2017年5月11日 更新

生活保護受給者はなぜパッシングされるのか? 受給すべき人がもらっていないジレンマという不正受給をどう行政は防ぐか?

「生活保護」というシステムは2つの意味で批判に晒されています。1つは「働かなくていい」という不純な理由で受給する不正受給。もう1つは受給すべき弱者の保護ができておらず、餓死や病死などを招いてしまった。この2つの意味で批判されています。インターネットやSNSの浸透で行政の監視が厳しくなる現代。役所はどう対応すればいいのでしょうか?

396 view お気に入り 0

●なぜ生活保護受給者は批判されるのか?

精神疾患によって生活保護を必要とする人がいる。こうした「受給者」に対する日本人の視線は、たびたび「不寛容さ」によって攻撃的になる。

実際、生活保護の不正受給の背景には、「もらえるものは何でももらっておこう」という誤った権利意識を持つ人がいることは無視できないが、それがすべてではない。
Free photo: Portrait, Dark Light, Man, Face - Free Image on Pixabay - 915230 (22664)

病気やケガで働けないお金に困った人が最後に頼るセーフティネット。
それが「生活保護」です。

憲法で定める生存権に関わる生活保護ですが、多くの問題やトラブルの火種になっています。
 人気お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)が25日、東京都新宿区の吉本興業東京本部で記者会見し、河本さんの母親が生活保護を受給していたことを明らかにした。受給は約15年前からで、今年4月まで続いたという。
お笑い芸人・河本準一さんの母親による生活保護受給が不正ではないかと指摘され、さまざまに議論された。厚生労働省の「生活保護を受けるための要件及び生活保護の内容」の中には、「扶養義務者の扶養とは」という項で「親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください」という表記がある。
数年前に人気芸人の母親が生活保護を受給し、インターネットやテレビで批判されたのは記憶に新しいです。
Free illustration: Cohesion, Dark, Darkness - Free Image on Pixabay - 1156942 (22668)

小宮山洋子厚生労働相は25日午後の衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、人気お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親が生活保護を受給していたことについて「生活保護制度の信頼を失わせる。
 人気お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)が25日、東京都新宿区の吉本興業東京本部で記者会見し、河本さんの母親が生活保護を受給していたことを明らかにした。受給は約15年前からで、今年4月まで続いたという。
その日の食べ物や住む場所も確保できない貧困に苦しむ人が受給できず、餓死や病死してしまう悲しい事件も起きています。

逆にパチンコなどのギャンブルに生活保護のお金を使う不正受給の問題。
行政はどう取り組めばいいのでしょうか?
Free photo: Burn Money, Burn Geldschein - Free Image on Pixabay - 1463224 (22672)

 札幌市白石区のマンションで女性2人の遺体が見つかり、北海道警は25日、40代の無職の姉妹と確認した。姉が病死した後、知的障害があった妹が自力で生活できずに凍死したとみられる。道は高齢者や障害者の見守り体制の強化に乗り出す。
厚生労働省の有識者検討会は8日までに、生活保護受給者の生活習慣病の発症や重症化を予防するため、個別の支援計画の作成を盛り込んだ報告書をまとめ、大筋で了承された。2018年の通常国会での法改正を目指す。
 福祉事務所が受給者の収入状況の調査を徹底していることが早期発見につながり、1件当たりの金額は43万2千円と過去最少。厚労省は「受給者数の増加に伴い不正受給も増えているが、防止の取り組みが功を奏している」と分析している。
Free illustration: Puzzle, Kreispuzzel, Platform - Free Image on Pixabay - 1713170 (22676)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高齢化が進むフリーター事情 年収100万円の貧しい生活も珍しくない 生活保護などの問題を抱えた高齢フリーターや生活保護受給者の末路は?

高齢化が進むフリーター事情 年収100万円の貧しい生活も珍しくない 生活保護などの問題を抱えた高齢フリーターや生活保護受給者の末路は?

日本人の平均年収は約400万円。しかし、非正規となれば100万円以上がぐっと減らされます。非正規といえば派遣社員などがありますが、フリーターもその1つ。最近は人手不足や景気の上向きで若いフリーターが減っていますが、30歳以上の高齢フリーターが社会問題になっています。
鈴木康平 | 2,267 view
生活保護や高齢フリーターなどの格差社会 お金持ちと貧困が広がる日本社会 苦しむ彼らを見ていると「希望ある未来はあるのか?」と疑ってしまう

生活保護や高齢フリーターなどの格差社会 お金持ちと貧困が広がる日本社会 苦しむ彼らを見ていると「希望ある未来はあるのか?」と疑ってしまう

景気水準が上向きになったと発表がありました。バブルなど誰もが「お金の幸せ」を実感できた好景気ではありませんが、企業としては景気が上向きになったようです。しかし、そんな好景気の実感を受けられない人たちがいるのも事実。生活保護や高齢フリーターなど格差が広がる日本の社会。誰もが希望がある未来は訪れるのでしょうか?
鈴木康平 | 518 view
転職は35歳からでも成功します!向いてる人の特徴は?失敗する人の原因は?

転職は35歳からでも成功します!向いてる人の特徴は?失敗する人の原因は?

35歳を過ぎたら転職しなから今の会社にしがみ付くしかない……そう考えるのはもったいないです。転職に成功する人・しない人の特徴をチェックして自分の可能性を信じましょう。
socialzine管理部 | 1,162 view
「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 520 view
無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

出産の痛みを軽減してくれる「無痛分娩」。女性にとって身体の負担を減らす素晴らしい医療技術ですが、メリットばかりではないのかもしれません。無痛分娩が原因で母子に障害が残ったり、死亡したりした可能性がある・・・そんな事件がインターネットで報告されています。無痛分娩にデメリットはあるのでしょうか?
鈴木康平 | 1,125 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平