2017年9月11日 更新

南海キャンディーズの山里亮太さん“努力し続ける”コツ|不完全な「凡人の自分」を愛する

南海キャンディーズの山里亮太さんと言えば、今は芸能界ではお笑いタレントだけではなく、ナレーターなどの顔をもつ、一線の立ち位置を維持しつづけています。以前はキモイ、オタク、グズ、などと言われた時期がありましたが、周囲も認める努力家なのです。自分に負けず努力し続けるコツを教えてもらいました。キーワードは「不完全なのが普通である」ということだとか。

731 view お気に入り 0
南キャン山里「凡人な自分」を愛するコツ | プレジデン...

南キャン山里「凡人な自分」を愛するコツ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

世間には多くの「天才」がいる。だから上を目指せば、どこかで「凡人な自分」に突き当たり、「天才にはかなわない」と努力をやめてしまう。だが、南海キャンディーズの山里亮太さんは「天才にはなれないので、天才のまねをする“ニセモノの天才”を目指している」と話す。自分の「不完全さ」に悲嘆せず、努力を続けるコツとは――。
南海キャンディーズの山里 亮太(やまさと りょうた)氏、1977年4月14日 生まれ
お笑いタレントですが、ナレーターもこなす南海キャンディーズのツッコミ担当「山ちゃん」
「M-1グランプリ2004」で準優勝。そして、厳しく地位を維持することが難しい芸能界で活躍し続けています。
山里さんはその理由について、「凡人に奇跡が起きた状態が続いている」と称し、「だからこそ努力が続けられる」と話す。
南キャン山里「凡人な自分」を愛するコツ | プレジデン...

南キャン山里「凡人な自分」を愛するコツ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

今まで過去には、芸能界の洗礼ともいうべき様々な噂や嫌な表現もされてきました。キモイ、アイドルオタク、クズだの……。
しかし、周囲から声があがるほどの「努力家」が知られるようになった山ちゃん。彼が出した書籍『天才になりたい』(山里亮太/朝日新聞出版)から、周囲の目が変化したのかもしれません。
努力が続けられるこそ、本当に難しいこと。人です、どうしても“サボりたい”気持ちや、放り投げたい気持ち、そんな陰に引っ張られる気持ちに「勝つ」ためには、どうしたらいいのでしょう。
山ちゃんと、慶應義塾大学特任准教授の若新雄純さんとの対談の中にヒントが隠されていました。
Free photo: Guy, Fashion, Eyeglasses - Free Image on Pixabay - 699195 (49533)

普通の人間コンプレックス

日本人の多くは「減点」を少しでもなくすことで、少しでも完璧になろうとする思いが強いといいます。
でも、人間はどこまでいっても完全体にはなれない。結局はそのギャップに苦しむことになります。
完全や完璧を目指すよりも、自分の不完全さやありのままを受け入れていかないと、いつまでたっても自分を好きになれない。
しかし、不完全さを自分で受け入れる気持ちを持つことはが難しいものです。
だれでも完璧な人はいないよと分かってはいても、今ここにいる自分の「姿」を容認できる人が少ないのが日本人の教育課程にも関係しているとも考えられるのでしょう。
気が付いているけど認められないのであれば、まだいいのかもしれません。気が付くことに目を向けることをしないこともあります。
Free illustration: Heart Care, Medical, Care, Heart - Free Image on Pixabay - 1040227 (49539)

56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一流と凡人「たったひとつの違い」快適ゾーン|凡人は得意に執着し「人生が先細る」

一流と凡人「たったひとつの違い」快適ゾーン|凡人は得意に執着し「人生が先細る」

成功者と凡人の大きな差は、やはり「快適ゾーン」ともいえるかもしれません。凡人には臆病や面倒という意識から、同じ道を歩きがちかもしれません。それは、安心であっても、安全にはならないこともあることに気が付くことができれば、成功者の仲間になれるかもしれません。少ない一流の人になれるよう、“人生の先細り”から脱出しませんか。
SOCIALZINEの志水 | 665 view
「ハンドスピナー」はなぜ大人気ホビーになった? ユーザーのYouTube投稿や遊び方など異例尽くしの玩具を見る!

「ハンドスピナー」はなぜ大人気ホビーになった? ユーザーのYouTube投稿や遊び方など異例尽くしの玩具を見る!

電池も充電も必要なく、スマホゲームとの連動もない。そんなシンプルで昔のレトロゲームをどこかイメージさせるハンドスピナー。おもちゃメーカーが広告に力を入れたわけでもなく、ユーザーのYouTube投稿によりブームを引き起こしました。どんなホビー商品なんでしょうか?
鈴木康平 | 935 view
史上最年少棋士の藤井聡太四段を分解|ずばぬけた勝負への執着で前に進む

史上最年少棋士の藤井聡太四段を分解|ずばぬけた勝負への執着で前に進む

史上最年少棋士で中学生プロ棋士の藤井聡太四段(14歳)が2日、デビュー以来の初めて黒星を喫し、連勝29でストップしました。「完敗でした」と報道陣へ答える姿は、年齢を感じない。この大物天才は、どう育ったのでしょう。藤井聡太四段が天才と呼ばれるまでの取材には、「新幹線で号泣した日」が記されていました。“負けてからが勝負”物事に限らず誰もが可能なのか、彼の「ずばぬけた勝負への執着」をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 161 view
春風亭昇太 噺家なのに「しゃべらない演技」で好評価!! 憧れの今川義元役を演じて。

春風亭昇太 噺家なのに「しゃべらない演技」で好評価!! 憧れの今川義元役を演じて。

女優の柴咲コウさんが主演する2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。女性が城主と務めるストーリーも面白いが、存在感があるのが今川義元役を演じる春風亭昇太さん。噺家なのに「しゃべらない演技」が話題を呼んでいる。
鈴木康平 | 92 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水