2018年1月23日 更新

東京・大雪で交通機関が完全マヒ|各企業と一人ひとりの対応の遅さに失望の嵐!

1月22日、首都圏で未曽有の大雪が発生。20cm近い積雪の影響で交通機関が完全にマヒ。帰宅難民が続出するなど、被害が拡大した。しかし、これらの事態を回避することは、本当に不可能だったのであろうか…。

264 view お気に入り 0

東京で20センチ超の大雪、4年ぶりに警報発令。拡大する被害

 (73779)

前線を伴う低気圧が西・東日本南岸付近を発達しながらほぼ東へ進み、22日は広い範囲で雪が降った。関東甲信は午後から大雪となり、大半の地域に大雪警報が発令され、東京23区にも約4年ぶりに出された。
日本列島南岸を進む低気圧の影響で、首都圏では二十二日昼ごろから大雪となり、列車の運休や遅れが相次ぐなど、交通機関に大きな乱れが出た。降雪のピークが帰宅時間帯と重なり、複数の駅で入場規制が実施された。
東京ではしばらく雪による大きな被害は聞いていなかったが、久しぶりの大雪だった。

雪が降れば色々なところに影響が出て、とにかく生活が不便になる。

そのこと自体はみな、周知の事実ではあるはずだったのだが……。

学べない、対策できない日本人。企業のあり方も問われる問題

警視庁によると、スリップ事故などは都内で700件以上起きた。東京消防庁によると、転倒によるけが人は60人を超えた。
都心の私鉄では、京浜急行電鉄の品川、東急電鉄渋谷、西武鉄道の池袋、高田馬場、西武新宿の各駅で入場が規制された。京急によると、列車の本数が減ったことと、早めに帰宅する利用客が集中したためとみられる。
今回の雪は確かに相当ひどかった。

筆者の家でも、あと少し雪が降り積もれば家の扉が開けられない、なんてことになるレベルだった。

しかし、これらの状況は、正直予測の範疇ではなかったのだろうか。

大雪の影響でこうなることはすでに予想され、政府からも発表されていた。

 (73780)

22日に、関東を中心に大雪が予想されていることを受け、国土交通省は、雪による車の立ち往生への警戒のほか、不要不急の外出を控え、やむを得ず運転する場合には、早めにチェーンを装着することを呼びかけている。
実際問題、政府は外出を控えるように、とすら言っている。

しかし会社はそれを許さず、普通に定時まで仕事をさせるところばかり。

早めの帰宅をしようとした、とニュースでは報道されるが、実際問題5時や6時に帰ろうとしていれば、それはもはやただの寄り道をしていない定時帰りと同義だろう。

こうなることがわかっていながら、早め早めに行動をさせてあげない企業体質にほとほと嫌気がさす。

レインボーブリッジも普通に閉鎖できてしまったという事実

 (73781)

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブラック企業はダメな上司が作る|居ることが仕事のダメマネジャー

ブラック企業はダメな上司が作る|居ることが仕事のダメマネジャー

働き方改革の中でも最も注目されるのが、残業時間の削減、という認識は間違いないだろう。しかし世の中の残業仕事人(筆者の勝手な造語)たちは、本当に残業が必要ほど、仕事に追われ、また一生懸命に働いているのだろうか。残業が多い、ブラック企業の多くは、上司たるマネジャーの力量不足が原因とされるケースが実は多い。残業時間の削減、ブラック企業の減少を、マネジャーといわれる上司の役割から見ていきましょう。
山岡ソースケ | 290 view
大学センター試験 大雪の中全日程が終了しました!!

大学センター試験 大雪の中全日程が終了しました!!

2017年度の大学センター入試試験が始まりました。全日程を終了しましたが、運営側による大きな混乱はありませんでした。
鈴木康平 | 64 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ