2017年4月16日 更新

科学から学ぶ「幸せは自分で作れる」実践方法|誰でもできる幸福感を支える習慣

幸せは「お金で買える」そう言われることが多いものの、ではお金がなければ幸福感を得られないのでしょうか。答えは、科学の力で教えてくれるようです。~が実現すれば幸せになれるというのは誤った考えであり、幸福感を支える仕組みが説き明かされてきました。自分で作ることができる幸福感を実践する方法「習慣」をご紹介いたします。

184 view お気に入り 0
Free photo: Kid, Enjoy, Sun, Set, Fun, Summer - Free Image on Pixabay - 1540849 (17450)

この10年ほどの間、科学は人を幸福にする方法の研究に取り組んできたのです。研究者はこぞって人間の幸福感を支える仕組みを説き明かし、人を心から幸せにする要因を特定したうえで、人が一番朗らかで最高の状態になるために、具体的にやるべきことについても提案を行っています。
望んでいた何かが起これば、確かに私たちは幸せを感じる。だが、その幸福感は長続きしない。
そして、それは私たちに、「~が実現すれば幸せになれる」という誤った考えを抱かせてしまう。
Free photo: Heart, Card, Pastels, Figure - Free Image on Pixabay - 762564 (17449)

米ノースウェスタン大学が実施した調査の結果、宝くじで大金を当てた人の幸福度も、一年たてば他の人たちと同じレベルにまで戻ってしまうことが分かっている。
幸福感は、自分で作り出すことができるものだ。そして、あなたが習慣によって自ら生み出した幸福感は、消えることがない。
以前「幸せはお金で得ることができる」記事をご紹介しています。
そうは言うけどね、結局お金がなければ「幸せ」にもなれないの?

いえ、幸福感は、人ができる習慣でに見つけることができるといいます。
科学者たちが研究し結果を出せると言われている幸福。
では、どんなことを行えばお金をかけずに幸せへの変化が起きるのでしょか。

幾つかある中から、ピックアップして5項目をご紹介いたします。

鍛える:小さなことを感謝する

Free photo: Woman, Adult, Up Arms, Freedom - Free Image on Pixabay - 1822437 (17448)

人間の行動は習慣化する。それはある意味、私たちにとって良いことだ。
ジムに出かけてウエイトトレーニングをすれば、筋肉を鍛えられます。練習を重ねるうちに、同じ重さのウエイトをだんだん楽に持ち上げられるようになりますよね。実は、ポジティブな態度も、同じように鍛えることができるのをご存じでしょうか?
ある研究によると、感謝した回数を意識して数えるようにすると、これが脳の「感謝する能力」を鍛えるエクササイズとなり、だんだん楽にポジティブでいられるようになって、ひいては幸福感も増すのだそうです(逆に不満ばかり言っていると、反対の効果が生じ、憂鬱な状態が脳のデフォルトになってしまいます)。
頭を使わずに済む上に、慣れは快適さにつながる。だが、私たちは慣れ過ぎてしまうと、日常生活の小さなことに対する感謝の気持ちを失ってしまう。
Free photo: Girl, Father, Portrait, Eyes - Free Image on Pixabay - 1641215 (17451)

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

出社前にダラダラ過ごしている人は要注意! 朝起きてからわかるデキる人がやっている生活習慣とは?

出社前にダラダラ過ごしている人は要注意! 朝起きてからわかるデキる人がやっている生活習慣とは?

出勤前はダラダラ過ごして、ゆっくり会社に向かいたいモノ。できればもっと寝ていたい。そんな事を考えがちなビジネスパーソンですが、出来る人のライフスタイルはちょっと違います。仕事に繋がる朝の習慣とはなんでしょうか?
鈴木康平 | 730 view
「夜型人間」だから出来る事がたくさんある!? 朝より夜が向いている人が出来る取り組みとはいったい?

「夜型人間」だから出来る事がたくさんある!? 朝より夜が向いている人が出来る取り組みとはいったい?

インターネットやテレビの健康特集で「夜型生活をやめて朝型に移りましょう」。これはよく聞くパターンです。本当に夜型人間は健康に悪いのでしょうか?また、勉強も夜より朝のほうがいいのでしょうか?今回は夜型人間の魅力をテーマにまとめてみました。
鈴木康平 | 304 view
長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

「お金持ちはお札や小銭を大切にするから長財布を愛用する」。お金持ちになるために折り畳みやがま口財布を止め、長財布に切り替える人が多いですが、本当に財布を変えればお金持ちになれるのでしょうか?もしかしたら逆にお金持ちではなく、貧乏人になってしまうかもしれませんよ。
鈴木康平 | 3,746 view
忙しい日本人にデンマークの「ヒュッゲ」心の休め方|Japanese式hyggeで日常に幸福感を

忙しい日本人にデンマークの「ヒュッゲ」心の休め方|Japanese式hyggeで日常に幸福感を

北欧の国デンマーク生まれのライフスタイル「ヒュッゲ(hygge)」が、世界各国にひろがり、英国では昨年からブーム。そして米国も注目する「ヒュッゲ(hygge)」は、日本人にとって大切なこと。生活の中で幸せを感じているでしょうか。気を遣わずに自然な心地よさと幸福感を忘れていませんでしょうか。普通の生活で感じる居心地の良さ、心の休め方を無理なくJapaneses式ヒュッゲをご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 906 view
「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「字が下手で悩んでいる」。小学生のような悩みですが、社会人になっても字が下手でバカにされる人が増えています。発達する段階で字が下手な事が直る人もいますが、毎日の練習が必要な人もいるのも事実。どんな事をすれば字が下手から「字が上手!」と褒められるようになるのでしょう?
鈴木康平 | 861 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水