2019年2月25日 更新

”キラキラ”イメージにとどまらない! YouTuberハローキティちゃんの本音トーク&回答が深イイ

サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」が昨年8月29日に公式チャンネルを開設し、半年がたちました。ことしで誕生45周年を迎え、幅広い世代から愛されるキティのYouTubeチャンネルの投稿ですが、その動画と予想外の(?)独特な発言が話題に。YouTuberとしては、その見た目から”キラキライメージ”にとどまらない一面も見せており、ネット上で度々注目の的。そんなキティちゃんの名言を集めていきます

360 view お気に入り 0
辻信太郎社長は、今年の株主総会後、「面白い商品や美味しいとお菓子などを見つけた時に、売れなくて困っているようならサンリオを紹介してほしい」と株主との会話の中で語ったという。
 (107448)

「サンリオ」の創業者・代表取締役社長、辻 信太郎氏

キティも悩む?恋愛相談

ことし2月14日に投稿された「ハローキティチャンネル回答コーナー Vol.1 後編」では、読者からの質問で「恋愛相談」に回答してくれたキティちゃん。
ボーイフレンドのダニエルついて、今後「結婚の予定は?」と聞かれると・・・・
「結婚かあ。素敵だなあってキティも憧れるんだけど、でも大切な人と一緒にいる方法って結婚だけに限らないってのもキティは最近ね、思ったりするんだ」
 (107598)

「結婚」という”形”にとらわれずに、ただ好きな人と一緒にいたい、とコメントしたキティちゃん。

おそらく、10年前には、考えられなかった回答かもしれません。キティちゃんの現代的・多様性のある考え方がにじみ出てきますね。

喧嘩ばかりで「彼の気持ちが分からない」

またこんな質問もありました。
喧嘩ばかりで「彼の気持ちが分からない」という相談に対してキティちゃんの回答は・・・?
「キティもね、(恋人のダニエル君と)喧嘩はしちゃうし、正直、ダニエルの気持ちはわからない。だって別の生命体だから」との回答が称賛され、SNSで拡散された。
 (107597)

 (107599)

恋人だけでなく、家族だから、と一緒に長く過ごしているからといっても、時には、お互いの気持ちが分からないって思うことがあるでしょう。別の星から来たと思えば、どこかで怒りの線引きも出来るかもしれませんよね。

キティちゃん、哲学者ですね。凄い・・!
ここから、さらに素晴らしいのは、その先のアドバイスもしてくれています。
「わかんなくて普通。そう思うと結構気がラクというか、逆に『キティのことなんでわかってくれないの!?』みたいなことも減るし、
78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
運営側のずさんな体制が明らかに?指原莉乃、NGT”暴行”に言及「うやむやにしてはいけない」

運営側のずさんな体制が明らかに?指原莉乃、NGT”暴行”に言及「うやむやにしてはいけない」

NGT48の山口真帆さんが、自宅でファンの男2人から暴行を受けた事件で、運営側よりも先に被害者が謝罪するという事態に、AKB48グループの現役メンバーや卒業生、番組の共演者からも嫌悪感を示す言葉が噴出している騒動。HKT48の指原莉乃さんが13日放送の「ワイドナショー」に出演する前のSNS投稿が話題に。その内容とは?放送では、松本人志をはじめ、出演者の乙武洋匡や古市憲寿も加わり、議論が広がりました
報告直筆が「美しすぎる」と話題!女優・中谷美紀、ドイツ人ヴィオラ奏者と交際2年の”大人婚”

報告直筆が「美しすぎる」と話題!女優・中谷美紀、ドイツ人ヴィオラ奏者と交際2年の”大人婚”

女優の中谷美紀が、公式サイトを通じて、ドイツ出身のヴィオラ奏者との結婚を発表!2人のなれそめを紹介したほか、今後の活動の場についても綴りました。気になるお相手のプロフィールは?さらに、この日、一部スポーツ紙に寄せた中谷さんの”直筆の手紙”にSNS上では、その字が「美しすぎる」と話題に!これまで他にも芸能人が直筆を披露してきましたが、明らかな中谷さんの達筆さと知性溢れる内容に感嘆の声もあがっています
空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

”歯に衣着せぬ”率直な物言いが、何かと話題の社会学者の古市憲寿。メディアやSNSなどで、度々”炎上”騒ぎを起こしていますが、本人は、いつも変わらぬ姿勢を貫いています。バラエティ番組では、密着取材が組まれ、幅広すぎる交友関係や、嫌いな人への持論も紹介され、注目を集めました。一見”ドライすぎる”ようにも見える発言に対し、視聴者からの”共感の声”が集まる理由とは?“炎上履歴”を振り返りながら読み解きます
唯一の手掛かりは”24億8千万人”のSNSの中?予想を超えたサスペンス映画「search」が話題

唯一の手掛かりは”24億8千万人”のSNSの中?予想を超えたサスペンス映画「search」が話題

「サンダンス映画祭」で受賞したサスペンス映画『search/サーチ』が公開前から”全く新しい映画体験ができる!”とのことで話題になっています。全編が、PCの画面上で展開していくという革新的なアイデア。その気になるストーリーとは?メガホンをとったのは、アメリカからインドへ里帰りする息子の旅を”グーグルグラスだけ”で撮影したYouTube動画がネットで話題となった”弱冠27歳”の新鋭監督にも注目を!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん