2017年4月12日 更新

「いじめ」が道徳の授業に。これからの道徳はどう変わっていくのか。

「いじめ」にまつわる経験をしたことがありますか? いじめられている子を助けた、見て見ぬフリをした いじめられたことがある、実はいじめてしまったことがある…など 「いじめ」についてのニュースを最近目にする機会が多くなった印象ですが 実は以前から学生だけでなく、大人にも身近に潜んでいる問題といえるのではないでしょうか。 そんな「いじめ」についての教育が変わろうとしています。

162 view お気に入り 0
来年春から使われる高校の教科書と小学校の道徳の教科書の検定結果が、24日、公表されました。道徳の教科書全てで「いじめ」に関する題材が扱われました。
小学校全学年で8社から申請された計24点(66冊)全てが合格した。国が教科書を無償給付する義務教育での新教科の教科書を検定したのは、1990年度の「生活」以来26年ぶり。
Free photo: Book, Textbook, College, Learning - Free Image on Pixabay - 845280 (13606)

いじめについて道徳の授業として学ぶことになるようです。
以前からそれぞれの学校でいじめについて教わる機会もあったと思います。
今までとこれからでは、何が変わってくるのでしょうか?

今までの授業では

「『いじめは許されない』ということを児童生徒に言わせたり書かせたりするだけの授業」になりがちだったとしています。
先生から、いじめは何故いけないのか教わった経験のある人も多いと思います。
でも、いじめが改善されたのは一時だけで
クラス替えなどをするとまた、いじめが発生していたという事態もあったのではないでしょうか。

これからの授業は

実際に、いじめる側といじめられる側の役を演じて気持ちを理解させたり、授業で考えたことを教科書などの空欄に記入させたりする内容となっています。
教科用図書検定調査審議会では「実際にいじめられている児童にそのままの立場の役を演じさせると、いじめの固定化につながる恐れがある」などの議論があり、「必要な配慮を欠いている」との検定意見が付いた。
「役を交代してえんじてみましょう」との記述を追加し、一人だけがいじめられる役を演じることがないようにした。
「『なぜいじめが起きるのか』『どうやっていじめを防ぎ、解決することができるのか』などを自分のこととして考え、議論して学ぶことが大切だ」
「いじめられる側の気持ちを考えてみよう」と言われるだけ、想像するだけでは
相手の気持ちを真に理解することは難しかったと思います。
いじめは学生だけでなく、人と人が共存する場である職場や家庭内でも起こりうることです。
小学生の内から、いじめる側、いじめられる側、相手の立場に立ち気持ちを考えるという経験は
将来にわたっても良い影響となりそうです。

これからの道徳はどう変わるのか

Free photo: Workplace, Team, Business Meeting - Free Image on Pixabay - 1245776 (13626)

文科省は登場人物の心情理解に重点を置いた従来型の「読み物道徳」から脱却し、「考え、議論する道徳」の実現を目指す。
これまでの道徳の授業は、副読本などを使って「答え」を読み取らせるものだった。それが、学習指導要領の改定で「考え、議論する道徳」に方向転換することになった。
これからの道徳は「考え、議論する」ことを目指しているといいます。
私たち大人はどうでしょうか?
周りに流されることなく「自分の考えをもち、伝えること」できていますか?
子供たちへの教育を期待するだけでなく
先を行く大人たちがお手本になれるよう、自らの行動も見つめなおし改善していくことも必要だといえますね。

socialzine最新情報はLINE@からお知らせ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)は、 2月下旬から全国の店舗(一部店舗除く)にて『ワイルドすたみな焼きすき丼』を発売中。早速ボリュームいっぱいの期間限定メニューをレポートしてきました♪
SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

タレントの有村藍里さんが「ザ・ノンフィクション」に出演。美容整形の手術を受けた様子が放送され、自身のブログでも手術を受けたことを告白しました。彼女は有村架純さんの実姉ですが、長年、口元のコンプレックスを抱えていることから、抜歯や矯正など、約5年かけて試行錯誤していたようです。さらにネットの誹謗中傷などを受けて以来、人前で笑うことも怖くなっていたそう・・。彼女の勇気ある行動にネットなどからも大反響が
2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介

この記事のキュレーター

高野葵 高野葵