。
ビジネスの世界では、どんな相手であっても、あいづちが進行方向を変えることもあります。気持よく相手が話したくなる、もしくは「つい話しちゃった」というのは、やはり聞いてくれる側の「あいづち」で促されるものです。どんなことが、きっかけになるかわかりません。たった1回の関係性になろうとも、ここで何を得られるのかは「あいづち」も、大きな役割を締めているのではないでしょうか。
Free illustration: Balloons, Empty, Feedback - Free Image on Pixabay - 2466832 (44171)

あいづちは、日本人のコミュニケーションでとても重要な役割を持っています。よく「会話は言葉のキャッチボール」と言われますが、こと日本では言葉のやりとりはお互いが対等な関係で行われるわけではありません。とくにビジネスの局面では、話し手と聞き手のタテ関係がはっきりと表れます。

デキる人の「あいづち」術

聞いたことがあるかもしれませんね「さしすせそ」です。ほとんどの例題の中にでてくるのが、「さしすせそ」であり、だれでも使うタイミングを間違えなければ効果は高いものです。コミュニケーションをとるのが苦手、人見知りをする方は、「さしすせそ」を意識するとスムーズに合いの手をうてるのではないでしょうか。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション力があると聞けば、真っ先に思いつくことは、どんなことがありますか?能力が高い方は、どこにいてもかわいがられますし、人から信頼を受け、人脈も広く、ビジネスの世界で目立つ存在であることが多いですね。何を隠そう、本当にコミュニケーション能力が高い方が一番相手に合わせていることは、ビックリするものなのです。
6割以上が言われた経験「何が言いたいの?」|理解してもらえる3つの伝え方

6割以上が言われた経験「何が言いたいの?」|理解してもらえる3つの伝え方

「言いたいことが伝わるテク」についてです。「何を言いたのかわからない」そんなことを言われて、話すこともためらいがちになったという経験はありませんでしょうか。人には話す特徴がありますが、ビジネスにおいて伝えるスキルは大切な要素です。「説明力」としても欠かせない苦手を克服し、相手に伝わる3つのコツをご紹介します。
仕事のできない人は人の話を「聞く力」がない |ビジネスで実践できるテクニック

仕事のできない人は人の話を「聞く力」がない |ビジネスで実践できるテクニック

ビジネスにおいて、ほとんど置き去りにされていることがあるといいます。それは「聞く」ことの重要性です。傾聴とはまた異なる聞く力。仕事のできない人は、残念ながら相手の話を「聞く」ことができないというのです。それでは、聞く力を極める方法として実践したテクニックとは?
“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

データー分析を提供しているエクスペリアンジャパン株式会が「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017」を発表しました。今回の調査は、やはりメールだけではなく、利用がひろがるアプリやLINEも対象としています。利用の実態、関心度、そして気になるユーザーの使い分けも明らかになりました。ユーザーがチャンネルに「求める情報」、そして「うざい」と思われないための取組に焦点をあてている記事をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事