2019年1月7日 更新

「箱根駅伝」東海大が初優勝!ご褒美に選手から意外な回答?SNSでは”箱根駅伝愛”ツイート続々

年始恒例「第95回 東京箱根間往復大学駅伝競走」”箱根駅伝”でお馴染みの競技会で、46度目の挑戦にして「東海大」が総合初優勝を飾りました!平均視聴率も発表され、”歴代1位”の高視聴率を記録。初の総合優勝を果たした東海大ですが”優勝のご褒美”を聞かれると、選手からは意外な回答が?今回はSNSでの盛り上がりも好調のようで、驚きの大会本部車や日テレアナの実況ツイートなど話題に。その様子もまとめていきます

211 view お気に入り 0

瞬間最高視聴率は・・・

瞬間最高視聴率は、5連覇がかかっていた復路の青学フィニッシュで37.7%だったようです。(数字は関東地域)
往路の瞬間最高は午前9時3分で、1区から2区の鶴見中継所でトップ集団が次々とタスキをつなぐ場面で37.5%。復路の瞬間最高は午後1時29分で、2位の青山学院大学がフィニッシュする場面で37.7%だった。
▼SNSでも盛り上がっていました。

加藤浩次が「東海大」メンバーの”彼女保有率”に驚き

箱根駅伝で、初の総合優勝を果たした東海大の両角速(もろずみ・はやし)監督(52)とレギュラーメンバーが1月4日、朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演しました。
”優勝のご褒美”を聞かれると、選手からは個性的な回答が相次ぎました。↓↓↓
3区の西川雄一朗(3年)は「阪神ファンなんで始球式したい」、5区の西田壮志(2年)は「藤田ニコルさんに会いたい」。主務の木村大周(4年)は「優勝したら両角先生がB,zのライブに連れていこうかな、という話をしてくれたので」と公約実行をおねだりした。
また、8区を22年ぶりの区間新記録で力走し、MVPに輝いた小松陽平(3年)は「自分は両角監督にお願いなんですけど、1月10日に自分の大好きな生田絵梨花さんがミュージカルやるんで、練習休ませてください」とスタジオで直訴。
両角監督が「その練習を別の時間帯とか別の日にずらして。OK?しょうがないですね」としぶしぶ認めると、小松は笑顔でガッツポーズした。
96 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

激震!NGT暴行事件”被害者が、なぜ謝罪?”逮捕者も不起訴・・黒幕は?運営会社の対応に怒り

激震!NGT暴行事件”被害者が、なぜ謝罪?”逮捕者も不起訴・・黒幕は?運営会社の対応に怒り

NGT48の山口真帆さんが男2人から暴行被害を受けていたことが発覚。これが明るみとなったのは事件発生から1か月後・・山口さん自身が動画やSNSでの”告発”がきっかけでした。メンバー間でトラブルがあったこと、運営側に対処するよう要望したが動いてくれなかったことも明らかに!また彼女自身が謝罪したことにも疑問の声が上がっています。グループのOGから運営の対応へ怒りの声が続々と沸騰!事件の真相はいかに・・
SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介
ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

今月ロンドンで行われた「バーバリー」ファッションショーで発表された”あるファッション”がSNS上で「自殺を連想させる」と非難を浴びました。その衣装とは・・?実は、ここ最近では世界的な有名ブランドが、昨年11月には「ドルチェ&ガッバーナ」、12月には「プラダ」。また今年に入っても「グッチ」の商品にも、批判が高まり販売が中止になるケースがありました。ファッション業界で相次ぐ炎上・・この批判の背景とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事