2018年9月20日 更新

ワシントン・ポスト紙が絶賛|インスタグラムで有名”ぽっちゃり”渡辺直美さん成功の「お手本」

インスタグラムの「いいね!」とフォロワーの数で、日本国内の1位に輝いた、お笑い芸人の渡辺直美さん。モノマネだけでなく女優やモデルの人気を超え、今や海外からも注目が高まっているようです。そんな渡辺さんは、ワシントン・ポストにインタビュー記事が掲載され話題となっています!まだまだ”ぽっちゃり”では肩身の狭い思いをしてしまうような日本・・そんな「スーパースキニー”のニッポン」でもコンプレックスを自分の「個性」に変えてしまえるヒントを渡辺さんから教えてもらいましょう!

242 view お気に入り 0
 (4507)

米紙「The Washington Post」(ワシントン・ポスト)の2017年2月9日付の紙面に、お笑い芸人の渡辺直美さん(29)に関するインタビュー記事が1ページの紙幅いっぱいに掲載されたようです。

(紙面に先駆けて、ワシントン・ポスト電子版には、2月8日に掲載されています。)
記事のタイトルは「In super-skinny Japan、she's living large」。その内容は、痩せ細った体系の女性ばかりが持て囃される日本で、ぽっちゃりとした体形のまま成功をおさめた渡辺さんの思いや生き様を紹介したものだ。
訳すると「スーパースキニーの日本で、彼女(渡辺直美さん)は誇りを"大きく"持って生きる」といったところでしょうか。日本人が「スーパースキニー」という印象、というのも興味深いですね!
 (4482)

芸人としてコスプレもこなす渡辺さん
「痩せすぎの女性が多い日本で、渡辺はぽっちゃりしていて、それを誇っている」「ほっそりとしていなくても自分の身体に自信を持ち幸せになれることを示した」と絶賛しています。
 (4506)

記事ではWHO(世界保健機関)の統計を示しつつ、アメリカの34.9%に対して日本では3%しか肥満に分類されず、大柄な女性は確実にマイノリティーに属すこと。

また、日本では多くの女性が危険なほど痩せており、政府のヘルスデータでは、20代の日本人女性の22%が標準以下の体重、または栄養不良に分類されると伝えています。
その中で、「体重を増やすことを推奨するのではなく、肉体の前向きさで勇気づけており、陽気で派手な色彩でメッセージを送っている」と渡辺さんがInstagramに投稿した複数の写真とともに紹介。それぞれの投稿のコメント欄には勇気づけられたとする女性からのコメントが見られるとしています。

強く自信をもって生きてほしいと”エール”

同紙は、強く自信を持って生きてほしいと女性にエールを送っている渡辺さんが「それでも自身をフェミニストとは呼んでいない」と前置きし、「私はビヨンセ(※フェミニストであることを公にしている)みたいじゃないんです、1人の強い女性です」と発言しています。
渡辺さんは同紙のインタビューにこう伝えています。
「太っている日本の女性の考え方を変え、彼女たちが前向きに生きるための手助けをしたい」
との思いを明かしている。
また、一方でお笑いの世界も一般の日本社会も圧倒的に男性社会で、そのためいまだに多くの女性が仕事を辞め家で料理を作る役割を務めていること。

だけど・・・
「ほかの選択肢もあってほしい」と述べたことを紹介されていました。
「私は太めの女性が、自分自身を肯定できるように変わる手伝いをしたい」と信念を語っており、「日本の女性は変わってきている。多くの女性が自身を表現するようになり、以前のように何でもイエスと従うような女性は少なくなっている。また、強く自信に満ちた多くの女性を目にすることが私を成長させてくれる」と日本女性の変化にも言及しています。
インスタグラムで約590万人のフォロワーを抱え、中高生など若い女性を中心に支持を集める渡辺さん
。さらに、ビヨンセなど海外タレントのモノマネで2008年に大ブレークを果たしました。

現在は芸人としての仕事だけでなく、ファッションブランドのプロデューサーやモデルを務めるなど多方面で活躍しています。
 (4508)

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

渡辺直美、”インスタ女王”としての本音と次世代「女子力」の高さ

渡辺直美、”インスタ女王”としての本音と次世代「女子力」の高さ

お笑い芸人の渡辺直美さんが5日、10日ぶりにインスタグラムを更新しファンに喜ばれました。渡辺さんはお笑い芸人の枠にとどまらず、日本を代表するエンターテイナーとして活躍。670万人を超えるフォロワー数は現在日本一。今や、”インスタグラムの女王”と称され、発信力は圧倒的。女性からの支持がとにかく厚い渡辺直美さんですが、実は男性からも”異性として”好感をもたれています。その理由を探ってみましょう!
渡辺直美、“100kgでも踊れるカラクリ”が判明!気になるビヨンセやリアーナとの関係性は?

渡辺直美、“100kgでも踊れるカラクリ”が判明!気になるビヨンセやリアーナとの関係性は?

ファッションブランド「GAP」CMでダンス出演するなど、世界規模で更なる活躍が期待される渡辺直美。ある企画で”なぜ体重100キロでもキレッキレのダンスを踊れるのか”を検証。彼女らしい”常人離れした能力”とは?また自身がものまねをするビヨンセやリアーナとの関係性について語る場面も。「20歳の頃に知っておきたかったことは?」という回答は、必見です。今後も彼女の世界的ブランドの取り組みに期待が膨らみます
2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

今年もあと残すところとなり、平成最後の年末を迎えます。2018年はSNSの中でもインスタグラムの利用者が、より急増して、若者を中心に“インスタ映え”という言葉が、より使われた一年となりました。SNSマーケティングを手がける企業が、インスタで若者を中心に使用されたワードの内、約40万語の中から「インスタ流行語大賞」として”20ワード”を発表!その厳選した人気ワードと、その意味の解説と共にご紹介します
「インスタ映え」求め”架空の自分”を演出?日本経済を牽引する”ミレニアル世代”のこだわり

「インスタ映え」求め”架空の自分”を演出?日本経済を牽引する”ミレニアル世代”のこだわり

最近よく耳にする「インスタ映え」。これは「Instagram」に投稿するのに適した写真を指す言葉で、流行や旬を取り入れた写真のことを指します。そして、このSNSが、今の日本経済を押し上げている話題に。主な利用者は”ミレニアル世代”と言われる若者。彼らは、自分がどう生活したいかではなく、SNSで「自分がどう見られるか」をまず考えて行動します。なぜ、彼らは、そこまでインスタ映えにこだわるのでしょうか?
梅沢富美男、インスタのフォロワー激増!歯に衣着せぬ毒舌で再ブレーク

梅沢富美男、インスタのフォロワー激増!歯に衣着せぬ毒舌で再ブレーク

かつて大衆演劇で妖艶な女形で人気を博した梅沢富美男さん。最近では情報番組での”歯に衣着せぬ毒舌っぷり”が受け、お茶の間でも再ブレークを果たしました。しかし最近の悩みとして、事務所社員からインスタグラムを勧められ始めたものの、「いいね」が少ないことに不満を持っていると告白しました。番組で紹介された際はわずか12件だった「いいね」数が、放送後には13,000を超えるなどテレビ出演での大反響を呼びました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事