2017年11月13日 更新

砂川啓介さん、認知症の妻を残して旅立つ|ひとりになった「ドラえもん」大山のぶ代さんは今

俳優の砂川啓介さんが7月11日、尿管がんのため死去しました。砂川さんは「ドラえもん」の声優だった大山のぶ代さんの夫で、2015年には大山さんが認知症であることを公表、介護をしていました。2人はおしどり夫婦として知られており、大山さんが認知症を患ってからは「娘のようになった」と愛し「君より先には死ねない」と介護を続けてきました。今、大山さんはどうしているのでしょうか。また現在の老老介護の現状について考えてみましょう

189 view お気に入り 0
初代の「たいそうのおにいさん」として親しまれ、司会役などでも活躍したタレントの砂川啓介さんが2017年7月11日、死去したことがわかりました。80歳でした。

砂川さんは尿管がんのため病気療養中でした。所属事務所が18日、報道各社へのファクスで発表しました。
 (37672)

2017年7月11日に亡くなった砂川啓介さん

「ドラえもん」の声役で知られた声優の大山のぶ代さんの夫。大山さんがアルツハイマー型認知症になっていることを2015年に公表し、話題になりました。
砂川さんは15年5月に妻で声優の大山のぶ代(83)が認知症を患っていることを公表、「娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代『認知症』介護日記」(双葉社)を出版。
自身も13年に胃がん手術、16年に尿管がんと診断されながら、献身的に妻の介護を続けていた。
 (37692)

がん治療で入院していた砂川さんの容態が急変したのは今月11日。病院から緊急の連絡を受け、マネジャーらが駆けつけたが、あと一歩というところで間に合わなかった。早朝、誰にも看取られることなく、静かに旅立っていった。

「絶対にカミさんより先に死なない」

5年前に大山さんが認知症を患ってからは「娘のようになった」と愛し、「君より先には死ねない」と介護を続けてきたが、先に病に倒れた。
近年は「老老介護」などで講演活動もしていた。大山さんは身寄りがないので、「絶対にカミさんより先に死なない」ということを肝に銘じていたが、100%の自信がないので、終活準備をしているとも。
 (37693)

16年の講演では、自身が新たに尿管がんになり、大山さんは施設に入所したと明かしていました。

“娘になった妻”大山のぶ代さんの今後は

大山さんは、16年6月には老人ホームに入っていたといわれていますが、今後はどうなるのでしょうか。税理士・公認会計士で相続にも詳しい金井義家氏は、
「砂川さんの場合はがんを患っていたのでこのような事態を想定し、生前に後見人の弁護士さんをお願いしていると思われますし、十分な資産をお持ちですから、ホームの支払いなどは後見人が代理してくれると思います。
逆に、認知症の妻を抱えて、資産なく死亡した場合、支払いが滞った時点で退去させられるでしょう。今は辛うじて行政がケアしてくれるかもしれませんが、10年後にはさらに高齢化が進み、旧ソ連のように、日本でも路頭に迷うこともあり得ます。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

120歳まで生きたい、オノ・ヨーコの認知症。実弟が病状告白 

120歳まで生きたい、オノ・ヨーコの認知症。実弟が病状告白 

22日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、故ジョン・レノンの妻オノ・ヨーコさんの健康状態が悪化、幻覚型認知症と診断されたという報道について特集していました。体調が心配される中で行われた、今回の認知症の報道。真偽は不明ですが、85歳になろうとしているオノ・ヨーコさんの病名とされた「レビー小体型認知症(DLB)」について、耳にしたことがないかたも多いかもしれません。どんな病気なのでしょうか?
ココリコ・田中直樹が離婚、おしどり夫婦に何が?

ココリコ・田中直樹が離婚、おしどり夫婦に何が?

ココリコ・田中直樹さん(46)と小日向しえさん(37)が離婚を発表しました。かねてより「おしどり夫婦」として知られていた上に、子どもはまだ母親が恋しい思春期だけに、周りの衝撃は大きいとされています。子ども2人の親権は田中さんが持ち、離婚の理由は未だ語られていないようです。先輩の松本人志さんは「芸人の離婚はもっと笑っておけ」檄を飛ばしています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん