2018年6月12日 更新

食シーンに新たな価値提案「キリン世界のKitchenから」新シリーズが登場

キリン「世界のKitchen」からカオスなスープの「とろけるカオスープ」と「麦コーヒー」が発売されます。世界の家庭で出会ったおいしい知恵や工夫からインスピレーションを受けた新しいチャレンジ第1弾となる今回の新商品をピックアップしてみました。

77 view お気に入り 0

世界を旅してヒントを得て誕生した「世界のKitchen」シリーズ

キリン「世界のKitchen」は、12年前にブランドが誕生しました。
12年間の間に旅をして出会った世界のキッチンからインスピレーションを受けて
話題の新商品が次々に登場し、今から6年前には「「ソルティライチ」が発売され、人気沸騰。

カテゴリーやジャンルにとらわれない自由な発想でまだ誰も知らない美味しさを追求してきました。
そんなブランドの今年の開発テーマは、
「もう一度、世界のキッチンからとのワクワクする出会いを。」

 (86956)

新しい食の替飲料として提案した新商品「とろけるカオスープ」は、ベトナム・ハノイの五味五彩二香からインスピレーションを得て開発されました。

「五味」とは、塩気、酸味、甘味、辛味、コクを意味していて、「五彩」は黒、赤、青、白、黄などの色を表現し、「二香」は、素材の香り、香ばしい香りを大切にするベトナムの知恵なんだとか。

ベトナムでは、これらの要素が一皿にどれだけ多く取り入れることがおいしい料理と言われているんです。

ベトナムの料理は、春巻きやバイン・セオ、フーティウなど、香草を使っているのも多いですよね。

噛むたびに味わいが変化し、一口一口が止まらなくなるのも特長的。

 (86957)

今回は、そんなカオスな味わいを最大限に表現したスープとして新たなジャンルが確立。

一本の中で複雑に重なる新しい味わいをカオスと表現し、食事の一品として楽しみながら満腹感が得られるスープをの造語として「カオスープ」という名の商品が生まれました。
 (86958)

6月26日の新商品発売に合わせて12日、都内でオリジナルのスープを作る手作り体験を実施しました。
キリントマトジュースをベースにして、「クリームチーズ」「オリーブオイル」「クルトン」「クコの実」「アーモンド」「オニオンチップ」「オレンジジュース」「桃ジュース」「バナナジュース」「ミント」「ローズマリー」「バジル」などなどの素材を自由に組み合わせるというなんとも好奇心をくすぐる企画が決行しました。

 (86959)

複雑になる美味しさを作るコツは、素材は混ぜすぎないように4種類くらいをチョイスするのがいいんだとか。
また、植物性由来の素材と動物性由来の素材をバランスよく加えるのもポイント。
最後にすきな香りのハーブをアクセントに少し足すだけで、さらに香りが引き立ちます。

ベースとなるトマトジュースはもちろんそのままでもおいしいですが、発想の転換で、早速トマトジュースに「桃ジュース」や「ヨーグルト」「アーモンド」「ミント」の4種類をブレンドしてみました。

トマトジュースに桃ジュースを加えるだけでデザートのような感覚で飲めるなんて新たな発見。

またナッツを入れることで、飲むスープに大変身。
ヨーグルトなどの動物性の素材は、トマトジュースにコクを出してくれる優れものなんです。

 (86960)

「普段仕事している最中にランチする時は、コンビニでおにぎりやお弁当などを買うことが多い。
でも毎日同じものばかりでは飽きてしまうしつまらないなと思ったけどのが最初のきっかけで、それだったら、食事になるような食べるスープがあったら嬉しいなと思って開発に至りました」(キリン開発担当者)。

ベースとなるトマト果汁を55%、桃果汁を12%使用したほか、クリームチーズやミントなどを加えることで複雑でありながらバランスの取れたあとを引く美味しさに仕上がっています。

先行販売ではコンビニやECサイトを中心に展開していく予定で、秋ごろからは大手スーパーなどでもお目見えするかもしれません。

これからもキリン世界のKitchenからシリーズは「素材」「調理法」「掛け合わせ」を通してまだ知らない美味しさを届けてくれます。


麦のカフェ CEBADA

 (86963)

キリンが日本初で7月24日発売する麦コーヒー「世界のKitchenから 麦のカフェCEBADA」は、コーヒーに代わる麦の新・嗜好飲料として登場しました。

深煎り焙煎麦と発芽によって甘みを引き出した麦芽をコーヒの製法でいれたから、コーフのようなコクがあるのに麦ならではのスッキリとした後味が実現。


30代から40代の女性をターゲットしたのは、カフェインが重いと感じる女性もいることから、身体に負担のないものを嗜好品に選ぶ女性に向けて軽い感覚で飲めるように開発したんだとか。

コーヒーはすきだけど身体への負担や後味が気になって、普段から飲み続けたいものが見つかっていない方にもオススメ。
お食事の後にスッキリします。

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部