2017年1月6日 更新

給与、年収をあげるため「自分が代替え品にならない」|ビジネス作家木暮氏から

「給与をあげたい」「年収を上げたい」一度や二度、いえ、日々思うこともあるかもしれません。なかなか直球の言葉ですが、いくらもらっていても、それ以上欲しいと思うのが人のあたりまえの感情。もしかして割りにあわないことをしていると感じ、収入アップで転職を考える人もいるかもしれません。そんな素直な思いに、「何をするべきなのか」作家の木暮太一さん「自分の給料をいまより上げる方法」からご紹介いたします。

521 view お気に入り 0
 (551)

実は、「給料を上げるコツ」というものがあるのです。経済ジャーナリストで、累計130万部を売り上げたビジネス書作家の木暮太一さんが、その「コツ」をまとめた『自分の給料をいまより上げる方法』が話題です。
アップするためには、単刀直入に「何をすればいいの?」、昨年人気だった木暮太一さんの「自分の給料をいまより上げる方法」を取り上げてご紹介です。
その中から、給料アップのために必要な「基本の思考法」について触れている部分を特別公開!
 (550)

お金が「好き」って言えますか?

自分の給料に不満を持っている人はとても多いですよね。だからこそ、毎年春闘で「もっと給料を上げろ!」と叫ばれているわけです。つまり、みんなもっとお金が欲しいわけです。
しかし一方で、「お金が好きですか?」という質問に対して、ためらいなく「YES」と言える人は、ごくわずかです。みんなお金が欲しいくせに、お金が嫌いなフリをしています。
私自身、お金に関わる仕事を長くしており、わりと特殊な環境からも「お金」への考え方が少しかわっていました。お金に対して何の抵抗もなく、もちろん大好きです!と躊躇せず答えることができていました。子供のころは、自分は逆に人から「おかしい」と見られることを隠すために、周囲に合わせてタブーとしてきたことがあります。しかし、お金とひとくちにいっても、お金の姿も人に例えれば、十人十色なのです。
 (552)

投資についてのマンガを連載していて思うんですけど、日本人ってお金の話に対してアレルギーがありますよね。真正面から向き合わず、避けているというか。
じゃあ嫌いかというと、そうじゃない。実際、日本人ってお金が大好きなんですよ。
 (553)

稼げる人になるための第一関門

「お金がすべてではない」「お金のためにやっているんじゃない」と口にし、さも「お金なんてどうでもいい」と思っているかのように振る舞います。

ですが、それではあなたは稼げる人にはなりません。
お金はとても大切です。自分の市場価値を上げ、給料を高くするためには、まずお金が好きな自分を認めてあげてください。すべては、そこからです。
 (554)

何十年も前から、コンサルしてきた子たちに必ず言ったことがあります。
“お金が「好き」って口に出して言ってみて”
躊躇するか、もしくは関係性ができあがっていなければ怪訝な目をむけるかもしれません。
最近はこういったマネーの書物が増えているので、知っている人は多いのですが、
では「お金が好きと言っている自分の顔を鏡で見ることができますか?」

なぜお金が「悪」なのか?日本というマネー教育のない国では、
耳障りで居心地の悪い、そして人に嫌われる用語だと思い込んでしまいます。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の学力は「母親の学歴」で決まる?「家庭の年収」が左右?よりもっと”大切な関わり”とは

子供の学力は「母親の学歴」で決まる?「家庭の年収」が左右?よりもっと”大切な関わり”とは

11月18日放送の「林先生が驚く初耳学!」で、林氏は「子供の学力は母親の学歴で決まる」との発言し、視聴者から反響が起こりました。林先生が発言したその”真相”についてまとめていきます。また、家庭の”社会経済的背景”が高い子どものほうが、各教科の平均正答率が高い傾向にあることも。そこで、いま一度「子どもにお金をかけること」は、本当に学歴に結びついているのか?を検証。実はもっと大切なことがみえてきました
キンタロー。2か月で5キロ減でまるで別人!ダイエットの秘訣は10年前に大ヒットしたあの方法

キンタロー。2か月で5キロ減でまるで別人!ダイエットの秘訣は10年前に大ヒットしたあの方法

お笑いタレントのキンタロー。が2ヶ月でマイナス5キロのダイエットに成功したことをブログで報告しました。彼女は、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の企画で社交ダンスの企画に挑戦中。ロペスことお笑い芸人・岸英明とパートナーを組み、イタリアでの国際大会で、準優勝という快挙を成し遂げる模様を放送。ブログには、放送では伝えきれなかったエピソードの1つとして、減量に挑んだことを明かしました。気になるその方法は?
あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

疲れているのか、寝不足なのか、原因がわからないけど「モヤモヤ」「イライラ」なにか引っかかることがある日。たまには、そんな日もありますね。もしかして頭ではわかっていることもあるかもしれません。そんな時はどんなふうにスッキリ解消させているでしょうか?実は一番簡単に自分が見えて整理できる方法があります。それは、なんのことはない「感情を書き出す」ということ。不安や迷いは意思とは関係なく“自動思考”で考え判断していくといいます。「なんだ問題はちがっていたんだ」なんてことにも気が付くようです。
SOCIALZINEの志水 | 915 view
人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、なぜか相手を怒らせてしまう人がいます。誰でもイライラしている時があるにせよ、わざわざ“地雷”を踏みにいく必要はないはずです。今回は書籍「人間関係がスーッとラクになる 心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ」の書評からと、困ったときの相手のタイプ別地雷などをご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 2,221 view
SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。
SOCIALZINEの志水 | 840 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水