2017年12月26日 更新

実力派俳優の市原隼人さんが登場!合言葉は「オヤG!」トークLive!を開催

12月15日、東京・西麻布のギャラリー六本木で、今年の年末最後のトークショーに人気俳優の市原隼人さんを招き、第20回「OyaG」トークショーが開催されました。来年1月~は「明日の君がっと好き」(テレビ朝日)で主演を務める市原隼人さんの魅力に迫りました。

266 view お気に入り 0
オヤGの毎日をカッコよく!をテーマに活動しているプロジェクト。
メインMCはラップ界のレジェンドのラッパ我リヤのMr.Qさんです。

今回はなんと10代の頃から俳優として活躍してきた市原隼人さん(30歳)を招き、役者に対する思いから、最近の休日の過ごし方まで、幅広い内容でトークが炸裂し、会場は大いに盛り上がりました。

市原隼人さんが語ったカッコいいオヤGとは?

小学5年生の時に渋谷でスカウトされて役者の世界に

 (69463)

小学生の頃にスカウトされた当時は、あまり役者になりたいとは考えていなかったと語る市原隼人さん。
「最初は何も考えないで役者をやっていたんですが、ある時、ファンの方で病気の方がいて。数ヶ月で命がなくなってしまう、病室で凄く苦しんですけど、隼人くんの顔をテレビで見るととても頑張れるんですという手紙をいただいた」
このことをきっかけに、役者の根源は、作品を見てくださる相手があってのことだと学んだといいます。
それからは、
「本気で泣いて、本気で悔しがるということを根源に大切にし続けていく事が夢になりました。
自分の居場所はここにあるんだとわかり、役者として教わることができたんです」

プレッシャーに押しつぶされそうになった時、友達に言われた言葉

役者の仕事が忙しくなっていくうちに、プレッシャーにも押しつぶされそうになった日々。そんな時、地元の友達に言われた言葉で助けてもらったのだとか。
「仕事がきまるとプレッシャーで、吐き気がするくらい辛くて、涙が勝手に出てきて、部屋でシクシク泣いてたんですけど、その時に友達に電話すると来てくれて。友達は、お前より飯も食えなくて、住むところもなくて、やりたい事も出来なくて、おカネもなくて、そんな人がごまんといるんだよ、そういう人達に失礼だよ、そんなお前の姿みたくないから、もっと突っ張ってくれなきゃ困るよって。こういう友達でよかったな、帰る場所があるのが本当にありがたい。そこはずっと大切にしたいと思っています」
 (69471)

また、憧れの人はいますかとの質問には、
 「憧れの人はいないんですが、見習いたい先輩はたくさんいます。中井貴一さんには、芝居や舞台に対して、お金を頂くというのはそれ以上のものを返さないといけないんだよ、まずはお客様の目線に立たなきゃいけないんだよっておしえていただきました」

長セリフを覚える時のストイックさもカッコいい

「デビュー時は、最高64テイクしたこともあります(笑)。今はセリフでNGは絶対ないです。セリフを覚えるときは、まず朝起きてセリフを完璧に言えるまで、ベッドから立っちゃいけないとか、歯を磨いちゃいけないとか、もう一回感情を入れて言えないと、服をきちゃいけないとかやってます」
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部